小栗康平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おぐり こうへい
小栗 康平
生年月日 1945年10月29日(68歳)
出生地 日本の旗 日本 群馬県前橋市
職業 映画監督脚本家
活動期間 1981年 -
公式サイト 小栗康平オフィシャルサイト
主な作品
泥の河
死の棘

小栗 康平 (おぐり こうへい、1945年10月29日 - ) は、日本映画監督

来歴[編集]

1945年10月29日群馬県前橋市で生まれる。前橋高等学校を卒業後、早稲田大学第二文学部に入学。卒業後、まずはピンク映画の世界に飛び込んだが、ほどなく浦山桐郎の下に弟子入りする。その後、フリーの助監督として、山本迪夫大林宣彦篠田正浩らの助監督を務めた。この間、1973年特撮テレビドラマ『流星人間ゾーン』で監督を務めている。

1981年1月に、宮本輝原作による処女作『泥の河』を発表。大阪の安治川に暮らす人々の生活を幼い少年の視点から描いた白黒作品である。同作はキネマ旬報ベスト・テン第1位に選出され、第5回日本アカデミー賞で最優秀監督賞を受賞した。国外でもモスクワ国際映画祭で銀賞を受賞し、第54回アカデミー賞では外国語映画賞にノミネートされた。以後、1980年代以降の日本映画の鬼才として認識されることとなる[要出典]

1984年11月には、李恢成原作の『伽倻子のために』(かやこ -)を発表。在日朝鮮人の少年と日本人の少女の恋愛を描いた青春映画である。これまでの日本映画と完全に異なり、在日朝鮮人の物語を極めて自然に描くことに成功したと言われている。本作によりフランスのジョルジュ・サドゥール賞を日本人として初めて受賞した[1]

1990年4月、島尾敏雄原作の『死の棘』を発表。小説家・敏雄の不倫を知った妻が発狂すると言う私小説を映画化したドラマである。原作者の島尾は大島渚や篠田などからの映画化の依頼を頑なに拒否していたが、『泥の河』を賞賛し、小栗には映画化を認めた。同年5月の第43回カンヌ国際映画祭では同映画祭ディレクターのジル・ジャコブの推薦によりコンペティション部門に出品され、審査員グランプリと国際映画批評家連盟賞を受賞した。同作は含む三作はいずれも1950年代を舞台としており、戦後生まれの小栗が「日本人と私」を問い続けた「戦後三部作」と位置づけられている[1]

1996年2月、初のオリジナル脚本による『眠る男』を発表。役所広司演じる意識不明となって延々と眠る男を巡るドラマである。群馬県の全面出資のにより同県中之条町で撮影され、ご当地映画のパイオニアとして位置付けられている。同作は第47回ベルリン国際映画祭で芸術映画連盟賞を、第20回モントリオール世界映画祭では審査員特別大賞を受賞した。

2005年6月、『埋もれ木』を発表。岸部一徳浅野忠信らを起用し、田舎を舞台に不思議な物話が語られるファンタジーである。主演の女子高生三人を演じた夏蓮松川リン榎木麻衣を一般公募で選出した。同年5月に第58回カンヌ国際映画祭の監督週間部門で上映され、絶賛された。

2015年、10年ぶりの作品となる『FOUJITA』の公開が予定されている[2]

監督作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

  • 流星人間ゾーン (1973年)
    • 第15話「沈没!ゴジラよ東京を救え」(脚本のみ)
    • 第21話「無敵!ゴジラ大暴れ」
    • 第26話(最終回)「粉砕!ガロガガンマーX作戦」

著書[編集]

2005年12月号より、グラフ文化誌『風の旅人』(ユーラシア旅行社)に「見ようとする意思」連載中。

DVD[編集]

  • 『DVD-BOX 小栗康平監督作品集』販売元:松竹株式会社ビデオ事業室
  • 『埋もれ木』販売元:松竹株式会社ビデオ事業室
  • 『流星人間ゾーン DVD-BOX 』販売元:タキ・コーポレーション

受賞歴[編集]

  • 1981年 - 『泥の河
  • 1982年 - 『泥の河』で、第5回日本アカデミー賞最優秀監督賞、優秀作品賞。
  • 1984年 - 『伽倻子のために』
    • ベルリン国際映画祭 国際アートシアター連盟賞。
    • ジョルジュ・サドゥール賞(フランス、日本人初受賞)。
  • 1990年 - 『死の棘
  • 1991年 - 『死の棘』で、第14回日本アカデミー賞優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞。
  • 1996年 - 『眠る男
    • 第47回ベルリン国際映画祭 芸術映画連盟賞。
    • 第20回モントリオール世界映画祭 審査員特別大賞。
    • 第38回毎日芸術賞。
    • 第20回山路ふみ子文化賞
    • 第70回キネマ旬報日本映画監督賞。
  • 1997年 - 『眠る男』で、第20回日本アカデミー賞優秀監督賞。
  • 2006年秋の紫綬褒章を受賞。

脚注[編集]

外部リンク[編集]