泉涌寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
泉涌寺
Sennyuji Kyoto02bs4350.jpg
仏殿(重要文化財)
所在地 京都府京都市東山区泉涌寺山内町27
位置 北緯34度58分41.59秒 東経135度46分52.76秒 / 北緯34.9782194度 東経135.7813222度 / 34.9782194; 135.7813222座標: 北緯34度58分41.59秒 東経135度46分52.76秒 / 北緯34.9782194度 東経135.7813222度 / 34.9782194; 135.7813222
山号 東山(とうざん)、泉山(せんざん)
宗派 真言宗泉涌寺派
寺格 総本山
本尊 釈迦如来阿弥陀如来弥勒如来
創建年 伝・斉衡3年(856年
開基 伝・神修上人
別称 御寺(みてら)
札所等 真言宗十八本山8番
洛陽三十三所観音霊場20番(楊貴妃観音堂)
京都十三仏霊場6番
文化財 泉涌寺勧縁疏、附法状(国宝)
大門、仏殿、木造観音菩薩坐像ほか(重要文化財)
テンプレートを表示

泉涌寺 (せんにゅうじ)は、京都市東山区泉涌寺山内(やまのうち)町にある真言宗泉涌寺派総本山の寺院。山号は東山(とうざん)または泉山(せんざん)。本尊は釈迦如来阿弥陀如来弥勒如来の三世仏。

平安時代の草創と伝えるが、実質的な開基(創立者)は鎌倉時代の月輪大師俊芿(がちりんだいししゅんじょう)である。東山三十六峰の南端にあたる月輪山の山麓に広がる寺域内には、鎌倉時代の後堀河天皇四条天皇、江戸時代の後水尾天皇以下幕末に至る歴代天皇の陵墓があり、皇室の菩提寺として「御寺(みてら)泉涌寺」と呼ばれている。

歴史[編集]

仁和寺大覚寺などと共に皇室ゆかりの寺院として知られるが、草創の時期や事情についてはあまり明らかではない。伝承によれば、斉衡3年(856年)、藤原式家の流れをくむ左大臣藤原緒嗣が、自らの山荘に神修上人を開山として草創。当初は法輪寺と称し、後に仙遊寺と改めたという。なお、『続日本後紀』によれば藤原緒嗣は承和10年(843年)に没しているので、上述の伝承を信じるとすれば、藤原緒嗣の遺志に基づき、菩提寺として建立されたということになる。

別の伝承は開創者を空海とする。すなわち、空海が天長年間(824年-834年)、この地に草創した法輪寺が起源であり、斉衡2年(855年)藤原緒嗣によって再興され、仙遊寺と改めたとするものである。空海による草創年代を大同2年(807年)とする伝承もあり、この寺院が後の今熊野観音寺(泉涌寺山内にあり、西国三十三所観音霊場の第15番札所)となったともいう。以上の伝承を総合すると、平安時代初期に草創された前身寺院が平安時代後期には荒廃していたのを、鎌倉時代に再興したものと思われる。

鎌倉時代の建保6年(1218年)、宇都宮信房が、荒廃していた仙遊寺を俊芿に寄進、俊芿は多くの人々の寄付を得てこの地に大伽藍を造営し、霊泉が湧いたので、寺号を泉涌寺としたという(旧寺号の「仙遊寺」と音が通ずる点に注意)。宇都宮信房は源頼朝の家臣で、豊前国守護に任じられた人物であり、俊芿に帰依していた。俊芿(1166-1227)は肥後国(熊本県)出身の学僧で、正治元年(1199年に渡り、足かけ13年の滞在で天台と律を学び、建暦元年(1211年)日本へ帰国した。彼は宋から多くの文物をもたらし、泉涌寺の伽藍は全て宋風に造られた。

月輪陵。歴代天皇らの25陵、5灰塚、9墓が営まれている

泉涌寺はを中心として天台、東密(真言)、禅、浄土の四宗兼学(または律を含めて五宗兼学とも)の道場として栄えた。貞応3年(1224年)には後堀河天皇により皇室の祈願寺と定められた。後堀河天皇と次代の四条天皇の陵墓は泉涌寺内に築かれ、この頃から皇室との結び付きが強まった。江戸時代には後水尾天皇以下、幕末の孝明天皇に至る歴代天皇が山内に葬られている。泉涌寺はこれらの皇室の陵墓に対して香をたき、花を供える香華院となり、「御寺(みてら)」と尊称されている。

応仁の乱による焼失を初め、諸堂はたびたびの火災で焼失しており、現存の堂宇は近世以降の再建である。大日本帝国憲法施行以来日本国憲法施行まで、営繕・修理費は全て宮内省が支出していた。

伽藍[編集]

総門を入ると、参道の左右にいくつかの塔頭(山内寺院)がある。長い参道の先にある大門(重文)をくぐると、左手に楊貴妃観音堂があり、正面には伽藍の中心をなす仏殿(重文)、舎利殿が建ち、これらの背後に霊明殿、御座所など皇室ゆかりの建築があり、その背後に月輪陵がある。

