八咫鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
古代の鏡の例(椿井大塚山古墳出土の三角縁獣文帯四神四獣鏡の複製

八咫鏡(やたのかがみ)は三種の神器の一つ。金属鏡であったか、石鏡であったか定かではなく、発生年代不詳。『古事記』では、八尺鏡(やたかがみ)と記されている[1]

概要[編集]

古事記』では、高天原の八百万の神々が天の安河に集まって、川上の堅石(かたしは)を金敷にして、金山の鉄を用いて鍛造させたと記されている。 『日本書紀』には、別の名を真経津鏡(まふつの かがみ)ともいうと記されている。単に神鏡(しんきょう)または宝鏡(ほうきょう)とよばれることも多いが「神鏡」や「宝鏡」という言葉は普通名詞であり、八咫鏡だけをさすとは限らないので注意が必要である。 (あた)は円周の単位で、0.8である。1尺のの円周を4咫としていた。したがって「八咫鏡」は直径2尺(46cm 前後)の円鏡を意味する[2]が、桶代(御神体の入れ物)の大きさから考えてもっと小さいはずであり、「八咫(やた)」は単に「大きい」ということを表しているだけで具体的な数値ではないという説もある。

本来は祭祀に用いる鏡を表す一般名詞であったものが、後に三種の神器の一つである鏡を指す固有名詞になったと考えられている。八咫鏡は伊勢神宮のものと皇居のもの(形代)との2つがある。

伊勢神宮の八咫鏡[編集]

伊勢神宮の内宮に変わらず奉安されている。これは、神道五部書等によれば「八葉」といい、考古学者の原田大六福岡県糸島市にある平原遺跡出土の大型内行花文鏡(内行花文八葉鏡)と、もとは同じ形状、大きさのものではなかったかと推定している。この鏡は、明治初年に明治天皇が天覧した後、あらためて内宮の奥深くに奉置されたことになっている。

宮中賢所の八咫鏡[編集]

形代の鏡は、宮中の賢所に奉置されていたことから、賢所(かしこどころ)などともいう。そのため、あえて賢所のことをいう場合にはこれを「けんしょ」というか、またはその通称である「内侍所」といって、これを呼び分けたという。しかし後世になると内侍所も神鏡のことを指す言葉となった。内侍所の神鏡は天徳4年(960年)、天元3年(980年[3]寛弘2年(1005年)に起こった内裏の火災により焼損している。天元の際に半ばが焼失し、鏡の形をとどめないものとなった。寛弘の際には、ほとんど灰になってしまい、やむなく灰の状態のまま保管した。このため直後から鏡を改鋳する議論が持ち上がり、諸道に勘文を提出させた。翌寛弘3年7月には一条天皇御前で公卿会議が行われ、左大臣藤原道長が改鋳を支持したものの、公卿の大半が反対したため改鋳は行われなかった[4]。その後、平家の都落ちとともに西遷し安徳天皇とともに壇ノ浦に沈み、それを源義経八尺瓊勾玉とともに回収したものが今日も賢所に置かれている。

神話[編集]

記紀神話によれば、天照大神岩戸隠れの際に石凝姥命が作った。天照大神が岩戸を細めに開けた時、この鏡で天照大神自身を映し、興味を持たせて外に引き出した。そして再び世は明るくなった。

天孫降臨の際、天照大神から瓊瓊杵尊に授けられ、この鏡を天照大神自身だと思って祀るようにとの神勅(宝鏡奉斎の神勅)が下された。

考古遺物[編集]

福岡県糸島市にある遺跡「平原遺跡」において出土した直径46.5cmの大型内行花文鏡(内行花文八葉鏡)四面は原田大六によると八咫鏡そのものという[5][6]

大型内行花文鏡(内行花文八葉鏡)」は、図象のみの大型の青銅鏡である。つまり、文字や神獣などの図柄は無い。

参考文献[編集]

  1. ^ 倉野憲司、武田祐吉 (1958), 『古事記 祝詞』日本古典文學体系, 1, 岩波書店 
  2. ^ 三原邦夫 (2000), “八咫の鏡について”, 月刊しにか(2000年2月号) (大修館書店) 120 
  3. ^ 大日本史料 第一編之十八 東京大学史料編纂所
  4. ^ 大津透「道長と宮廷社会 日本の歴史06」講談社学術文庫 (2009年) ISBN 978-4062919067、215-216p 原田大六によれば「焼失して作り直された現在の八咫鏡は、桶代(御神体の入れ物)の大きさから直径46.5cmの大きさではなくなっている」との事(井手將雪、弁)だが、上述の通り事実は作り直されてはいない。
  5. ^ 原田大六「実在した神話」
  6. ^ 原田大六「平原弥生古墳 大日孁貴の墓」

関連項目[編集]