オスカー・ニーマイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オスカー・ニーマイヤー
Oscar Niemeyer
Oscar Niemeyer.jpg
2008年撮影
人物情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生誕 1907年12月15日
ブラジルの旗 ブラジルリオデジャネイロ市
死没 2012年12月5日(満104歳没)
ブラジルの旗 ブラジルリオデジャネイロ市
母校 リオデジャネイロ国立芸術大学建築学部
業績
建築物 国際連合本部ビル
イビラプエラ公園
首都ブラジリアの諸建築
受賞 レーニン国際平和賞1963年
アメリカ建築家協会ゴールド・メダル(1970年
プリツカー賞1988年
高松宮殿下記念世界文化賞(2004年)

オスカー・リベイロ・デ・アルメイダ・ニーマイヤー・ソアーレス・フィーリョポルトガル語: Oscar Ribeiro de Almeida Niemeyer Soares Filho1907年12月15日 - 2012年12月5日)は、ブラジルリオデジャネイロ市生まれの建築家

プロフィール[編集]

巨匠とともに[編集]

国際連合本部ビル
ブラジル国民会議議事堂
ブラジリア大聖堂
ニテロイ現代美術館
オスカー・ニーマイヤー美術館

1907年に、当時ブラジルの首都であったリオ・デ・ジャネイロのドイツ系の家庭で生まれた。なお、本人は「自分にはインディオ黒人の血も混ざっているかもしれない。でもそれは私にとっては誇りである」と語っている。[要出典]

1929年、バルナピタス高校卒業。1934年にリオデジャネイロ国立芸術大学建築学部を卒業。1935年からリオ・デ・ジャネイロのルシオ・コスタとカルロス・レアンの設計事務所に勤務し、旧教育保健省庁舎の設計に関わった。この際、ルシオ・コスタが設計顧問としてル・コルビュジエを招いたことをきっかけにコルビュジエと出会う。

ブラジリア[編集]

1940年、当時ベロ・オリゾンテの市長を務めていたジュセリーノ・クビチェックと出会い、パンプーリャ湖畔の開発計画に参加。1945年共産党に入党。第二次世界大戦後の1952年にル・コルビュジエと共にアメリカニューヨーク国際連合本部ビルをデザインした。

1956年から1960年にかけてブラジルの大統領となったクビチェックの呼びかけで始まり、コンペを経て選ばれたルシオ・コスタの総合監修の下、ブラジルの新首都・ブラジリア(首都移転は1960年)の国民会議議事堂や外務省大聖堂などの主要建築物の設計を行った。

ブラジリアのどの建築物にも、ニーマイヤーが語るところの「自由な曲線」が多用されており、1987年には世界遺産に登録された。

亡命[編集]

1960年代から1980年代中盤にかけてのブラジルの軍事政権下においては、その左翼的な政治志向が嫌われたため、ブラジルでの設計活動を禁止された。1967年、フランスのパリに亡命に近い形で住み着き。その後の20年程はフランスを活動の拠点として、フランス、イタリア、アルジェリアなどで設計を手がけた。フランス共産党に入党して党本部の設計も行った。

帰国後[編集]

1985年の民政復帰後はブラジルに戻って設計活動を再開し、生まれ故郷のリオ・デ・ジャネイロに在住し設計活動を行った。なおAP通信の報道によると、2006年11月16日秘書の女性と再婚した。

2012年12月5日、肺炎などのためリオデジャネイロの病院で死去[1]。104歳没。

受賞[編集]

受勲[編集]

作品[編集]

出演[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 訃報:オスカー・ニーマイヤーさん=ブラジルの建築家 毎日新聞 2012年12月6日閲覧
  2. ^ 雑誌『Casa BRUTUS』No.64 July 2005「PYONGYANG NORTH KOREA やっと目撃!平壌の建築を見るために、建築評論家、五十嵐太郎と旅をしました」(マガジンハウス)参考。

外部リンク[編集]