流造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
側面から見た流造社殿、右が正面(向拝)
伏見稲荷大社京都府京都市伏見区
滋賀・園城寺新羅善神堂(国宝)、三間社流造、一間向拝付き
香川・神谷神社(かんだにじんじゃ)本殿(国宝)、三間社流造
一間社流造、正面から
苗村神社滋賀県

流造(ながれづくり)は、日本神社建築様式の1つである。

概要[編集]

賀茂別雷神社(上賀茂神社)、賀茂御祖神社(下鴨神社)に代表される流造は、伊勢神宮に代表される神明造から発展し、屋根が反り、屋根が前に曲線形に長く伸びて向拝(こうはい、庇)となったもの。全国で最も多い神社本殿形式である。

構造[編集]

流造の構造は、切妻造平入であるが、側面から見た屋根形状は対称形ではなく、正面側の屋根を長く伸ばす。屋根には大社造同様の優美な曲線が与えられる。この点で直線的な外観の神明造と異なる。

屋根[編集]

神明造と異なり、茅葺に限らず柿葺檜皮葺、銅板葺など幅広い。 側面の破風は懸魚などで装飾され、優美な曲線を描く。 屋根の勾配はきつくなく、前面に長く流れるように伸びる蓑甲(みのこう)から向拝にかけての曲線を強調する。

[編集]

身舎(もや)の柱は丸柱、向拝は角柱とする。

桁行(正面)の柱間が1間(柱が2本)であれば一間社流造、3間(柱が4本)であれば三間社流造という。


[編集]

土台の高さに浜床、階段上に母屋床をはる。

流造の歴史[編集]

神明造の発展型であることから歴史は浅く、現存する最古のものは宇治上神社本殿で、平安時代後期の建築である。