住吉大社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
住吉大社
Sumiyoshi-taisya seimon.jpg
鳥居 正面
所在地 大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89
位置 北緯34度36分44.80秒
東経135度29分34.75秒
座標: 北緯34度36分44.80秒 東経135度29分34.75秒
主祭神 住吉大神
底筒男命中筒男命表筒男命息長足姫命の総称)
社格 式内社名神大
摂津国一宮
二十二社(中七社)
官幣大社
別表神社
創建 (伝)神功皇后11年
本殿の様式 住吉造
札所等 神仏霊場巡拝の道42番(大阪1番)
なにわ七幸めぐり
例祭 7月31日住吉祭
主な神事 踏歌神事(1月4日
正印殿祭(4月6日
卯之葉神事(5月初卯日)
御田植神事(6月14日) ほか
地図
住吉大社の位置(大阪府内)
住吉大社
住吉大社
テンプレートを表示

住吉大社(すみよしたいしゃ)は、大阪府大阪市住吉区住吉にある神社式内社名神大社)、摂津国一宮二十二社(中七社)の一社。旧社格官幣大社で、現在は神社本庁別表神社

全国に約2,300社ある住吉神社の総本社であるほか、下関の住吉神社、博多の住吉神社とともに「日本三大住吉」の一社。また毎年初詣の参拝者の多さでも全国的に有名である。

別称として「住吉大神宮(すみよしのおおがみのみや)」ともいい、当社で授与される神札には「住吉大神宮」と書かれている。また、地元では「すみよしさん」または「すみよっさん[1]」と呼ばれる。

祭神[編集]

主祭神は以下の4柱で、住吉大神と総称され海の神として信仰される。底筒男命、中筒男命、表筒男命は合わせて「住吉三神」と呼ばれる。

  • 第一本宮:底筒男命 (そこつつのをのみこと)
  • 第二本宮:中筒男命 (なかつつのをのみこと)
  • 第三本宮:表筒男命 (うはつつのをのみこと)
  • 第四本宮:息長足姫命 (おきながたらしひめのみこと) - 神功皇后 (じんぐうこうごう)に同じ。

境内の奥から第一・第二・第三本宮が縦(東西)に並び、第三本宮の向かって右(南)に第四本宮がある。

歴史[編集]

創建[編集]

仲哀天皇9年(西暦200年)、神功皇后が三韓征伐より七道の浜(現在の大阪府堺市堺区七道、南海本線七道駅一帯)に帰還した時、神功皇后への神託により天火明命の流れを汲む一族で摂津国住吉郡の豪族の田裳見宿禰が、住吉三神を祀ったのに始まる。その後、神功皇后も祭られる。応神天皇の頃からの大社の歴代宮司の津守氏は、田裳見宿禰の子の津守豊吾団(つもりのとよあだ、つもりのとよのごだん)を祖とする。

概史[編集]

古代[編集]

当社は古代大和王権の外交・航海に関連した神社で、遣隋使遣唐使の守護神であり、津守氏は遣唐神主として遣唐使船に乗船した。遣隋使・遣唐使は、大社南部の細江川(通称 細井川。古代の住吉の細江)にあった仁徳天皇が開いたとされる住吉津(「墨江ノ津」「住之江津」すみのえのつ)から出発する。住吉津は、上代奈良時代平安時代初期)は、シルクロード[2] につながる主な国際港でもあった。

延喜式神名帳』には「住吉坐神社 四座」と記載され、名神大社に列し、月次・新嘗・相嘗の幣帛に預ると記されている。神階は、嘉祥4年(851年)に最高位の正一位となった。

社前は今は完全な市中だが、江戸時代までは境内馬場(現在の住吉公園)は海に面し、白砂青松の風光明媚の代表地とされ、その風景の絵模様は「住吉模様」と呼ばれた。また紫式部源氏物語』には明石の君に関連した重要な舞台として描かれている。また『一寸法師』は子宝に恵まれなかった初老の夫婦が住吉大社に参り、子供を出産し、その子供が住吉津から細江川を下って大阪湾に出、淀川をのぼり、京都へ向う話である。

中世[編集]

