興神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
興神社
拝殿
拝殿
所在地 長崎県壱岐市芦辺町湯岳興触676
位置 北緯33度46分11.3秒
東経129度43分54.2秒
主祭神 足仲彦命
息長足姫命
社格 式内社名神大論社
壱岐国一宮
村社
本殿の様式 一間社流造
札所等 壱岐国大七社
例祭 4月13日
テンプレートを表示

興神社(こうじんじゃ)は、長崎県壱岐市にある神社式内社名神大社論社壱岐国一宮で、旧社格村社

祭神[編集]

歴史[編集]

付近にはかつて壱岐国府があったと考えられており、社名の「興」は「国府(こふ、こう)」の意味とされる。国府の倉の鍵である「印鑰(いんにゃく)」を保管していたことから、近世には「印鑰神社」とも呼ばれていた。境内の壱岐総社神社は壱岐国の総社にあたる。

延宝4年(1676年)、神道家橘三喜が壱岐の式内社を調査した際に、当社を式内小社「與神社」に比定した。しかし、これは興と與(与)を見誤ったためと考えられており、近年の研究では、式内名神大社の「天手長男神社」が当社であり、壱岐国一宮であったとする説が有力となっている。延宝4年の調査の際に、天手長男神社は壱岐市内の郷ノ浦町田中触の若宮社に比定され、壱岐国一宮の称もその神社に移ったが(現 天手長男神社)、それ以降も当社を「一の宮」と呼ぶ通称は残った。

明治9年(1876年)12月に村社に列し、明治40年7月に神饌幣帛料供進神社に指定された。

現地情報[編集]

所在地

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 天手長男神社(國學院大學21世紀COEプログラム「神道・神社史料集成」)