批判的地域主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

批判的地域主義(ひはんてきちいきしゅぎ、Critical regionalism)とは、近代建築における無・場所性や場所のアイデンティティの欠如を、建物の地理的文脈を用いることで超克しようとする、建築へのあるアプローチである。批判的地域主義という言葉は建築理論家のアレクサンダー・ツォニスとリアンヌ・ルフェーヴルによって最初に使われ、これとはいささか異なった意味において歴史家・理論家のケネス・フランプトンによって用いられた。

批判的地域主義はヴァナキュラー建築でいう地域主義とは異なる。それとは反対にアヴァンギャルドでモダニスト的なアプローチであり、ただし地方的あるいは地域的前提から出発するものである。批判的地域主義という考えが登場するのは1980年代初頭、モダニズムへの反動であったポストモダニズム自体がその頂点にあった頃である。この言葉に最も関係しているケネス・フランプトンは実際しかしながら、ポストモダニズムに批判的だった。批判的地域主義という用語が混乱して理解される理由は部分的にフランプトンの有名な論文「批判的地域主義に向けて、抵抗の建築の六要点」がハル・フォスター編による『反美学、ポストモダンの諸相』で最初に発表されたことにある。同書の序文でフォスターは、ポストモダニズムはそもそも存在するのか、それが意味し得るのは何かとさえ問い、さらに同書の著者10人中9人(唯一の例外はユルゲン・ハーバーマス)までが、「モダニティの計画はいまや大いに疑問」という問いを共有していると、述べたからである。

ケネス・フランプトン[編集]

ヨーン・ウツソン バウスヴェア教会(1973-6)
アルヴァ・アールト, セイナッツァロの役場(1952)

「批判的地域主義に向けて、抵抗の建築の六要点」でフランプトンはポール・リクールの「いかに近代的でありつつ起源に遡行し得るか。古く眠った文明を蘇生し、それを普遍文明へといかに参画させ得るか」を引く。フランプトンの考えでは批判的地域主義は、近代建築が持つ普遍的・進歩的特質においてそれを取り入れるべきであり、ただし批判的に、そして同時にその建物の地理的文脈に価値を置くべきものとされる。フランプトンはこう述べる。強調すべきは地理(地勢)、気候、光であり、背景(つまり絵画的な情景)より結構形態であり、視覚性より触覚性である。この議論でフランプトンは現象学に拠っている。

フランプトンが手短に引く例はヨーン・ウツソンアルヴァ・アールトである。フランプトンの視点では、ウツソンのコペンハーゲン近郊にあるバウスヴェア教会(1973-6)は、普遍文明と世界文化の統合に自覚的という。このことは、合理的、モジュラー的、中性的で経済的、そして一部プレハブ化されたコンクリートの外殻(つまりこれが普遍文明)、そして「非経済的」に特別デザインされた有機的内殻、宗教的空間への光の導入の仕方、西洋文化に先例がなくむしろ支那のパゴダの屋根のものとフランプトンが見る、複数文化への参照(つまりこれが世界文化)の対比に明らかである。アールトの場合、セイナッツァロの役場(1952)の赤レンガについて、そこには普遍テクノロジーへの抵抗と触覚的素材の使用によって効果的となる目論見がある、と論じる。たとえばこう述べる。階段室壁面のざらざらしたレンガ壁面と議会室木床の撓みの対比を、感じる。

アレクサンダー・ツォニスとリアンヌ・ルフェーヴル[編集]

ツォニスとルフェーヴルによる批判的地域主義は、文脈から直接導かれる必要はない。むしろ要素は文脈を剥がされ、いつもと異なる方法で用いられ得る。ここでの目的は、内省と自己評価によって、ありきたりになっている(fait accompli)いつもの場所を喪失させそこからの断絶を、明白にすることである。

批判的地域主義の建築家[編集]

ウツソンとアールトの他に以下の建築家が(フランプトンの意味で)批判的地域主義をその作品において用いてきている。スタジオ・グランダマリオ・ボッタエドゥアルド・ソウト・デ・モウラマザルール・イスラムB.V.ドーシ、チャールズ・コレアアルヴァロ・シザホルヘ・フェレイラ・チャヴラファエル・モネオジェフリー・バワラジ・レワルニルカンス・チャヤ(カカ)安藤忠雄マック・スコギン/メリル・エラム、グレン・マーカットケン・ヤングフィリップ・マデックウィリアム・S.・W.・リンテイ・ケイ・スンユハニ・パルラスマユハ・レイヴィスカカルロ・スカルパペーター・ツムトアタン・ホク・ベン王澍、である。ツォニスとルフェーヴルがこの言葉を使ったのは二人のギリシア人建築家、ディミトリス+スザーナ・アントナカキスに対してであった。

批判的地域主義とカルチュラルスタディーズ[編集]

批判的地域主義は建築に続き、カルチュラルスタディーズ、さらに文学研究や政治理論、とりわけガヤトリ・C・スピヴァクの仕事でも用いられてきた。2007年のジュディス・バトラーとの共著『誰が国民国家を歌うのか』(邦訳:『国家を歌うのは誰か?――グローバル・ステイトにおける言語・政治・帰属』)でスピヴァクは、確固としたナショナル・アイデンティティや国境に根拠を置くナショナリズムの脱構築的代替を提案する。ダグラス・ラインハート・パウェルの著『批判的地域主義、アメリカ状況における政治と文化の結合(Critical Regionalism: Connecting Politics and Culture in the American Landscape)』(2007)では最初の建築理論での使用から、文化や文学や政治理論へのこの言葉の使用の浸透の軌跡を跡付け、さらにこれらの交差領域に依拠した方法論を提案している。

参考文献[編集]

  • Kenneth FramptonStudies in Tectonic Culture: The Poetics of Construction in Nineteenth and Twentieth Century Architecture (The MIT Press, Cambridge, Mass., 1997)
    • ケネス・フランプトン『テクトニック・カルチャー、19-20世紀建築の構法の詩学』
       松畑強+山本想太郎訳 、TOTO出版、2002年。
  • Hal Foster ed.The Anti-aesthetic: Essays on postmodern culture ,(Bay Press,1983)
    • ハル・フォスター編『反美学、ポストモダンの諸相』
      室井尚+吉岡洋訳、勁草書房、1987年。