磯崎新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
磯崎 新
いそざき あらた
人物情報
国籍 日本の旗 日本
生誕 1931年7月23日(82歳)
日本の旗 日本 大分県大分市
母校 東京大学大学院
業績
建築物 大分県立大分図書館
つくばセンタービル
ロサンゼルス現代美術館
受賞 日本建築学会賞(1967、75年)
RIBAゴールドメダル(1986年)
ヴェネチア・ビエンナーレ金獅子賞(1996年)

磯崎 新(いそざき あらた、1931年昭和6年7月23日 - )は日本建築家一級建築士アトリエ建築家大分県大分市出身。父は実業家で俳人の磯崎操次。夫人は彫刻家宮脇愛子

経歴[編集]

評価[編集]

CIAM以降、さまざまな現象へ分裂解体しつつあった世界の建築状況を整理し、改めて総合的な文化状況の中に位置づけ直し、全体的な見通しと批評言語を編纂した役割において、磯崎はポストモダン建築を牽引した建築家の一人であると言われる。特に日本では丹下健三以降の世代にとって、1970年以降の建築言説の展開の大凡は磯崎によって編成されてきたと見なされている。

一方で磯崎の活動がつねに批評的な活動を伴っていた事実は、建築家としての磯崎新自身の建築設計や都市計画といった実務的な仕事を、建築史上の特定の動向、様式に位置づけることを著しく困難にさせてきた。ちなみに、様式や形式それ自体も、批評的に選択されていると彼自身が表明している。

そもそも磯崎の出発点は大分市の「新世紀群」という絵画サークルの活動から始まった。そこは後にネオ・ダダで活躍した吉村益信赤瀬川原平風倉匠らも在籍した前衛的土壌であった(なお赤瀬川原平の兄の赤瀬川隼(直木賞作家)とは、旧制中学の同級生)。また磯崎が1960年に丹下健三の東京計画1960に加わっていた頃、ネオ・ダダは新宿百人町の吉村アトリエ(通称ホワイトハウス:磯崎設計)を拠点に反芸術的活動を展開しており、磯崎もたびたびそこを訪れていた。この時点において磯崎はネオ・ダダ的建築家として最も過激な思想の基に模索していた。

1980年代以降はロサンゼルス現代美術館、ブルックリン美術館など日本国外で活躍している。閉塞的な日本のアカデミズムを脱却し、世界的な次元で建築を構想する姿勢は、日本国内では批判に晒されるが、日本の現代建築を世界的なレベルに押し上げた建築家の一人である。古典的なプロポーションの均整を避けるため敢えてキューブのようなプラトン立体を多用することで知られている。

現在は活動の場を海外、とりわけ中国と中東、ヨーロッパなどに移している。そこでは、かつて自身が行ったさまざまな実験やアンビルトとなった建築計画などのレファレンス、構造家とのコラボレーションによる進化論的構造最適化手法などを採用し、オーガニックな形態で特異な空間を現出させようとしている。 

受賞[編集]

その他[編集]

  • メタボリズムについて、「一九六二年頃の私の思考を整理してみると、私はメタボリズムと明瞭に逢遇している」と書いている( http://db.10plus1.jp/backnumber/article/articleid/888/ 最終段落)
  • 読売新聞で、バブル期の東京都公共建築である東京芸術劇場東京都庁舎江戸東京博物館東京都現代美術館東京国際フォーラムの5作品を「粗大ゴミ」と評した。ただ、これは建築家のデザイン力だけではなく、東京都が建築家に要求したプログラムに対する発言とされる[1]
  • コンペの審査員も多数務め、長谷川逸子湘南台文化センターや、伊東豊雄せんだいメディアテークの際の審査員でもある。プリツカー賞の審査員も務めた。
  • 丹下健三を最もよく知る一人で、2005年の葬儀において弔辞を読んだ。
  • 若い頃に影響を受けたのはチェ・ゲバラ毛沢東[4]
  • 作家の沢木耕太郎と親交があり、沢木の紀行文『深夜特急』にも登場する[2]
  • 建築模型を数多く制作している建築家としても知られている。1990年代にロサンゼルス現代美術館を皮切りに、国内(群馬県立近代美術館、水戸芸術館、北九州市立美術館、ハラミュージアム・アーク等)国外(スペイン、ギリシア、イギリスなど)をサーキットした大回顧展が行われ注目を集めた。現在それらの模型や資料は大分市のアートプラザ(磯崎新建築記念館、磯崎設計の旧大分県立大分図書館)に収蔵され、3階の磯崎新建築展示室で順次公開されており、磯崎建築を知る上で最も重要な拠点となっている。
  • 祖父の磯崎徳三郎は大分市議会議長も務めた米問屋で、その米倉庫は三浦義一林房雄が子供の頃遊び場としており、その縁で三浦義一の寄付により建設された旧大分県立大分図書館の設計者に指名された。
  • 東京大学2年時に父を亡くしたため、渡辺一夫の本郷真砂町の自宅に住み込み、渡辺の息子に数学を教えた。英語を教えていたのは高橋康也
  • 父の磯崎操次(1901-1951)は大分貨物自動車会社を経営する実業家であり、俳名を磯崎藻二として吉岡禅寺洞が福岡で1918年に創刊した新興俳句派の俳誌「天の川」同人であった俳人。
  • 韓国近代建築の巨匠・金壽根(1931-1986)は東京大学大学院時代に隣の研究室に所属しており、友人。
  • 関西大学名誉教授の古後楠徳は磯崎を数学好きにさせ、「"代数"はダメだ。"幾何学"に進め」とアドバイスし、結果的に建築学科へ導いた高校時代の恩師である。
  • 新建築住宅設計競技など審査員を歴任。1975年の「新建築住宅設計競技」では、「わがスーパースタ-たちのいえ」という課題を出し、1~3位の入賞者すべてを外国人にしたことで主催者を驚かせたが、賞金の一部は日本人に行くようにするという規定があったため、選外佳作という賞を急遽設け、日本人応募者に受賞させた[3]。1位は当時AAスクール在学中のトム・ヘネガンで、ハリウッドスターたちの家の写真にただ×(No!)が描かれただけのもので、2位、3位も同様にコンセプチュアルなものだった。磯崎は審査評として、新建築の12月号に「日本の建築教育の惨状を想う 」を発表し、建築界を騒がせた。
  • 静岡県コンベンションアーツセンターの完成から5年後の2004年にスレート製の外壁が落下してから、5年間に合計40回の剥落落下が相次ぎ、その責任を巡って問題となっている[4][5]。一時は、磯崎への賠償請求も検討された。落下対策には8億~14億円を要すると試算されている[6]

