御用邸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

御用邸(ごようてい)は天皇皇族別荘である。年に数回、静養を兼ねて避暑や避寒で訪れる。宮内庁の定義では、一定規模の建造物と敷地を有するものを離宮とし、小規模のものを御用邸と称している。

現存する御用邸[編集]

那須御用邸(なすごようてい)
栃木県那須郡那須町地図)、1926年大正15年 / 昭和元年) -
主に8月 - 9月に訪れている。
2008年(平成20年)には天皇皇后の意向を受け、初めて秋の時期(10月24日 - 27日)に訪れた。
2011年平成23年5月22日、御用邸敷地の約半分が一般開放され、那須平成の森として開園した[1]
葉山御用邸(はやまごようてい)
神奈川県三浦郡葉山町地図)、1894年(明治27年) -
主に2月 - 3月に訪れている。夏季は観光客が多いため用いない。大正天皇崩御した所である。
1971年(昭和46年)に建物が焼失(葉山御用邸放火事件)したが、1981年(昭和56年)に再建された。
須崎御用邸(すざきごようてい)
静岡県下田市地図)、1971年(昭和46年) -
主に7月 - 8月に訪れている。邸内にはプライベートビーチがある。

かつて存在した御用邸[編集]

トピックス[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]