神世七代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

神世七代かみのよななよ)とは、日本神話で、天地開闢のとき生成した七代のの総称。またはその時代をいう。神代七代とも書き、天神七代ともいう。

初めは、抽象的だった神々が、次第に男女に別れ、異性を感じるようになり、最終的には愛を見つけ出し夫婦となる過程をもって、男女の体や性が整っていくことを表す部分だと言われている。

『古事記』[編集]

古事記』では、別天津神の次に現れた十二柱七代の神を神世七代としている。最初の二代は一柱で一代、その後は二柱で一代と数えて七代とする。なお、島根県安来市(旧出雲国)にある十神山はイザナギ、イザナミの両神を除く十神が祀られていたとする話がある。

  1. 国之常立神(くにのとこたちのかみ)
  2. 豊雲野神(とよぐもぬのかみ)
  3. 宇比邇神(うひぢにのかみ)・須比智邇神(すひぢにのかみ)
  4. 角杙神(つぬぐいのかみ)・活杙神(いくぐいのかみ)
  5. 意富斗能地神(おおとのじのかみ)・ 大斗乃弁神(おおとのべのかみ)
  6. 淤母陀琉神(おもだるのかみ) ・阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)
  7. 伊邪那岐神(いざなぎのかみ)・伊邪那美神(いざなみのかみ)

(左側が男神、右側が女神)

『日本書紀』[編集]

日本書紀』の本書では、天地開闢の最初に現れた以下の十一柱七代の神を神世七代としている。

  1. 国常立尊(くにのとこたちのみこと)
  2. 国狭槌尊(くにのさつちのみこと)
  3. 豊斟渟尊(とよぐもぬのみこと)
  4. 泥土煮尊(ういじにのみこと)・沙土煮尊(すいじにのみこと)
  5. 大戸之道尊(おおとのじのみこと)・大苫辺尊(おおとまべのみこと)
  6. 面足尊 (おもだるのみこと) ・惶根尊 (かしこねのみこと)
  7. 伊弉諾尊 (いざなぎのみこと)・伊弉冉尊 (いざなみのみこと)

出現表[編集]

ひとり神[編集]

書名 1代 2代 3代 4代 5代 6代 7代 8代 9代
古事記 天之御中主神 高御產巣日神 神產巣日神 宇摩志阿斯訶備比古遲神 天之常立神 國之常立神 豐雲野神
日本書紀本書 國常立尊 國狹槌尊 豐斟渟尊
一書第1 國常立尊(亦曰、國底立尊) 國狹槌尊(亦曰、國狹立尊) 豐國主尊(亦曰、豐組野・豊香節野尊・浮經野豐買尊・豊國野尊・豐齧野尊・葉木國野尊・國見野尊)
1書第2 可美葦芽彦舅尊 國常立尊 國狹槌尊
1書第3 可美葦芽彦舅尊 國底立尊
1書第4-1 國常立尊 國狹槌尊
1書第4-2 天御中主尊 高皇產靈尊 神皇產靈尊
1書第5 國常立尊
1書第6 天常立尊 可美葦芽彦舅尊 國常立尊
古語拾遺 天御中主神 多賀美武須比(高皇產靈神) 津速產靈神 神產靈神
宋史日本傳 天御中主(尊の字なし) 天村雲尊 天八重雲尊 天彌聞尊 天忍勝尊 贍波尊 萬魂尊 利利魂尊 國狭槌尊
  • は別神であるが便宜上同一代に記載

男神、妹[編集]

書名 1組 2組 3組 4組 5組 6組 7組 8組 9組
古事記男神 宇比地邇神 角杙神 意富斗能地神 淤母陀流神 伊邪那岐神
古事記妹 須比智邇神 活杙神 大斗乃辧神 阿夜訶志古泥神 伊邪那美神
日本書紀本書(男神) 泥土煮尊 大戸之道尊(一云、大戸之邊。亦曰、大戸摩彦尊・大富道尊) 面足尊 伊奘諾尊
日本書紀本書(妹) 沙土煮尊 大苫邊尊(亦曰、大戸摩姫尊・大富邊尊) 惶根尊(亦曰、吾屋惶根尊・忌橿城尊・青橿城根尊・吾屋橿城尊) 伊奘冉尊
1書第1(男神) 泥土煮尊 角樴尊 面足尊 伊奘諾尊
1書第1(妹) 沙土煮尊 活樴尊 惶足尊 伊奘冉尊
1書第2(男神) 天鏡尊 天万尊 沫蕩尊 伊奘諾尊
先代旧事本紀(男神) 角樴尊(亦云、角龍魂尊) 泥土煮尊(亦云、泥土根尊) 大苫彦尊(亦云、大戸之道・大富道・大戸摩彦) 青橿城根尊(亦云、沫蕩尊・面足尊 伊弉諾尊
先代旧事本紀妹 活樴尊 沙土煮尊(亦云、沙土根尊) 大苫邊尊(亦云、大戸之邊・大富邊・大戸摩姫) 吾屋橿城根尊(亦云、惶根尊・蚊鴈姫尊) 伊弉冉尊
先代旧事本紀 天三降尊 天合尊(亦云、天鏡尊) 天八百日尊 天八十萬魂尊 高皇產靈尊(亦名、高魂尊・高木命)
天書男神 泥土根(以下、尊の字なし) 大苫彦 面足彦 伊弉諾尊(尊の字あり)
天書女神 沙土根 大苫姫 橿城姫 伊弉冊尊
天書紀男神 泥土野尊 大家宅尊 懐寝尊 伊弉諾尊
天書紀女神 砂土野尊 大衣見尊 根心尊 伊弉冊尊
上記(男神) うイぢにのみこと つぬぐイのみこと おおとのぢのみこと おもだるのみこと おおとぢのみこと あをかしきねのみこと あまのかかみのみこと あわなぎのみこと いざなぎのみこと
上記いも すイぢにのみこと いくぐイのみこと おおとのべのみこと あやかしこねのみこと おおとべのみこと あゆかしきねのみこと あめのよろづのみこと あわなみのみこと いざなみのみこと
宋史日本傳男神 角龔魂尊 汲津丹尊 面垂見尊 國常立尊 天鑑尊 天萬尊 沫名杵尊 伊弉諾尊

関連項目[編集]