八束はじめ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

八束 はじめ(やつか はじめ、1948年 - )は、日本建築家建築史家建築評論家芝浦工業大学教授。

略歴[編集]

  • 山形県生まれ
  • 1979年 東京大学大学院工学研究科都市工学専攻博士課程中退、磯崎アトリエ勤務(担当作品ロスアンゼルス現代美術館、つくばセンタービル等)
  • 1985年 株式会社UPM(Urban Project Machine)設立
  • 1988年 熊本アートポリスのディクレクターに就任
  • 芝浦工業大学教授

来歴・人物[編集]

ロシア・アヴァンギャルドを中心とする建築史研究や、卓抜な建築論でも知られる。妹島和世日埜直彦など多くの建築家を輩出している水戸第一高等学校出身。東京大学工学部丹下健三が東京大学で教鞭を執っていた際の最後の教え子。都市工学科卒業。同大学大学院大谷幸夫研究室)修了。 2008年3月には、1994年から美術批評家多木浩二らと編集委員として始めた雑誌10+1が最終号を迎えることとなり、自らNo50『Tokyo Metabolism 2010』(Inax出版)を編纂。

建築作品[編集]

美里町文化交流センター「ひびき」
  • 1983 『(1/2×2)×6』出展(AXIS)
  • 1984 岡部邸、『デザインニューウェーブ84』出展(銀座松屋)、SYNAPS計画
  • 1985 外川美容院、ARCHITECTURE MODEL REPERENCE展(岡崎珠子画廊)
  • 1997 白石マルチメディアセンター「アテネ」
  • 1998 文教大学越谷キャンパス「体育館・3、8号館」
  • 1999 新潟県長岡市国営越後丘陵公園内 「天・地・人のフォリー」
  • 2002 美里町文化交流センター「ひびき」

著作[編集]

  • 1982年 『逃走するバベル 建築・革命・消費』朝日出版社  
  • 1983年 『ル・コルビュジエ』(20世紀思想家文庫)岩波書店 
  • 1985年 『批評としての建築 現代建築の読みかた』彰国社 
  • 1986年 『近代建築のアポリア 転向建築論序説』PARCO出版局   
  • 同年 『空間思考』弘文堂    
  • 1988年 『希望の空間 ロシア・アヴァンギャルドの都市と住宅』住まいの図書館出版局  
  • 1991年 『テクノロジカルなシーン 20世紀建築とテクノロジー』INAX    
  • 1992年 『八束はじめ』六耀社 - 設計作品の紹介
  • 1993年 『ロシア・アヴァンギャルド建築』INAX
  • 2001年 『ミースという神話 ユニヴァーサル・スペースの起源』彰国社 
  • 2005年 『思想としての日本近代建築』岩波書店  

共編著[編集]

  • 1991年 (小山明共著)『未完の帝国 ナチス・ドイツの建築と都市』福武書店 
  • 1997年 (吉松秀樹共著)『メタボリズム 1960年代 日本の建築アヴァンギャルド』INAX出版 

翻訳[編集]

  • 1979年 (編訳)『建築の文脈都市の文脈 現代をうごかす新たな潮流』彰国社 
  • 1985年 マンフレッド・タフーリ『建築のテオリア あるいは史的空間の回復』朝日出版社
  • 1992年 マンフレッド・タフーリ『球と迷宮 ピラネージからアヴァンギャルドへ』(石田寿一、鵜沢隆共訳)PARCO出版

UPM出身の建築家[編集]

外部リンク[編集]