伊勢山皇大神宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊勢山皇大神宮
Iseyama Koutai Jingu.JPG
所在地 神奈川県横浜市西区宮崎町64
位置 北緯35度27分01秒
東経139度37分34秒
主祭神 天照大御神
社格 旧県社・別表神社
創建 明治3年(1870年)
本殿の様式 神明造
別名 皇大神宮
例祭 5月15日
テンプレートを表示

伊勢山皇大神宮(いせやまこうたいじんぐう)は、横浜市西区にある神社である。 天照大御神祭神とする。単に「皇大神宮」とも称される。旧社格県社。横浜の総鎮守とされ、「関東のお伊勢さま」として知られている。[1]

歴史[編集]

1870年明治3年)、一寒村であった横浜が開港場となり、貿易の街として急速に発展した。神奈川県は、キリスト教を始めとする外来文化に接する横浜の精神的支柱とするために神社信仰の確立が必要と考えた。 そのため、元々戸部村海岸伊勢の森の山上にあった当社を同年4月に現在地の野毛山に遷座し、同年11月、当時の神奈川県知事井関盛艮太政官神祇官に建白書を提出した。 建白書は、当社を伊勢神宮の遥拝所とし、県内の総社たる規模に整備することを願い出るものであり、翌月許可された。 その後、開港場である長崎・神戸にも同様の神宮遥拝所が作られることとなった。 1871年(明治4年)4月15日、社殿および境内施設が竣工し、遷座が行われた。 翌1872年(明治5年)には4月15日(旧暦)に例祭が行われたが、1873年(明治6年)の太陽暦の採用により、例祭日は月遅れの5月15日となった。

破産[編集]

1991年平成3年)、神宮裏参道隣接地に婚礼施設を兼ねた高級ホテル「横浜開洋亭」を建設、その際ホテルの建設費用と建設用地購入費用等として、境内の一部を担保として約87億円(富士銀行(当時)43億円、北陸銀行17億5000万円、三菱信託銀行(当時)15億円、三菱銀行(当時)14億円など)を借り入れた。ホテルは神宮を運営する宗教法人伊勢山皇大神宮とは別法人で当時の宮司の親族が経営する株式会社開洋亭が運営しており、宮司とその親族らが同社の大半の株式を所有していた。ホテルはその運営会社に賃貸し、家賃収入を金融機関からの借入金の返済に充てる計画であったが、バブル崩壊後の景気低迷に加え、横浜みなとみらい21地区など近接地との集客競争が激化、また神前結婚式の減少もあり経営は低迷、運営会社から予定していた賃貸収入を得られず借入返済が事実上履行出来ず、2001年平成13年)3月抵当権が設定されていた境内地の一部が金融機関より差し押さえを受けた。 2002年(平成14年)になり事態を重く見た神奈川県神社庁は銀行側との協議の上、同庁がホテル敷地部分を除く境内地を取得、神宮の運営を直轄することで競売を回避した。 これにより、同宗教法人は実質不動産管理会社となったが、保有するホテル部分の資産価値が大幅に低下、多額の債務が経営を圧迫し、横浜地方裁判所自己破産を申請、2003年(平成15年)4月7日破産宣告を受けた。 負債債権者2社に対し85億6500万円。神社本庁に属する神社で初めての破産となった。 ホテルは2006年(平成18年)11月27日破産宣告を受け、営業を中止した。ホテル跡地はグランドメゾン伊勢山となっている。

なお、このような宗教法人の活動に関して、宗教法人に対する課税の面からの批判がある。

社殿・境内[編集]

祭事・年中行事[編集]

  • 例祭:5月15日の本宮を挟んで、宵宮、後宮と3日間行われる。
  • 大神神社磐座例祭:古代祭祀の様式で、4月9日に行われる。
  • 杵築宮・子之大神例祭:8月20日に行われる夏祭りで、20基以上の神輿が出る。
  • 神前結婚式を行っており、本殿前で行う本殿式と室内の儀式殿式がある。

所在地・交通[編集]

神奈川県横浜市西区宮崎町64

関連項目[編集]

外部リンク[編集]