主な仕事[編集]

建築作品[編集]

大分医師会館
岩田学園
現アートプラザ(旧大分県立大分図書館)
北九州市立中央図書館
つくばセンタービル
ロサンゼルス現代美術館
京都コンサートホール
静岡県コンベンションアーツセンター
なら100年会館

都市構想[編集]

  • 新宿計画(淀橋浄水場跡地開発計画)孵化過程・空中都市(1960年)
  • 丸の内計画・空中都市(1963年)
  • スコピエ・ユーゴスラビア都市再建計画設計競技に参画(1965年)
  • 応答場としての環境計画(1969年)
  • コンピューター・エイデッド・シティ(計画)(1972年)
  • 珠海/海市計画(計画案)(1995年) - 1997年、東京にて「「海市」-もうひとつのユートピア」と題した展覧会が開催された。その後、海外へと巡回。

展覧会[編集]

  • 第14回ミラノ・トリエンナーレ「電気的迷宮」(1968年) - ミラノ。2002年にカールスルーエと大阪、2003年に横浜で再制作作品を展示。
  • 「日本の時空間―間―」展(1978年-1979年) - パリ。2000年、東京にて帰還展「間―20年後の帰還展」を開催。
  • 「磯崎新1960/1990建築展」(1991年-1998年) - ロサンゼルス、東京、茨城、群馬、大阪、福岡、ヨーロッパ各都市へと巡回。
  • 「Nara Convention Hall International Design Competition」(1992年-1993年)- ニューヨーク近代美術館
  • 第6回ヴェネツィア・ビエンナーレ建築展日本館展示「亀裂」(1996年) - 日本館コミッショナーを務める。
  • 1996年度アーキテクチュア・オブ・ザ・イヤー「カメラ・オブスキュラあるいは革命の建築博物館」(1996年) - プロデューサーを務める。
  • 「海市」-もうひとつのユートピア(1997年)
  • ネオ・ダダJAPAN 1958-1998 磯崎新とホワイトハウスの面々(1998年) - 大分市アートプラザ。監修を務める。
  • 第7回ヴェネツィア・ビエンナーレ建築展日本館展示「少女都市」(2000年) - 日本館コミッショナーを務める。
  • 「間―20年後の帰還展」(2000年) - 東京
  • 第8回ヴェネツィア・ビエンナーレ建築展日本館展示「漢字文化圏における建築言語の生成」(2002年) - 日本館コミッショナーを務める。
  • 「アンビルト/反建築史」展(2002年) - 東京。以後、中国へ巡回。
  • 「磯崎新版画展―百二十の見えない都市」(2002年)岡山
  • 「磯崎新:7つの自選展」(2008年) - 大分、高崎、ビルバオ、伊香保、東京、南京、ミラノにて開催。

著作・作品集[編集]

