新田神社 (薩摩川内市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新田神社
新田神社 勅使殿
勅使殿
所在地 鹿児島県薩摩川内市宮内町1935-2
位置 北緯31度49分39.58秒
東経130度17分33.62秒
座標: 北緯31度49分39.58秒 東経130度17分33.62秒
主祭神 天津日高彦火邇邇杵尊
天照皇大御神
正哉吾勝々速日天忍穂耳尊
社格 薩摩国一宮
国幣中社
別表神社
創建 不詳
本殿の様式 入母屋造
例祭 9月15日
主な神事 武射祭(1月7日
御田植祭(6月10日頃)
御神鏡清祭(7月28日
テンプレートを表示
参道の入り口
勅使殿
舞殿(左)と本殿(中央奥)

新田神社(にったじんじゃ/にいたじんじゃ[1])は、鹿児島県薩摩川内市宮内町にある神社。薩摩国一宮旧社格国幣中社で、現在は神社本庁別表神社

かつては八幡五所別宮の一つとして八幡神を祀っていた為、別に「新田八幡宮」・「八幡新田宮」・「川内八幡宮」・「一宮八幡」・「新田明神」等とも呼ばれる。

祭神[編集]

江戸時代までは応神天皇神功皇后武内宿禰八幡三神を祀っていた。

歴史[編集]

社伝によると「天津日高彦火邇邇杵尊」(ニニギノミコト)の墓を祀ったのが創始」とされるが、新田神社のことを書いた最も古い史料は永万元年(1165年)のもので、これには「貞観のころに再興」とあり、また「藤原純友の乱のときに国家鎮護を祈願し5か所建てた八幡宮の一つ」とする史料もある。『延喜式』に全く名前が見えないことから見て、当初の地位はかなり低いものだったと考えられている。

文治年間(1185年-1190年)、新田神社筆頭職の執印職に守護島津氏と祖を同じとする鹿児島郡司の惟宗康友が就き、康友の子孫が執印氏を名乗り(元弘3年(1333年)に後醍醐天皇が新田宮執印職の当知行を安堵)明治に至るまで、代々俗体で世襲することになる。

蒙古襲来(元寇)で、鎌倉幕府は各国の一宮と国分寺に蒙古調伏の祈祷を命じ、各国の守護に一宮への剣、神馬の奉納を命じた。薩摩国では枚聞神社と新田神社の間で一宮相論が起こっていたため、島津氏(忠宗)は、一宮の決定とは無関係としながらも 剣、神馬を新田神社(同族の執印氏側)に奉納する。これは事実上一宮は新田神社と認める行為で、一宮相論は決着し、古来から一宮であった枚聞神社から新田神社へと一宮が移ることになるが、最終決定がされておらず、薩摩国に一宮が二つ存在することになる。また、国分寺留守職、天満宮別当職に執印氏の分流の国分氏が就き、新田神社は薩摩国国分寺とも深い繋がりを持つ事になる。武神である八幡神を祀っていたことから、当地を支配していた島津氏に尊崇を受け、暦応4年(1341年)年記のある『島津家文書』に依ればこの新田神社が「薩摩国一宮」として挙げられている。

近代社格制度においては、当初無格社であったが明治18年(1885年)に枚聞神社より上の国幣中社に列した。

山陵[編集]

明治7年(1874年)7月10日、明治天皇の裁可を経て可愛山陵(えのやまのみささぎ)が「邇邇芸尊陵」の指定を受け、大正3年(1914年)に宮内省直轄となった。新田神社のある神亀山の5分の4が陵墓の領域で、現在は宮内庁書陵部桃山監区可愛部事務所が置かれ、内閣府事務官が陵墓守部として管理している。陵墓と神社が一体となっているのは全国でも珍しい形態である。

大正9年(1920年)3月30日・昭和天皇(当時の皇太子)参拝、昭和37年(1962年今上天皇(当時の皇太子)及び皇后美智子(当時の皇太子妃)参拝、など皇族の参拝は9回にも及んでいる。

摂末社[編集]

御陵社[編集]

  • 可愛陵社(えのみささぎしゃ)
    • 祭神:邇邇杵尊
    明治7年の可愛山陵指定によって創建され新田神社の境内社となったが、大正3年に宮内省の管轄に移管される。
  • 端陵神社(はしのみささぎじんじゃ)
    神亀山の頭部部分に鎮座。邇邇杵尊の妃神の御陵と伝わるため、「御前様陵(ごぜんさまのみささぎ)」とも呼ばれる。
  • 中陵神社(なかのみささぎじんじゃ)
    神亀山の首部分に鎮座。
  • 川合陵神社(かわあいのみささぎじんじゃ)
    • 祭神:天火明命(邇邇杵尊の兄弟神、もしくは皇子神)
    神亀山ではなく五代町に鎮座。御陵殿(みささぎどん)とも称された。

