ニニギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニニギ(楊洲周延画)

ニニギあめのにぎしくににぎしあまつひこひこほのににぎ)は、日本神話に登場するである[1]

[編集]

古事記』では天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命[2]天邇岐志国邇岐志天日高日子、『日本書紀』では天饒石国饒石天津彦火瓊瓊杵尊[2]天津日高彦瓊瓊杵尊彦火瓊瓊杵火瓊瓊杵などと表記され、一般には瓊瓊杵尊瓊々杵尊邇邇芸命(ににぎのみこと)と書かれる。

  • 「アメニギシクニニギシ」(天にぎし国にぎし)は「天にも地にも親和的である」の意[2]
  • 「アマツヒコ」(天津日高)は神をたたえる美称であり、天津神であることを示す[2]
  • 「ヒコ」(日子)は男性のこと[2]
  • 「ホノニニギ」は稲穂が豊かに実ることの意[1]
  • 「ニニギ」は「ニギニギしい」の意で[1]、「にぎやか」と同語源である[2]

神話上ニニギの一族とされている上述の天忍穂耳尊や火照命・火闌降命・彦火火出見尊とは名前に稲穂の「ホ」がある点で共通している。

系譜[編集]

天照大神の子である天忍穂耳尊と、高皇産霊尊の娘である栲幡千千姫命(萬幡豊秋津師比売命)の子[1]。兄に天火明命(あめのほあかり)がいる[1]。『日本書紀』の一書では天火明命の子とする。

大山祇神の娘である木花之開耶(このはなのさくや)姫を妻とし、火照命(海幸彦)・火闌降命彦火火出見尊(山幸彦)が生まれた[1]

天孫降臨[編集]

天照大神の命により、葦原中国を統治するため高天原から地上に降りたとされる[1]。これを天孫降臨と呼ぶ[1]。『古事記』では、この降臨の地については「竺紫の日向の高千穂の久士布流多気(くしふるだけ)に天降りまさしめき」と記述している。『日本書紀』では、「日向襲之高千穗峯」あるいは「筑紫日向高千穗」と記述している。

この降臨の経路の解釈ついては、日向国高千穂峰に降り吾田国(現在の鹿児島県南さつま市)の長屋の笠狭碕に到達したとする説が有力である。日向(ひむか)の歴史はかなり古く、鹿児島県大隅地方もその昔は日向と呼ばれていた。行政上、日向国が設置されたのは7世紀になる。

埋葬地・可愛山陵[編集]

ニニギは薨去後「可愛之山稜」に葬られた[2]

埋葬地である「筑紫の日向の可愛の山陵」の伝承地は南九州各地にある。

明治政府はその中から、旧薩摩藩の学者の意見を参考にして、明治7年に鹿児島県薩摩川内市新田神社が可愛山陵であると治定した(他の日向三代の神陵も鹿児島県内に治定している)。

その後、宮内庁の調査により、明治29年、宮崎県東臼杵郡北川町の可愛岳(えのだけ)山麓の古墳を「可愛山陵伝承地」、宮崎県西都市西都原古墳群にある男狭穂塚を「可愛山陵参考地」と定めた。男狭穂塚は九州最大の古墳である。

ただ、宮崎県宮崎市の前方後円墳にある奈古(なご)神社(江戸時代以前の呼称は長屋神社)、宮崎県延岡市天下町(あもりまち)の天下神社(吉野神社)境内にある国指定南方古墳も御陵と伝えられている。

可愛岳そのものが神陵であるという伝承もある。

信仰・神社[編集]

農業の神として信仰されており、霧島神宮(鹿児島県霧島市[1]高千穂神社宮崎県西臼杵郡高千穂町[1]新田神社(鹿児島県薩摩川内市[1]築土神社東京都千代田区)、射水神社富山県高岡市)、子安神社三重県南牟婁郡紀宝町)、常陸國總社宮茨城県石岡市)などに祀られている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 戸部民夫 『八百万の神々 日本の神霊たちのプロフィール』 新紀元社
  2. ^ a b c d e f g 薗田稔、茂木栄 『日本の神々の事典 神道祭祀と八百万の神々』 学研

関連項目[編集]