宮口精二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みやぐち せいじ
宮口 精二
宮口 精二
あらくれ』(1957年)右は高峰秀子
本名 宮口 精次
生年月日 1913年11月15日
没年月日 1985年4月12日(満71歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市本所区
死没地 日本の旗 日本東京都目黒区
民族 日本人
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1933年 - 1985年
配偶者 あり
主な作品
七人の侍
張込み

宮口 精二(みやぐち せいじ、本名・精次1913年11月15日 - 1985年4月12日)は、日本俳優

来歴・人物[編集]

東京市本所区緑町(現・墨田区緑)に大工の息子として生れる。東京市立第二中学校に入学したが、家庭の経済的事情から同校の夜学にあたる上野夜間中学に転じ、福徳生命(現・マニュライフ生命保険)東京支店で給仕として働きながら、1931年に卒業する。その後も給仕として働くが、本郷座で見た新劇を見て感動、本人曰く「同じ貧乏をするなら、自分の好きな道で」とのことで役者を志す。

1933年、「築地座」の研究生募集に応じて入団する。1934年に『アルトハイデルベルヒ』の通行人の学生役で初舞台を踏む。また1935年、『釣堀にて』において中村伸郎の代役として、一言だが初めて台詞のある役を獲得する。

「築地座」解散後は、1937年杉村春子らと共に「文学座」結成に参加し、1944年森本薫作の『怒涛』での演技が注目される。同年、黒澤明の『続姿三四郎』に同じ文学座の森雅之とともに出演し、映画デビュー。

戦後も文学座の主力として活躍し、1949年には第1回毎日演劇賞を受賞する。映画でも1951年木下惠介の『善魔』を皮切りに、小津安二郎の『麦秋』、今井正の『キクとイサム』、稲垣浩の『無法松の一生』などの名作に立て続けに出演した。

文学座の「下町派」を代表する人物で、頑固だが人情深い職人役などを得意としたが、黒澤明の『七人の侍』では寡黙な凄腕の剣客、野村芳太郎の『張込み』では執念深い刑事を演じるなど、役柄は幅広く、前者では毎日映画コンクール助演男優賞を受賞している。

1965年に文学座を離れてからは、東宝演劇部に籍を置き、商業演劇を中心に活躍した。また、仕事の合間にアマチュア野球審判をやり、後楽園球場大阪球場球審を務めたこともある。

1970年から季刊雑誌『俳優館』を主宰。1983年には紫綬褒章を受章した。

1985年4月12日、目黒区国立東京第二病院で肺ガンにより死去。満71歳没。

なお、テレンス・マリック監督作品『シン・レッド・ライン』で、渡会伸とともに日本語アドバイザーを務めた宮口トモオ(Tomo Miyaguchi)は実子。

出演作品[編集]

映画[編集]

太字の題名はキネマ旬報ベストテンにランクインした作品
★印は黒澤明監督作品、◎印は小津安二郎監督作品

テレビドラマ[編集]

