高天原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

高天原(たかあまはら、たかあまのはら、たかのあまはら、たかまのはら、たかまがはら)は、『古事記』に含まれる日本神話および祝詞において、天津神が住んでいるとされた場所のことである。

概要[編集]

原文は漢文であるため、どのが正しいかはある程度推測にとどまる。ただし、『古事記』冒頭には「訓高下天云阿麻下效此」とあり、天は「アマ」と読むように指定がある。通常は、「たかまがはら」という格助詞「が」を用いた読み方が一般的であるが、この読み方が広まったのは歴史的には新しいとされている。

古事記』などでは、地上の人間が住む世界である葦原中国や、地中にあるとされる根の国黄泉に対し、天上界にあった、と記述された。

古くから神話に書かれていることを現実だと見なして解釈しようとする人たちがおり、大和九州北陸富士山他(後述)、実在の場所であったとの説も多数となえられた。

古事記における記述[編集]

『古事記』においては、その冒頭に「天地(あめつち)のはじめ」に神々の生まれ出る場所としてその名が登場する。次々に神々が生まれ、国産みの二柱の神が矛を下ろして島を作るくだりがあるから、海の上の雲の中に存在したことが想定されていたと推測される。天照大神が生まれたときに、高天原を治めるよう命じられた。須佐男命にまつわる部分では、高天原には多くの神々(天津神)が住み、機織の場などもあったことが記述されており、人間世界に近い生活があったとの印象がある。葦原中国が天津神によって平定され、天照大神の孫のニニギが天降り(天孫降臨)、以降、天孫の子孫である天皇が葦原中国を治めることになったとしている。

古事記以外における記述[編集]

日本書紀』においては本文にはほとんどみえず、わずかに神代紀第一段の第四の一書と養老4年(720年)に代々の天皇とともに持統天皇につけられた和風諡号高天原廣野姫天皇」にあり、 また、『古語拾遺』本文では1箇所天孫降臨の神勅と、他に祝詞説明の注に、現存の『風土記』では『常陸風土記』冒頭2語あるのみである。

所在地についての諸説[編集]

高天原の所在地については古来より諸説あり、古事記における神話をどうとらえるかによりその立場が大きく異なる。

作為説[編集]

神話作られたものであるから、そこに出てくる高天原について「どこにあったか?」などと考えること自体が無意味であるとする説。山片蟠桃の説が代表的なもので、『古事記』における神代のことは後世の作為であるとする。戦後主流となっている津田左右吉の史観はこの考え方に基づく。現在でもほとんどの学者は、高天原神話は支配階級のことを「天上界に由来するが故に尊い」とする信仰を語ったものであるという説に与しており、思想的には異なるものの次の天上説と実質的には同じである。

天上説[編集]

「高天原は神の住まう場所であるから、天上や天より高い宇宙に決まっており、それ以外の場所を考えるのは不遜である」とする説。本居宣長の説が代表的なもので、戦前は皇国史観と結びついてこの考え方が主流であった。

地上説[編集]

「神話は何がしかの史実を含んでおり、高天原も実在したものを反映している」とする説。現在の歴史学では一般には避けられるが、前近代には有力視され、現在も研究家の説によく見られる。新井白石の説が代表的なもので「高天原とは常陸国茨城県多可郡である」とする[1]。地上説にはさらに国内説と海外説がある。国内説の中には、邪馬台国と高天原を関連付けて考える説もある。海外説の代表的なものは中国南部説である。新井白石が常陸国説を唱えるまで、京都朝廷では高天原は大和国葛城だとされていた。

日本各地の高天原[編集]

