トヨタ・センチュリーロイヤル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トヨタ・センチュリーロイヤル
GZG51型
Imperial Processional Car.jpg
販売期間 2006年 -
乗車定員 8人
ボディタイプ 4ドアセダン リムジン
エンジン 1GZ-FE型 5L V型12気筒
変速機 6速AT
駆動方式 FR
サスペンション ダブルウィッシュボーンエアサスペンション
全長 6,155mm
全幅 2,050mm
全高 1,780mm
車両重量 2,920kg(標準車)
3,270kg(特装車)
-自動車のスペック表-

センチュリーロイヤルCENTURY ROYAL)は、2006年よりトヨタ自動車が製作した御料車である。

概要[編集]

1967年以来、御料車として使用されてきた「日産・プリンスロイヤル」が老朽化のため更新されることとなったが、同車を納入した日産自動車は現行車台をはじめ、御料車に要求される生産要素をめぐる判断から次代の車両納入を辞退した。その後、トヨタ自動車が新規車種の納入を提案したことを受け、2005年8月、同社の貴賓・要人向け大型高級車「センチュリー」をベースとした特別生産車「センチュリーロイヤル」の採用が決定した。ちなみに、トヨタ自動車内での車両開発コードネームは「大きな車」であり、ベース車両とは別物になるほどの改良が加えられている。

ベース車からの変更点として、窓の防弾ガラスや観音開きの側扉、天皇・皇族方の姿が明瞭に見えるように窓枠を拡大している。また内装も和紙毛織物などの素材が使われている(詳細は後述)。

2006年7月7日以降、宮内庁に順次納入され9月28日の臨時国会開会式臨席の際から使用された。元は8月15日の全国戦没者追悼式から使用される予定であった。

宮内庁は当初プリンスロイヤルの台数と同じ5台の購入を予定していたが、国の財政状況を考慮し、1台減の4台となった。うち寝台車(霊柩車)1台を含む。

価格は、天皇・皇后が乗車する標準車(ナンバー「皇1」)で1台5250万円(税込)。防弾性能等が強化された国賓接遇用の特装車(ナンバー「皇3」、「皇5」)で1台9450万円(税込)。ただし、「皇4」は欠番である。

一部の大企業や富裕層から、特注車としての一般向け販売を希望する声もあるが、トヨタ自動車では同車を「プリンスロイヤル」と同じく御料車専用車種と位置付け、一般への販売は一切行わない方針である。

構造・機構[編集]

全長6,155mm、幅2,050mm、高さ1,780mm、車両重量2,920kg、8人乗りのリムジンである。その他の変更点は、

  • 8人乗りのリムジン化(センチュリーは5人乗り)
  • 側扉は天皇・皇族方の乗降や案内に資する観音開きを採用し、式典時における沿道からの注目に、後席の天皇・皇族方の姿がより明瞭に見えるよう、後扉窓・扉後方窓の窓枠を一体的に拡大している。また窓ガラスは防弾ガラスへ変更されている。
  • 内装には、天井に和紙、後部座席に毛織物、乗降ステップに御影石などが使われている。
  • 前席は革張り・後部座席はとされているが、これは最高クラスのリムジンとしての様式に則った艤装[1]であり、日産・プリンスロイヤルやイギリス王室が利用するベントレー・ステートリムジンも同様である。ちなみセンチュリーは前後のシートを別素材にすることは出来ない(全て革かウールのどちらか)。

などとされているが、詳細は公開されておらず、駆動系の変更点は全く不明である。なお初代のセンチュリーにはリムジン仕様が存在した。

寝台車仕様も製造され、2012年6月に行われた三笠宮寛仁親王斂葬の儀にて使用されたのが初披露となった。ナンバーは「皇2」。リムジンのDピラー部をそのままハッチまで展張した、6ライトのオーソドックスなデザインである。尾灯のレンズが、リムジンは赤一色であるのに対し、寝台車はクリア(内部で着色LEDが点灯)となっている。

ベース車両に関してはセンチュリーを参照。

車名の由来[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 馬車の一形式を由来とするリムジンは、雨ざらしになる前席は耐久性を重んじた革張りで、貴賓席である後席には、滑りにくく柔らかな手触りの布を使用するのが古典的な伝統様式である。

参考[編集]


関連項目[編集]