椿大神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
椿大神社
椿大神社拝殿
拝殿
所在地 三重県鈴鹿市山本町字御旅1871
位置 北緯34度57分52秒
東経136度27分06秒
座標: 北緯34度57分52秒 東経136度27分06秒
主祭神 猿田彦大神
社格 式内社(小)
伊勢国一宮
県社
別表神社
創建 (伝)垂仁天皇27年
別名 猿田彦大本宮
例祭 10月11日
地図
椿大神社の位置
椿大神社
テンプレートを表示

椿大神社(つばきおおかみやしろ)は、三重県鈴鹿市にある神社式内社伊勢国一宮旧社格県社で、現在は神社本庁別表神社

猿田彦大本宮とも呼ばれる。猿田彦大神を祀る神社の総本社とされる。

祭神[編集]

主祭神
相殿
配祀
前座
  • 行満大明神

歴史[編集]

社伝によれば、垂仁天皇27年、倭姫命に下った神託により、猿田彦大神の墳墓の近くに「道別大神の社」として社殿が造営されたのを創始とする。書物における初見は、天平20年(748年)6月17日の『大安寺伽藍縁起並流記資材帳』である。当社は一般に『延喜式神名帳』に記載される「椿大神社」として伊勢国一宮に比定されるが、同市一ノ宮町の都波岐神社を「椿大神社」とする説もある。

社伝によれば、猿田彦大神の末裔の行満大明神は修験道開祖であり、役行者を導いたとのことで、中世には修験神道の中心地となった。なお、現宮司は、行満大明神の末裔であるという。

明治4年(1871年)に郷社昭和2年(1927年)に県社に列格。昭和10年(1935年)、内務省神社局の調査により、全国約2千社の猿田彦大神を祀る神社の総本社「地祗猿田彦大本宮」とされた。しかし、それらの神社で当社と実際に関係があるものは少数である。一方で、「椿大明神」を祀る「椿神社」は全国各地に存在している。

昭和62年(1987年)、アメリカ合衆国カリフォルニア州にアメリカ椿神社(現・アメリカ椿大神社ワシントン州))を創建し、神道の普及活動を開始。

社宝に、吉備真備奉納と伝わる獅子頭があり、獅子舞発祥の社ともされる。

摂末社[編集]

別宮[編集]

別宮椿岸神社
  • 椿岸神社 - 祭神:天之鈿女命、太玉命、天之児屋根命
  • 奥の宮磐座 (高山入道ヶ嶽山頂) - 祭神:天照大神、瓊瓊杵尊、猿田彦大神
  • 小岸大神社 (鈴鹿市小岐須町) - 祭神:天之鈿女命、高御産巣日神
  • 愛宕神社 (四日市市水沢野田町) - 祭神:愛宕大権現
  • 石大神 (鈴鹿市小岐須町) - 祭神:天照大神

末社[編集]

境内末社
  • 高山土公神御陵 - 祭神:猿田彦大神、瓊瓊杵尊、栲幡千千姫命
  • 御船石座 - 祭神:猿田彦大神、瓊瓊杵尊、栲幡千千姫命
  • 多度社 - 祭神:天目一箇命
  • 護国社 - 祭神:護国の英霊
  • 松下幸之助社 - 祭神:松下幸之助命
境外末社
  • 椿一宮神社 (鈴鹿市椿一宮町) - 祭神:猿田彦大神
  • 神野神明社 (鈴鹿市山本町神野) - 祭神:天照大神、猿田彦大神

主な祭事[編集]


現地情報[編集]

所在地
交通アクセス

バス

関連項目[編集]

猿田彦大神を祀る神社

外部リンク[編集]