葛城金剛山高天台 - 奈良県御所市高天
奈良県南部の御所市高天。金剛山の麓に広がる台地上に位置する。古くは葛城といわれた地域で、そこにそびえ立つ金剛山は、古くは高天原山といわれていた。付近は天上の神々が住んだ高天原の伝承地で、ここに所在する高天彦神社延喜式では最高の社格とされた名神(みょうじん)大社で、祭神は葛城氏の祖神高皇産霊(たかみむすび)神。社殿後方の白雲峯(694m)を御神体とする。参道の両側には杉の古木が立ち並び、神さびた雰囲気を漂わせている。江戸時代初頭までは、この地が高天原史跡だというふうに考えられていた。なお、高天原の石碑はこの地区にある寺の駐車場のところにある。[2][3]
高原町(たかはるちょう) - 宮崎県高原町
高原町は、後ろに高千穂峰がそびえている事もあって、以前から天孫降臨の地として認識されていたようである。江戸時代末期に薩摩藩により編纂された『三国名勝図會』では、土俗傳へ云、當邑を高原と號するは高天原の略称なりと、凡日向国内此辺は、神代の 皇都に係り、今に都島都島は今の都城、高城などといへる地名殘るも此が為にて、此地、都島と接し、(後略)、とある。
そしてその伝承に沿うかのように山頂には「天の逆鉾」が立てられている。立てられたのは江戸時代辺りと推定されるが、詳細は不明である。又、高原町は、神武天皇御降誕の地としても名高い場所である。『日本書紀』にある神武天皇の幼名「狭野尊」が当町の狭野地区を指しているというのが主な根拠であるが、江戸時代半ばから末期にかけての神社関連の古文書の中に複数の地形を挙げて神武天皇の『聖蹟』としている。ただ、具体的な説明はなく、現在説明されている神武天皇関連の説明の大筋は『三国名勝図會』に依っている。伝承では、いわゆる東征までこの地で暮らしたとされている。
高千穂(たかちほ) - 宮崎県高千穂町
宮崎県北部。天岩戸天香具山、高天原、四皇子峰等がある。高千穂神社では、天鈿女命が舞ったことから始まったとされる高千穂の夜神楽が伝承されている。
阿蘇・蘇陽 - 熊本県山都町
高天原神話の発祥の神宮であると近年になって自称している「日の宮・幣立神宮」がある。御神体は豊国文字と阿比留文字が彫られた石板であり、「アソヒノオオカミ」と「日文」が表裏に刻まれている。ちなみに「幣立」とはヒモロギを意味し、太古 天の神が御降臨になった聖なる地とされている。
蒜山(ひるぜん) - 岡山県真庭市
茅部神社の山を登ったところ。天岩戸、真名井の滝、天の浮橋等がある。
生犬穴(おいぬあな) - 群馬県上野村
小さな穴として従来から知られていたが、1929年(昭和4年)に奥へと長く続いていることが発見された。の骨が多数発見されたことから命名された。内部に高天原や天の安河原などと名づけられた場所がある。
常陸国多賀郡 - 茨城県多賀郡
新井白石による説で、古代における漢字は「日本語の読み方」として日本語を表記しようとする漢字であり、漢字本来の意味とは表記している言葉の意味が一致しないとする。よってそれから表現する言葉は、漢字に基づく意味を持つものではなく、当て字としての役割しかないとする[4]。白石は『古史通』において高天原をひらがなでの読みで言語解釈し、常陸国多賀郡と比定した[1]

高天原とは私記には師説上天をいふ也按ずるに虚空をいふべしと見えたり後人の諸説これに同じ此等の説皆是今字によりて其義をトキし所也凡我國の古書を讀には古語によりてその義をくべし今字によりて其義を釋くべからず高の字讀で多珂タカといふは古にいふ所のタカノ舊事紀に見えしところなり多珂タカノ常陸國風土記に常陸國多珂郡の地是也天の字古事記に讀阿麻アマといふと注しき上古の俗に阿麻といひしは海也阿毎アメといひしは天也天亦稱して阿麻ともいふは其語音の轉ぜしなり原の字讀播羅ハラといふ上古之俗に播羅ハラといひしは上也されば古語に多訶阿麻能播羅タカアマノハラといひしは多珂海上地といふがごとし[5]

また、言葉の音訓以外にも常陸国には「高天タカアマノ浦」や「高天ノ原」という地名が実在していたことも傍証にあげている。

古語に播羅ハラといふは上也とはたとへば日本紀に川上の字を讀箇播羅カハラといふがごとし今も常陸國海上に高天タカアマノ浦高天原等の名ある地現存せり[5]

長崎県壱岐市
天ヶ原、高野原等の地名が残り、九州王朝説では天国領域とされている。
氷ノ山(ひょうのせん)西麓 - 鳥取県八頭郡若桜町舂米(つくよね)
鳥取県若桜町舂米のわかさ氷ノ山スキー場には「高天原」の地名・伝承が残っている。
霊石山伊勢ヶ平 - 鳥取県八頭郡八頭町
天照大神が八上[6]の霊石山(八頭町)伊勢ヶ平にしばらく行宮した後、帰る際に通った道の途中の地点にある。伊勢ヶ平は高天原という名前ではないものの、暫定的にせよ、中央の政治機関があった所とみなしうる。ここには天照大神が行宮の際、白兎に道案内されたという伝承がある。
和歌山県の高野山の地名である高野(こうや)
以前は「たかの」と呼ばれていた。また近くに天野神社(あまのじんじゃ)がある。この高野と天野で高天原だったと地元の人々は話している。

脚注[編集]

  1. ^ a b 新井白石の『古史通』を参照
  2. ^ 高天原の史跡
  3. ^ 御所市高天 葛城高天原
  4. ^ 新井白石の『東雅』参照。
  5. ^ a b 新井(1906)、225頁。
  6. ^ 八頭郡は、かつての八上郡八東郡智頭郡が合併して出来た。

関連文献[編集]

  • 新井白石 「古史通卷之一」『新井白石全集』第3巻、国書刊行会1906年1月25日、225頁。NDLJP:990983
  • 鎌田東二「高天原とは何か――聖なる他界の形成」、『歴史読本・臨時増刊 特集 よみがえる神道の謎』第34巻第18号、新人物往来社、1989年9月。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]