摂社[編集]

境内末社[編集]

  • 二十四社(にじゅうししゃ)
    武内宮の向かって左側に鎮座。
  • 興玉神社(おきたまじんじゃ)
    西廻廊向かって左側に鎮座。かつては若宮四所宮、武内社に次いで尊重され、大王社(太玉社)とも称された。
  • 高良神社(こうらじんじゃ)
    • 祭神:天鈿女命
    神亀山中腹に鎮座。高良社、猴等神社とも称する。
  • 中央神社(ちゅうおうじんじゃ)
    神亀山中腹に鎮座。中王社とも。神亀山の地主神と伝わる。
  • 早風神社(はやかぜじんじゃ)
    神亀山中腹に鎮座。早風社とも。
  • 東門守神社(ひがしかどもりじんじゃ)
    神亀山石段入口の向かって右側に鎮座。殿門守護の神で、往古は東善神王と称された。
  • 西門守神社(にしかどもりじんじゃ)
    神亀山石段入口の向かって左側に鎮座。殿門守護の神で、往古は西善神王と称された。。
  • 保食神社(うけもちじんじゃ)
    神亀山麓に鎮座。田の神と同一視され、現在でも農耕儀礼の神事が行われる。
  • 稲荷神社(いなりじんじゃ)
    昭和初期に近隣工場の守護神として創建され、後に工場閉鎖に伴って神社境内へ遷座。

※廃絶した境内末社

  • 彼岸社(ひがんしゃ)
    かつては社僧の読経修行の場であったが、幕末期に廃社となった。
  • 荒神社(こうじんじゃ)
    現在の可愛山陵内に鎮座していたが、創建年代・廃社年代ともに不明。

境外末社[編集]

  • 大己貴神社(おおなむぢじんじゃ)
    汰宮(すべりのみや)とも称す。往古は薩摩総社の役割を果たしたと伝わる。
  • 九樓神社(くろうじんじゃ)
    隣接する守公神社とともに「九樓守公神社」とも称される。
  • 守公神社(しゅこうじんじゃ)
    薩摩国総社と伝わる神社で、隣接する九樓神社とともに「九樓守公神社」とも称される。
  • 武内神社(たけうちじんじゃ)
    • 祭神:彦太忍信命
    かつての宮内麓(郷士の居住地)に鎮座。
  • 大将軍神社(だいしょうぐんじんじゃ)
    五代町に鎮座。室町後期の創建と伝わり、大将軍宮とも称される。
  • 八尾神社(やつのおじんじゃ)
    小倉町に鎮座。八王明神とも称される。鏡山神社(祭神・八咫鏡)を合祀。
  • 船間島神社(ふなまじまじんじゃ)
    • 祭神:御伴神(十郎大夫)
    船間島に鎮座。海神宮とも称される。祭神の十郎大夫は御伴神の1柱で、この地で病死した神であるといわれる。

※廃絶した境外末社

  • 鏡山神社(かがみやまじんじゃ)
    • 祭神:八咫鏡
    かつて小倉町に鎮座。伝承では邇邇杵尊が当地の国津神の抵抗にあった際に、八咫鏡を隠した場所と伝わる。後に八尾神社に合祀。

主な行事[編集]

  • 武射祭 (1月7日)
  • 早馬祭 (春分の日)
  • 御田植祭 (入梅の日[6月10日頃]) - 倉野地区及び宮内地区の住民による「奴踊り」がある。(県無形文化財)
  • 御神鏡清祭 (7月28日)
  • 御宝物虫干祭 (8月7日)
  • 例祭 (9月15日)
  • 御通夜祭 (10月最終土曜日)

所蔵文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 花鳥文様鏡 - 永仁二年三月十八日左衛門尉友俊施入の銘あり、国分氏寄進
  • 秋草蝶鳥鏡
  • 柏樹鷹狩鏡
  • 新田神社文書 9巻1枚
新田宮縁起(1巻)、執印氏関係文書(7巻)、権執印家文書(1巻)、秀吉九州平定時の制札(1枚)

鹿児島県指定有形文化財[編集]

  • 社殿(本殿、拝殿、舞殿、勅使殿、両脇摂社) - 本殿は嘉永3年(1850年)建立。仏教建築の形式に類似している[2]

現地情報[編集]

交通アクセス

脚注[編集]

  1. ^ 『神道大辞典』(臨川書店)
  2. ^ 新田神社(鹿児島県教育委員会)

関連図書[編集]

  • 安津素彦・梅田義彦編集兼監修者『神道辞典』神社新報社、1968年、44頁
  • 白井永二・土岐昌訓編集『神社辞典』東京堂出版、1979年、264-265頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]