高野公彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

高野 公彦(たかの きみひこ、1941年12月10日 - )は日本の歌人。「コスモス」選者。宮柊二に師事。本名、日賀志康彦

経歴[編集]

愛媛県喜多郡長浜町(現・大洲市)出身。東京教育大学文学部国文科卒業。1964年「コスモス」に入会し、宮柊二に師事する。河出書房新社の編集者を26年間務めた後、青山学院女子短期大学国文学科教授。1993年から2004年まで、日経歌壇選者。2004年より朝日歌壇選者。

年譜[編集]

著書[編集]

歌集[編集]

  • 『汽水の光』(角川書店、1976年)
  • 『淡青』(雁書館、1982年)
  • 『水木』(短歌新聞社〈昭和歌人集成〉、1984年) 
  • 『高野公彦歌集』(砂子屋書房、1987年)
  • 『雨月』(雁書館、1988年)
  • 『水行』(雁書館、1991年)
  • 『高野公彦歌集』(不識書院〈不識文庫〉、1994年)
  • 『高野公彦作品集』(本阿弥書店、1994年)
  • 『地中銀河』(雁書館、1994年)
  • 『天泣』(短歌研究社、1996年)
  • 『水苑』(砂子屋書房、2000年)
  • 『高野公彦歌集』(短歌研究社、2003年)
  • 『渾円球』(雁書館、2003年)
  • 『甘雨』(柊書房、2006年)
  • 『天平の水煙』(本阿弥書店、2008年)
  • 『河骨川』(砂子屋書房、2012年)
  • 『流木』(角川学芸出版、2014年)

歌書・エッセイ[編集]

  • 『地球時計の瞑想』(雁書館、1989年)
  • 『うたの前線』短歌ライブラリー(本阿弥書店、1990年)
  • 『鑑賞・現代短歌 五 宮柊二』(本阿弥書店、2001年)
  • 『歌を愉しむ』(柊書房、2001年)
  • 『ことばの森林浴』(柊書房、2008年)
  • 『うたを味わう-食べ物の歌』(柊書房、2011年)
  • 『うたの回廊-短歌と言葉』(柊書房、2011年)
  • 『北原白秋 うたと言葉と』(NHK出版、2012年)
  • 『わが秀歌鑑賞 歌の光彩のほとりで』(角川学芸出版〈角川短歌ライブラリー〉、2012年)

編集[編集]

その他[編集]

  • 『高野公彦 シリーズ牧水賞の歌人たち』伊藤一彦監修 津金規雄編(青磁社、2005年)