清和源氏武士団を最初に形成した源満仲は、摂津であった天禄元年(970年)に住吉大社に参籠し、住吉大神の神託により摂津国多田(兵庫県川西市多田)を源氏の本拠地としている。宮司の津守氏は神官であると共に一族は武士も輩出しており、源満仲の三男で河内国壺井(大阪府羽曳野市壺井)を本拠地とした源頼信を祖とする河内源氏とは源為義の頃には婚族の関係にあった。河内源氏の後裔で鎌倉幕府を開いた源頼朝建久6年(1195年3月上洛の際、住吉大社に多数の御家人を集め流鏑馬を行っている。

元寇の際は、社前の住吉の浜(住之江の浜)において海神の住吉大神に蒙古撃退の「浜祈祷」が行われた。鎌倉時代末期には幕府の公認で住吉社造営費用獲得のため、へ交易船が派遣された(寺社造営料唐船)が、帰国時には幕府は滅亡しており、後醍醐天皇の綸旨をもって住吉社造営費にあてられている。

南北朝時代は、宮司の津守氏の館の住之江殿(正印殿)に南朝後村上天皇行宮が置かれ、約十年間南朝方の御座所となり、南朝の主要拠点の一つになる。次の長慶天皇は住吉で即位。また瀬戸内海水軍系武士には住吉神を奉じる者も多く、南朝方の瀬戸内連絡網の根拠となった。

南朝方であったことから足利時代は、幕府からの制圧を受け、社領も大幅に削減され、現在の境内地と馬場(現:住吉公園)の規模とされる。

明応2年(1493年)の明応の政変においては畠山尚順の家臣である遊佐某と当時の住吉大社の神主であった津守国則が婚姻関係にあった事から、尚順の潜伏先であることを疑われ、細川政元の家臣である上原元秀に社殿を放火され、津守国則も一時的に社を離れなければならなくなるという憂き目に遭ったが、元秀の死の際には帰参を許され復帰した。

式年遷宮[編集]

住吉大社は、式年遷宮の伝統を維持している。ただし、伊勢神宮のように全面的な改築を行う式年遷宮は1810年を最後に行われず、神体を仮殿に移しての大規模な修理を行う。現在は30年おきの遷宮である。


境内[編集]

第一本宮の本殿前の幣殿(重要文化財)
第三本宮(左)・第四本宮(右)の本殿前の幣殿(重要文化財)
第三本宮・第四本宮の本殿の背面(国宝)

本殿は住吉造で4棟が並び、いずれも国宝に指定されている。住吉造の社殿は、切妻造、妻入とし、屋根は反りがなく直線的で、屋根上には千木鰹木(かつおぎ)が乗り、内部は手前と奥の2室に区切る点などが特色である。なお、4つの本殿全てで鰹木の数は5本であるが、千木は男神である住吉三神を祀る第一本宮から第三本宮は外削ぎ(先端を地面に対して垂直に削る)に、女神である神功皇后を祀る第四本宮は内削ぎ(水平に削る)にしている。住吉大社の本殿は4棟とも檜皮葺きで、柱などの軸部と垂木、破風板を朱塗り、壁を白(胡粉)塗りとする。社殿周囲に縁を設けない点も特色である。各社殿は西を正面とし、第一・第二・第三本宮は奥(東)から手前(西)へ縦方向に並び、第四本宮は第三本宮の向かって右(南)に建つ。現存の本殿は江戸時代末期の文化7年(1810年)の建立であるが、建築形式は千木の形式などを除き古式を踏襲している。各本殿の手前には切妻造、平入の幣殿及び渡殿が接続して建つ[3]

石舞台は重要文化財に指定されており、「日本三舞台」の1つに数えられる[4]。卯の葉神事の時には雅楽が演じられる。なお、雅楽が演奏される回廊は豊臣秀頼の寄進である。反橋(太鼓橋)は、慶長年間淀殿が寄進したもの。

  • 誕生石 - 薩摩藩祖・島津忠久の誕生したといわれる場所。
  • 吉祥殿
  • 住吉武道館
  • 卯の花苑
  • 住吉文華館
  • 御文庫
  • 神馬舎
  • 五所御前
  • 神館
  • 斎館
  • 五月殿
関連史跡
宿院頓宮
住吉大社宮司の津守氏住之江殿(正印殿)にあり、南北朝時代後醍醐天皇の子の後村上天皇の約10年間の御座所(行宮)であり、次の長慶天皇はここで即位。
  • 浜祈祷の碑
元寇の時にモンゴル撃退の浜祈祷を住吉の浜でしたことを伝える碑。[要出典]
大阪府堺市堺区にある、住吉大社と大鳥大社の御旅所。8月1日に住吉大社から神輿の渡御が行われ、境内にある飯匙堀で「荒和大祓神事」が行われる。
  • 住吉高燈籠
現存する日本最古の灯台で1794年以前の鎌倉時代創建とされる。1950年ジェーン台風で木造の上部が破壊された。現在の高燈籠は、石垣の基壇を移動し鉄筋コンクリート造で復元したもので、住吉公園近くの国道26号線に面したところにある。燈籠内部は資料館となっている。燈籠に登ることもできる。

