メタボリズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メタボリズム1959年黒川紀章菊竹清訓日本の若手建築家都市計画家グループが開始した建築運動。新陳代謝(メタボリズム)からグループの名をとり、社会の変化や人口の成長に合わせて有機的に成長する都市や建築を提案した。

概要[編集]

彼らの構想した将来の都市は高度経済成長という当時の日本の人口増加圧力と都市の急速な更新、膨張に応えるものであった。

彼らは従来の固定した形態や機能を支える「機械の原理」はもはや有効的でないと考え、空間や機能が変化する「生命の原理」が将来の社会や文化を支えると信じた[1]。黒川紀章や菊竹清訓らの都市・建築計画では、無数の生活用ユニットが高い塔や海上シリンダーなどの巨大構造物に差し込まれており、古い細胞が新しい細胞に入れ替わるように、古くなったり機能が合わなくなったりした部屋などのユニットをまるごと新しいユニットと取り替えることで、社会の成長や変化に対応しこれを促進することが構想された[要出典]

都市規模の巨大構造体(メガストラクチャー)を志向しがちなメタボリズム・グループの作品はしばしば技術官僚的と評された[要出典]

メタボリズム・グループの起源は1950年代の終わりごろにある。モダニズム建築を主導してきたCIAM(Congrès International d'Architecture Moderne・シアム・近代建築国際会議)が1956年を最後に開かれなくなり1959年に終焉したころ、CIAMの若手メンバーらによる新しいグループ・Team X(チーム・テン)が台頭し世界の若い建築家らに影響を与えた。日本の若手建築家達も彼らと交流し、その影響を受けた。

1960年に日本で世界デザイン会議 (World Design Conference) が開かれる予定になっていたが、この会議のプランニングに関わった建築家達(浅田孝菊竹清訓黒川紀章大高正人栄久庵憲司粟津潔槇文彦)と建築評論家の川添登は建築の将来について話し合うグループを結成した。世界デザイン会議において、彼らは最初の宣言である『METABOLISM/1960 - 都市への提案』を発表し、「海上都市」「塔状都市」「新宿ターミナル再開発計画」など成長し新陳代謝する巨大都市のアイデアを披露した。彼らのアイデアは将来の社会を具体的に提案しようとしたもので、建築のみならず哲学など広く近代文明にも言及するものだった。

これら巨大都市計画は実現しなかったが、個々のメンバーは建築にその思想を適用していった。黒川紀章の中銀カプセルタワービル(1972年)はその一例である。

1970年大阪万博では彼らは会場計画・建築計画に共同で携わった。大阪万博を最後に彼らの活動は分岐していった。

脚注[編集]

  1. ^ ポンピドーセンター 黒川紀章建築都市設計事務所

外部リンク[編集]