  • 大門(重文)-慶長年間(江戸時代初頭)造営の御所の門を移築したもの。
  • 楊貴妃観音堂-大門を入ってすぐ左手の奥まったところに建つ。中国・南宋時代の作である観音菩薩坐像(通称楊貴妃観音)を安置する。
  • 心照殿-楊貴妃観音堂に接して建つ宝物館で、泉涌寺および塔頭寺院所蔵の文化財を順次公開している。
  • 仏殿(重文)-寛文8年(1668年)、徳川家綱の援助で再建したもの。密教寺院の中心堂宇は「本堂」「金堂」と称することが多いが、当寺では宋風の「仏殿」の呼称を用いる。内部は禅寺風の土間とし、柱、窓、組物、天井構架等の建築様式も典型的な禅宗様になる。本尊は過去・現在・来世を表す釈迦・阿弥陀・弥勒の3体の如来像を安置する。天井の竜の図と本尊背後の白衣(びゃくえ)観音図は狩野探幽の筆になる。
  • 舎利殿-仏殿の背後に建つ。俊芿の弟子湛海が南宋慶元府の白蓮寺から請来したという仏牙舎利(釈尊の歯)を安置する。
  • 霊明殿-天智天皇光仁天皇から昭和天皇(南北両朝の天皇も含む)に至る歴代天皇皇后の尊牌(位牌)を安置する。1884年の再建。
御座所庭園
  • 御座所-仏殿・舎利殿の背後に建つ。安政年間(江戸時代末期)に建立され、明治天皇が使用していた旧御所の御里御殿を1884年に移築したもの。女官の間、門跡の間、皇族の間、侍従の間、勅使の間、玉座の間などがある。玉座の間は、天皇皇后が来寺した際に休息所として使用する部屋である。平成期(1989年-)に入ってからは、即位報告(1990年)、平安建都1,200年記念(1994年)、在位10年の報告(1999年)などの際に今上天皇が泉涌寺を訪れ、この部屋を使用している。
  • 海会堂(かいえどう)-御座所に接して建つ土蔵造の仏堂。屋根は宝形造。元は宮中にあり、「黒戸」と呼ばれていた仏堂を明治元年(1868年)の神仏分離令発布を機に泉涌寺に移築したものである。かつての天皇、皇后、親王らの念持仏(守り本尊)20数体が安置されている。
  • 浴室
  • 泉涌水屋形
  • 月輪陵-歴代天皇皇室の陵墓群。宮内庁が管理している。

別院・塔頭[編集]

泉涌寺の塔頭としては西国三十三所観音霊場第15番札所の観音寺(今熊野観音寺)、重要文化財の木造阿弥陀如来及び二十五菩薩像を安置する即成院(そくじょういん)、高さ約10メートル(台座・光背含む)の木造釈迦如来立像を安置する戒光寺などがある。南北朝期より続く、本尊薬師如来と走り大黒天で有名な西国薬師第四十番 別格本山雲龍院は泉涌寺の別院である。

楊貴妃観音像[編集]

重要文化財。楊貴妃観音堂に安置される。建長7年(1255年)俊芿の弟子湛海が仏舎利と共に中国・南宋から請来したものとされる。

長らく100年に一度だけ公開する秘仏であったが、請来から700年目の1955年(昭和30年)から一般公開されている。作風、材質など、明らかに日本の仏像とは異質で、寺伝どおり中国・南宋時代の作と考えられている。

なお、舎利殿に安置される木造韋駄天立像と木造伝・月蓋長者(がつがいちょうじゃ)立像も南宋時代の作であり、楊貴妃観音像と共に1997年、重要文化財に指定されている。

文化財[編集]

国宝[編集]

  • 泉涌寺勧縁疏(かんえんそ)-俊芿筆。俊芿が、荒廃した前身寺院を「泉涌寺」と改名して再興するため、人々の喜捨(寄付)を募るための趣意書。泉涌寺建立の起源にかかわる歴史上重要な文書であると共に、書道作品としても優れている。
  • 附法状-俊芿が死の前月、弟子の心海に自らの法を嗣いだ証明として書き与えたもの。

重要文化財[編集]

  • 仏殿
  • 大門
  • 開山堂
  • 開山塔(石造無縫塔)
  • 石造無縫塔 2基
  • 絹本著色道宣律師・元照律師像
  • 絹本著色俊芿律師像
  • 絹本著色後陽成院像 狩野孝信
  • 木造観音菩薩坐像(楊貴妃観音)附:木造韋駄天立像、木造伝月蓋長者立像 - 解説は既出
  • 太刀 銘大和則長 
  • 中御門天皇宸翰大円覚心照国師号勅書
  • 法華経 10巻(泉涌寺・雲龍院共有)

札所等[編集]

真言宗十八本山
7 智積院 -- 8 泉涌寺  --  9 教王護国寺
洛陽三十三所観音霊場
19 今熊野観音寺 -- 20 泉涌寺  --  21 法性寺
京都十三仏霊場
5 大善寺 -- 6 泉涌寺  --  7 平等寺

歌碑[編集]

境内には『枕草子』の作者である清少納言の父・清原元輔の旧居で、清少納言が晩年を過ごしたとされる月輪山荘にほど近い場所として、昭和49年(1974年)に平安博物館館長・角田文衞の発案で百人一首に採られた「夜をこめて 鳥のそら音は はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ」の歌碑が建立されている。

アクセス[編集]

参考文献[編集]

  • 井上靖、塚本善隆監修、田中澄江、小松道円著『古寺巡礼京都28 泉涌寺』、淡交社、1978
  • 竹村俊則『昭和京都名所図会 洛東上』駸々堂、1980
  • 『週刊朝日百科 日本の国宝』71号(豊国神社ほか)、朝日新聞社、1998
  • 『日本歴史地名大系 京都市の地名』、平凡社
  • 『角川日本地名大辞典 京都府』、角川書店
  • 『国史大辞典』、吉川弘文館

関連項目[編集]

外部リンク[編集]