摂末社[編集]

摂社[編集]

末社[編集]

境内社
境外社
  • 大歳社(おおとししゃ。大年神
  • 淺澤神社(あさざわじんじゃ。市杵島姫命
  • 港住吉神社(底筒男命・中筒男命・表筒男命・神功皇后)
  • 波除住吉神社(底筒男命・中筒男命・表筒男命・息長足姫命)

その他[編集]

  • おいとしぼし社
お愛し星(おいとしほし)、老年星(おいとしほし)ともいう。由来は不詳で、金龍または龍神とも、隕石を願い事の守護神として祭り始めたものとも云われている。
  • 楠高社
  • 海龍社
  • 御滝社
  • 姫松稲荷社
  • 吉松稲荷社
  • 結乃神社
  • 神馬塚
  • 神宮遥拝所

主な祭事[編集]

文化財[編集]

第三本宮の本殿(国宝)
第二本宮の幣殿(重要文化財)。後方にある朱塗の柱の建物が住吉造の本殿

国宝[編集]

  • 住吉大社本殿 4棟(第一殿より第四殿)附:瑞垣及び門

重要文化財(国指定)[編集]

  • 住吉大社 13棟(附:住吉松葉大記 19冊)
    • 幣殿及び渡殿(第一殿より第四殿)4棟
    • 南門
    • 東楽所
    • 西楽所
    • 石舞台
    • 南高蔵
    • 北高蔵
    • 摂社大海神社幣殿及び渡殿
    • 摂社大海神社西門
    • 末社招魂社本殿(旧護摩堂)
  • 住吉大社摂社大海神社本殿
  • 木造舞楽面 9面(綾切4、抜頭、貴徳番子、皇仁庭、秦王、納曽利)
  • 太刀 銘守家
  • 刀 銘小野繁慶 奉納接州住吉大明神御宝前
  • 住吉大社神代記

重要無形民俗文化財(国指定)[編集]

選択無形民俗文化財(国選択)[編集]

史跡(国指定)[編集]

関係のある人物[編集]

江戸期俳人である松尾芭蕉は、元禄7年(1694年)の9月13日に当社を参詣、その折に次のようなを詠んでいる。
升買うて分別かはる月見かな
平安-鎌倉期の歌人たる藤原俊成は、嘉応2年(1170年)に当社の秋の歌合(うたあわせ)に参加。後年には歌の道の究めのために17日間を当社に籠ることになった。[5]
大阪を舞台にした短編「反橋」の一節を刻み込んだ文学碑がある。

現地情報[編集]

所在地
交通アクセス
    • 駐車場:有り

脚注[編集]

  1. ^ 住吉大社の公式サイト(2012年12月8日閲覧)でも「新春は『すみよっさん』から」と書いている。
  2. ^ 最終地点は奈良東大寺、『正倉院』と、捉えると妥当である。
  3. ^ 『週刊朝日百科 日本の国宝』33号(朝日新聞社、1997)、pp.3 - 68 - 3 - 70
  4. ^ 他の舞台は、四天王寺の石舞台、厳島神社の平舞台。
  5. ^ 『全国一の宮めぐり―ビジュアル神社総覧』 〔ISBN 4056032726〕 P.108 - 日本アート・センター

参考文献[編集]

  • 住吉大社編『住吉大社 改訂版』(学生社、平成14年) - 歴史と行事・伝承を紹介した公式の案内本
  • 真弓常忠編『住吉大社事典』(国書刊行会、平成21年3月) - 編者は宮司(平成14年11月就任)
  • 『住吉大社 日本の古社』(岡野弘彦文、三好和義写真、淡交社、平成16年)
  • 『住吉大社の祭事記 登野城弘写真集』(東方出版、平成13年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]