神嘗祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宮中祭祀
四方拝
歳旦祭
元始祭
先帝祭(昭和天皇祭)
先帝以前三代の例祭
(孝明天皇祭)
紀元節祭
祈年祭
春季皇霊祭・春季神殿祭
神武天皇祭皇霊殿御神楽
皇妣たる皇后の例祭
先后の例祭
節折大祓
先帝以前三代の例祭
(明治天皇祭)
秋季皇霊祭・秋季神殿祭
神嘗祭
鎮魂祭
招魂祭
新嘗祭大嘗祭
賢所御神楽
天長祭<天長節祭>
先帝以前三代の例祭
(大正天皇祭)
節折大祓
式年祭旬祭
令制祭祀
祈年祭
鎮花祭
大忌祭風神祭
三枝祭
神御衣祭
月次祭
鎮火祭
道饗祭
大忌祭・風神祭
神御衣祭
神嘗祭
相嘗祭
鎮魂祭
新嘗祭大嘗祭
月次祭
鎮火祭
道饗祭

神嘗祭(かんなめさい・かんなめのまつり・かんにえのまつり)は宮中祭祀のひとつ。大祭五穀豊穣の感謝祭にあたり、宮中および神宮(伊勢神宮)で儀式が行われる。また、祝祭日の一つで、季語でもある。

解説[編集]

宮中祭祀の大祭で、その年の初穂を天照大御神に奉納する儀式が行われる。かつては9月11日 (旧暦)に勅使に御酒と神饌を授け、9月17日(旧暦)に奉納した。1872年明治5年)以降は新暦の9月17日に実施となったが、稲穂の生育が不十分な時期であるため、1879年(明治12年)以降は10月17日に実施されている。

古来より神嘗祭には皇室から神宮へ幣帛使が派遣されたが、応仁の乱以降は中断も多かった。しかし、1647年正保4年)に幣帛使の発遣が復活して以降は中断なく派遣が行われている。1871年(明治4年)以降は皇居賢所でも神嘗祭の儀式が行われた[1]。神嘗祭の儀式に先立って、天皇宮中三殿の神嘉殿南庇で神宮を遥拝する。1908年(明治41年)9月19日制定の「皇室祭祀令」では大祭に指定。同法は1947年昭和22年)5月2日に廃止されたが、以降も宮中および神宮では従来通りの神嘗祭が行われている。

「神嘗」は「神の饗(あえ)」が変化したと言われる。「饗え」は食べ物でもてなす意味である。また、饗は新殻を意味する贄(にえ)が転じたとする説もある。

神宮では、神嘗祭のときに御装束・祭器具を一新する。神宮の正月ともいわれる。神宮の式年遷宮は、大規模な神嘗祭とも言われる。神宮では、式年遷宮後最初の神嘗祭を「大神嘗祭」とも呼ぶ。伊勢の民衆は、この祭りを「おおまつり」と呼び、奉祝の行事を行う。神宮の神職や伊勢の神領民はこの祭りが終わるまで新穀を口にしないとされる。

また、「年中祭日祝日ノ休暇日ヲ定ム」および「休日ニ関スル件」により、1874年(明治7年)から1947年(昭和22年)まで同名の祝祭日休日)であった。上述の稲穂の生育が不十分であることによる変更に伴い、1878年(明治11年)までは9月17日、1879年(明治12年)からは10月17日となる。

日程[編集]

両正宮以下主要な神社は下表の日程で斎行する。

神社 由貴夕大御饌 由貴朝大御饌 奉幣 御神楽
皇大神宮(内宮) 10月16日22時 10月17日2時 10月17日12時 10月17日18時
豊受大神宮(外宮) 10月15日22時 10月16日2時 10月16日12時 10月16日18時
荒祭宮 皇大神宮に続く 皇大神宮に続く 皇大神宮に続く
多賀宮 豊受大神宮に続く 豊受大神宮に続く 豊受大神宮に続く
月讀4宮土宮月夜見宮 10月18日22時 10月19日2時 10月19日10時
瀧原2宮同所管社 10月22日22時 10月23日2時 10月23日10時
伊雑宮同所管社風日祈宮倭姫宮風宮 10月24日22時 10月25日2時 10月25日10時
滝祭神 皇大神宮に続く 皇大神宮に続く 10月19日3時
興玉神・宮比神・屋乃波比伎神御稲御倉由貴御倉 皇大神宮に続く 皇大神宮に続く 10月18日10時
御酒殿神四至神(内宮・外宮とも) 両正宮に続く 両正宮に続く
朝熊神社2社・鏡宮神社 10月19日22時 10月20日2時 10月20日10時
草奈伎神社

その他の神社は以下の日程で斎行。

脚注[編集]

  1. ^ 「年中行事事典」p241 1958年(昭和33年)5月23日初版発行 西角井正慶編 東京堂出版

関連項目[編集]