服部緑地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

服部緑地(はっとりりょくち)は、大阪府豊中市服部緑地・寺内および吹田市江坂町に位置する緑地

正式名称は「大阪府営服部緑地」で、大阪府を代表する緑地の一つ。

概要[編集]

1941年(昭和16年)の防空緑地計画に由来する大阪四大緑地(服部・鶴見久宝寺大泉)のひとつ。

財団法人大阪府公園協会が管理を行っている。面積は約126.3ヘクタールで、甲子園球場33個分(東京ドームなら27個分)という広大な敷地を有する。

緑地内には緑豊かな自然のほか、「山ヶ池」など10以上の池や遊具が点在しており、春から秋にかけては花見などの行楽客で賑わう。

園内のほぼ全域が風致地区に指定されており、日本の都市公園100選日本の歴史公園100選にも選出されている。

入園は無料だが、公園内部にある日本民家集落博物館など一部の施設と、駐車場は有料である。駐車場は4か所設けられているが、多客期には敷地内に臨時の駐車スペースが増設されることがある。

歴史[編集]

  • 1928年昭和3年) 大阪府が竹林、溜池の点在していた土地を買収し、服部公園を計画したが事業化に至らず中止。
  • 1941年(昭和16年) 防空緑地として緑地整備開始。
  • 1945年(昭和20年) 敗戦により整備中断。
  • 1949年(昭和24年) 整備再開。
  • 1950年(昭和25年)から1955年(昭和30年)までは競輪場(豊中競輪場)が設置されていた。しかし立地的問題から廃止され、その跡地は陸上競技場に。
  • 1983年(昭和58年)9-10月 第一回全国都市緑化フェアが当公園で開催。皇太子明仁親王行啓(10月7日)。
  • 1992年平成4年)4月23日 皇太子徳仁親王、音楽の森などに行啓。

主な施設[編集]

周辺[編集]

交通アクセス[編集]

緑地の東端まで約200m。駅名にある「緑地」はこの服部緑地を指しており、その名の通り鉄道における玄関口となっている。
阪急宝塚線豊中駅・4番のりばから64系統(平日)・91系統(土曜日・休日)に乗車。土曜日・休日は本数が少ないため、注意が必要。
阪急宝塚線には、豊中駅の他に服部天神駅があり、最寄駅と誤解されることがある。
実際には隣接する曽根駅の方がわずかに緑地の中心部に近いが、それでも約1.5kmの距離がある。
かつては阪急バスが曽根駅と緑地の西端(服部緑地停留所)を結ぶ路線(40系統)を運行していたが廃止され、現在の連絡手段は基本的に徒歩のみとなっている。
なお、服部緑地停留所があった場所には、現在もロータリーバスベイの痕跡が残っている。

大阪四大緑地[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度46分35.53秒 東経135度29分5.87秒 / 北緯34.7765361度 東経135.4849639度 / 34.7765361; 135.4849639