  • 「空間へ」美術出版社、1971年。
  • 「建築の解体」美術出版社、1975年
  • 「建築および建築外的思考/磯崎新対談」鹿島出版会、1976年。
  • 「建築の1930年代/系譜と脈絡」鹿島出版会、1978年。
  • 「建築の修辞」、 美術出版社 1979.2
  • 「手法が」美術出版社、1979年
  • 「建築の地層 彰国社」、1979.10
  • 「磯崎新著作集 4巻」、美術出版社、1984 
  • 「現代の建築家 磯崎新2」、鹿島出版会、1984年
  • 週刊本 ポスト・モダン原論」、朝日出版社、1985年
  • 「ポスト・モダンの時代と建築/磯崎新対談」、鹿島出版会、1985年
  • 「いま、見えない都市」、大和書房 1985.3
  • 「建築の政治学 磯崎新対談集」岩波書店、1989年
  • 「バルセロナ・ドローイング バルセロナ・オリンピック建築素描集 岩波書店 1990.3
  • 「見立ての手法 日本的空間の読解」、鹿島出版会、1990年
  • 「イメージゲーム-異文化との遭遇」、鹿島出版会、1990年
  • 「<建築>という形式 1 」、新建築社 1991.8
  • 「磯崎新の建築30 模型,版画,ドローイング」、六耀社 1992.1
  • 「現代の建築家 磯崎新3-4」鹿島出版会、1993年
  • 「始源のもどき-ジャパネスキゼーション」、鹿島出版会、1996年
  • 「磯崎新の仕事術 建築家の発想チャンネ」、王国社 1996.7
  • 「造物主議論-デミウルゴモルフィスム」鹿島出版会、1996年
  • 「建築家捜し」岩波書店、1996年 のち現代文庫 
  • 「空間へ 根源へと遡行する思考」、 鹿島出版会 1997.2
  • 「オペラシティの彼方に エッジを測量する17の対話」、 NTT出版 1997.10
  • 「磯崎新の発想法 建築家の創作の秘密」、 王国社 1998.4
  • 「栖十二」住まいの図書館出版局・星雲社、1999年
  • 「人体の影-アントロポモルフィスム」、鹿島出版会、2000年。
  • 「建築家のおくりもの 王国社 2000.11
  • 「ル・コルビュジエとはだれか」、 王国社 2000.2
  • 「神の似姿-テオモルフィスム」鹿島出版会、2001年。
  • 「反回想 1 A.D.A.EDITA Tokyo 2001.5
  • 「反建築史/UNBUILT」TOTO出版、2001年。
  • 「磯崎新の建築談議」1~12 六耀社、2001-04 
  • 「建築における「日本的なもの」」新潮社、2003年
  • 「アントニ・ガウディとはだれか 王国社」 2004.4
  • 「磯崎新の思考力 建築家はどこに立っているか」、 王国社 2005.12
  • 「Japan-ness in Architecture」 MIT Press、2006
  • 「Arata Isozaki」、Ken Tadashi Oshima、Phaidon、 London、 2009年。
  • 「気になるガウディ」、新潮社、2012年

共著など[編集]

  • 「現代の建築家 磯崎新」鹿島出版会、1977年
  • 「磯崎新+篠山紀信建築行脚1~12」六耀社、1980-92 
  • 建築のパフォーマンス <つくばセンタービル>論争 編著 PARCO出版局 1985.6
  • 磯崎新作品集 第1巻 二川幸夫編 A.D.A.EDITA Tokyo 1991.7
  • 世紀末の思想と建築 多木浩二共著 岩波書店 1991.1
  • Anywhere 空間の諸問題 浅田彰共編 NTT出版 1994.3
  • Anyway 方法の諸問題 浅田彰共編 NTT出版 1995.2
  • 「季刊ja no.12 磯崎新」新建築社、1994年。
  • 「建物が残った-近代建築の保存と転生」岩波書店、1998年
  • 建築と時間 対論 土居義岳 岩波書店 2001.1
  • 「空間の行間」福田和也共著、筑摩書房、2004年
  • Any:建築と哲学をめぐるセッション 1991-2008 浅田彰共編 鹿島出版会 2010.1
  • ビルディングの終わり、アーキテクチュアの始まり 10 years after any 浅田彰共著 鹿島出版会 2010.1
  • 磯崎新の建築・美術をめぐる10の事件簿 新保淳乃,阿部真弓共著 TOTO出版 2010.2

翻訳[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 磯崎新 『磯崎新の発想法 建築家の創作の秘密』 王国社
  2. ^ 沢木耕太郎 『深夜特急 4 シルクロード』 新潮社文庫
  3. ^ http://live.nicovideo.jp/watch/lv33643068 ニコニコ生放送村上隆の芸術闘争論#2」森川嘉一郎・談
  4. ^ [1]
  5. ^ [2]
  6. ^ [3]

文献[編集]

  • 平松剛 「磯崎新の『都庁』 戦後日本最大のコンペ」 文藝春秋、2008年。

磯崎新アトリエ出身の建築家[編集]

関連項目・人物[編集]

外部サイト[編集]