  • 智恵子抄(1956年、KRテレビ) - 光三郎 役
  • 山一名作劇場 / 石中先生行状記(1957年、日本テレビ
  • 久保田万太郎アワー(日本テレビ)
    • 月夜(1957年)
    • かどで(1957年)
    • おりき(1958年)
    • 雨空(1958年) - 指物職人幸三 役
  • 文学座アワー / 泥棒と赤ん坊(1958年、日本テレビ)
  • ここに人あり(NHK
    • 第49話「ボクは約束する」(1958年)
    • 第70話「中本家の訪客」(1958年)
    • 第72話「脚・五十年」(1958年) - 弥之助 役
  • テレビ劇場(NHK)
    • 簪(1958年) - 山本源之進 役
    • 老人の眼(1959年)
    • 私は判らない(1960年)
    • 夜鵺(1961年) - 源蔵 役
    • 琴爪の箱(1961年) - 章平 役
    • 仏師(1962年)
  • ウロコ座 第97 - 99話「五重の塔」(1958年、KRテレビ) - め組の鋭次 役
  • ダイヤル110番 第55話「証第一号」(1958年、日本テレビ)
  • 東芝日曜劇場(KRテレビ→TBS)
    • 第97話「はね太鼓」(1958年)
    • 第142話「おくり火 大文字の夜」(1959年)
    • 第148話「鏨師」(1959年) - 志村免平 役
    • 第397話「男でありたい」(1964年) - 社長 役
    • 第412話「海のおへそ」(1964年)
    • 第420話「斜めの橋」(1964年) - のぶ子の祖父 役
    • 第443話「父と子たち 再婚」(1965年) - 中西圭二 役
    • 第569話「赤井川家の客間」(1967年)
    • 第821話「あにいもうと」(1972年) - 赤座 役
    • 第1092話「時計」(1977年) - 高山 役
  • 雑草の歌(日本テレビ)
    • 第38話「聞えない葦」(1958年)
    • 第58話「溝」(1959年)
  • 東芝家族劇場 第4話「浅芽生」(1959年、NET
  • スリラー劇場・夜のプリズム 第18話「ある強迫」(1959年、日本テレビ) - 中池又吉 役
  • 夫婦百景 第55話「正反対の夫婦」(1959年、日本テレビ)
  • 三行広告 第14話「バラ」(1959年、フジテレビ
  • サンヨーテレビ劇場(KRテレビ→TBS
    • いろはにほへと(1959年) - 天野 役
    • 蛍(1960年) - 舟木栄吉 役
    • 川のある下町の話(1961年) - 千葉洋介 役
  • プロペラ船物語『堰』(1959年、関西テレビ) - 伊作 役
  • これが真実だ 第5話「忠臣蔵・松の廊下事件」(1959年、フジテレビ) - 吉良上野介 役
  • 西鶴師走噺より その3「武士の果て」(1959年、NHK)
  • カメラマン物語 第3話「東京-西部ライン4」(1959年、KRテレビ)
  • おかあさん(KRテレビ→TBS)
    • 第11話「明治の玩具」(1960年)
    • 第140話「マリアの涙」(1962年)
  • 愛の劇場(日本テレビ)
    • 第14 - 17話「もず」(1960年)
    • 第113話「緑」(1961年)
    • 第128話「屋根の下」(1962年) - 長沢辰造 役
    • 第177話「小田写真館」(1963年)
  • ゴールデン劇場 / 火の車(1960年、日本テレビ) - 細田民助 役
  • 軍歌 第13話「復員」(1960年、関西テレビ)
  • 第8話「生きていた秀光」(1960年、フジテレビ) - 坂田宗捨 役
  • 決定的瞬間 第26話「笑い」(1961年、日本テレビ) - 板倉甲斐守 役
  • NECサンデー劇場 / 陽気な未亡人(1961年、NET) - 警官 役
  • 東芝土曜劇場 第135話「俺も殺せ」(1961年、フジテレビ) - 浜田 役
  • 文芸劇場(NHK)
    • 第8話「霧の夜の物語」(1961年)
    • 第39話「我が家の亡霊」(1962年) - 川上武吉郎 役
    • 第47話「閣下」(1962年)
    • 第66話「小さな王国」(1963年)
    • 第73話「小指」(1963年)
    • 第87話「石中先生行状記」(1963年)
  • シャープ火曜劇場 第23話「妻よバラのように」(1962年、フジテレビ) - 俊作 役
  • 人生の四季 第46話「孔子の辻斬り」(1962年、日本テレビ) - 大野木重兵衛 役
  • 指名手配 第137・138話「足跡」(1962年、NET)
  • 近鉄金曜劇場朝日放送
  • シャープ月曜劇場 第7話「雨夜の星」(1963年、フジテレビ) - 哲夫 役
  • 日本映画名作ドラマ(NET)
    • 山と川のある町(1963年)
    • 浮草(1964年)
  • 青春放課後(1963年、NHK)
  • 美しい星(1964年、東京12チャンネル
  • 海のおへそ(1964年、RKB毎日放送
  • NHK劇場(NHK)
    • ある日鳥のように(1964年) - 山田鶴之助 役
    • 2DK夫人(1964年)
    • みちのくは遥かなれども(1964年) - 文吉 役
    • ママの救急箱(1964年)
    • 焚火のけむり(1966年) - 修吉 役
    • おしくらまんじゅう(1966年)
    • 四回戦ボーイ(1968年)
  • 日産スター劇場 / ピカソの絵(1964年、日本テレビ)
  • 判決 第105話「沖縄の子」(1964年、NET)
  • 大河ドラマ(NHK)
  • 木下恵介アワー / 喜びも悲しみも幾歳月(1965年、TBS) - 女島灯台台長佐藤 役
  • 家庭劇場 第17話「赤いろうそく」(1965年、NHK) - おじいさん 役
  • 風雪 / 大正十二年九月一日関東大震災(1965年、NHK) - 山本権之助 役
  • テレビ指定席 / 駅(1965年、NHK)
  • 光る海(1965年、TBS)
  • 青春とはなんだ(1965年 - 1966年、日本テレビ) - 植田源蔵 役
  • これが青春だ(1966年 - 1967年、日本テレビ) - 星野先生 役
  • シオノギテレビ劇場「東京物語」(1967年、フジテレビ) - 平山周吉 役
  • でっかい青春(1967年 - 1968年、日本テレビ) - 篠原弥太郎 役
  • 進め!青春(1968年、日本テレビ) - 高木勝之進 役
  • 東京バイパス指令(1968年 - 1970年、日本テレビ) - 椎名部長刑事 役
  • 大忠臣蔵(1971年、NET) - 栗崎道有 役
  • 愛染椿(1972年、TBS)
  • 泣くな青春(1972年 - 1973年、フジテレビ)
  • 赤ひげ(1972年、NHK)
  • 銀座わが町(1973年、NHK)
  • 伝七捕物帳 第68話「十手にかけた男の意気地」(1975年、日本テレビ)
  • 剣と風と子守唄(1975年、日本テレビ)
  • 新・座頭市 第25話「帰って来た渡世人」(1977年、フジテレビ) - 佐吉の父 役
  • 海は甦える(1977年、TBS) - 山県有朋 役
  • 赤い絆(1977年、TBS) - 久保康夫 役
  • 日本の戦後(NHK) - 鈴木茂三郎 役
    • 第7話「退陣の朝」(1978年)
    • 第10話「オペラハウスの日章旗」(1978年)
  • 事件(1978年、NHK) - 谷本裁判長 役
  • 太陽にほえろ! 第320話「翔べないカナリヤ」(1978年、日本テレビ) - 武藤老人 役
  • 御宿かわせみ 第1話「水郷から来た女」(1980年、NHK)
  • ピーマン白書(1980年、フジテレビ)
  • おれたち夏希と甲子園(1982年、NHK)
  • 年忘れ必殺スペシャル 仕事人アヘン戦争へ行く 翔べ!熱気球よ香港へ(1983年、朝日放送) - 平賀源内 役

舞台[編集]

  • 女の一生 - 堤伸太郎 役
  • 雲の涯 - 露木順之助 役
  • 釣堀にて - 信夫 役
  • 桜の園 - 郵便局長 役
  • ハムレット

など

吹替え[編集]

関連文献[編集]