コノハナノサクヤビメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コノハナノサクヤビメが鎮まるとされる富士山

コノハナノサクヤビメ(ヒメ)は、日本神話に登場する女神。一般的には木花咲耶姫と記される。また『古事記』では木花之佐久夜毘売、『日本書紀』では木花開耶姫と表記する。コノハナサクヤビメコノハナサクヤヒメ、または単にサクヤビメと呼ばれることもある。『古事記』では神阿多都比売(カムアタツヒメ)、『日本書紀』では鹿葦津姫または葦津姫(カヤツヒメ)が本名で、コノハナノサクヤビメは別名としている。

天照大神(アマテラス)の孫であるニニギノミコト(瓊瓊杵尊、邇邇芸命)の妻。オオヤマツミ(大山積神、大山津見神、大山祇神)の娘で、姉にイワナガヒメ(石長比売、磐長姫)がいる。ニニギ(瓊瓊杵尊、邇邇芸命)の妻として、ホデリ(海幸彦)ホスセリホオリ(山幸彦)を生んだ。

神話の記述[編集]

日向に降臨した天照大神の孫・ニニギノミコトと、笠沙の岬(宮崎県・鹿児島県内に伝説地)で出逢い求婚される。父のオオヤマツミはそれを喜んで、姉のイワナガヒメと共に差し出したが、ニニギノミコトは醜いイワナガヒメを送り返し、美しいコノハナノサクヤビメとだけ結婚した。オオヤマツミはこれを怒り「私が娘二人を一緒に差し上げたのはイワナガヒメを妻にすれば天津神の御子(ニニギノミコト)の命は岩のように永遠のものとなり、コノハナノサクヤビメを妻にすれば木の花が咲くように繁栄するだろうと誓約を立てたからである。コノハナノサクヤビメだけと結婚すれば、天津神の御子の命は木の花のようにはかなくなるだろう」と告げた。それでその子孫の天皇の寿命も神々ほどは長くないのである(天孫降臨を参照)。

コノハナノサクヤビメは一夜で身篭るが、ニニギは国津神の子ではないかと疑った。疑いを晴らすため、誓約をして産屋に入り、「天津神であるニニギの本当の子なら何があっても無事に産めるはず」と、産屋に火を放ってその中でホデリ(もしくはホアカリ)・ホスセリ・ホオリ(山幸彦、山稜は宮崎市村角町の高屋神社)の三柱の子を産んだ(火中出産を参照)。ホオリの孫が初代天皇の神武天皇である。

主な神社[編集]

  • 富士山本宮浅間大社静岡県富士宮市)と、日本国内約1300社の浅間神社
    #信仰を参照
  • 子安神社三重県伊勢市
    伊勢神宮皇大神宮(内宮)所管社。
  • 都萬神社(宮崎県西都市)
    日向式内四座の一社。コノハナサクヤ姫は、甘酒を作ってお乳代わりに飲ませたともいわれ、境内に「日本酒発祥の碑」が立っている。
  • 木花神社(宮崎県宮崎市)
    コノハナ(木花)サクヤ姫の夫・ニニギノミコトの行宮の跡と伝えられる。三皇子生誕の産屋「無戸室」(うつむろ)の跡がある。
  • 霧島神宮鹿児島県霧島市
    天孫降臨の地として知られ、主祭神として夫・ニニギノミコトが祀られ、サクヤ姫は相殿に祀られる。
  • 高千穂神社(宮崎県西臼杵郡高千穂町
    もう一つの天孫降臨の地として知られる。サクヤ姫は「高千穂神」の1柱として夫・ニニギノミコト等とともに祀られている。
  • 新田神社(鹿児島県薩摩川内市
    サクヤ姫の夫・ニニギノミコトの御陵・可愛山陵がある神社で、サクヤ姫の陵墓と伝わる末社がある。

解説[編集]

コノハナノサクヤビメは木の花(の花とされる)が咲くように美しい女性の意味とするのが通説である。ただし類名に、コノハナチルヒメがあり、サクビメの「ヤ」を反語の助詞ととると意味に違いが生じる。

古事記における本名である神阿多都比売(カムアタツヒメ)の「阿多」は、薩摩国阿多郡阿多郷(現在の鹿児島県南さつま市金峰地区周辺)のことであるとされている。 なお、コノハナノサクヤビメを祭神とする富士山本宮浅間大社には、竹取物語とよく似た話がその縁起として伝わっている。

信仰[編集]

富士山を神体山としている富士山本宮浅間大社(静岡県富士宮市)と、配下の日本国内約1300社の浅間神社に祀られている。

火中出産の説話から火の神とされ、各地の山を統括する神である父のオオヤマツミから、火山である日本一の秀峰「富士山」を譲られた。祀られるようになり富士山に鎮座して東日本一帯を守護することになった。

ただし、浅間神社の総本山である富士山本宮浅間大社の社伝では、コノハナノサクヤビメは水の神であり、噴火を鎮めるために富士山に祀られたとしている。また、この説話から妻の守護神、安産の神、子育ての神とされており、コノハナノサクヤビメにちなんでの木をご神木としている。

富士山麓忍野八海の湧池はコノハナノサクヤビメにゆかりの池として、毎年行うコノハナノサクヤビメの祭りで神輿をこの池の水で洗い浄める。

さらに、ホオリらが産まれた時にオオヤマツミが狭名田(現在の鹿児島県霧島市)の茂穂をもって、今日の甘酒とされる天舐酒(アマノタムケザケ)を造ったとの説話があることから、オオヤマツミはサカトケノカミ(酒解神)、コノハナノサクヤビメはサカトケコノカミ(酒解子神)と呼ばれて、酒造の神ともされる。

浅間神社の他、安産や子育ての神として子安神社皇大神宮所管社、東京都八王子市など)に、酒解子神として梅宮大社京都府右京区)に、また、伊都国の中心とされる福岡県糸島市三雲の細石神社にも姉のイワナガヒメと共に祀られている。

別称[編集]

  • 木花開耶姫
  • 木華開耶姫
  • 木花之開耶姫
  • 木花之佐久夜毘売
  • 木花開耶媛命
  • 神阿多都比売
  • 神吾田津姫
  • 神吾田鹿葦津姫
  • 鹿葦津姫
  • 豊吾田津媛
  • 桜大刀自神

関連項目[編集]

外部リンク[編集]