天香久山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天香久山
天香久山
山の南側より
標高 152.4 m
所在地 奈良県橿原市南浦町
位置 北緯34度29分45秒
東経135度49分06秒
山系 龍門山塊
テンプレートを表示

天香久山天香具山(あまのかぐやま、あめのかぐやま)、または香久山香具山(かぐやま)は、奈良県橿原市にある山。畝傍山耳成山とともに大和三山と呼ばれる。標高は152.4メートルと三山の中では標高は2番目である。他の二山が単独峰であることに比して多武峰から続く竜門山地の端にあたる[1]

歴史的風土特別保存地区[2]と国の名勝に指定されている。

概要[編集]

天香久山周辺の空中写真。1985年撮影の2枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

太古の時代には多武峰から続く山裾の部分にあたり、その後の浸食作用で失われなかった残り部分といわれている。山というよりは小高い丘の印象であるが、古代から「天」という尊称が付くほど三山のうち最も神聖視された。天から山が2つに分かれて落ち、1つが伊予国(愛媛県)「天山(あめやま)」となり1つが大和国「天加具山」になったと『伊予国風土記』逸文に記されている[3]

藤原京の東にあることにより太陽信仰の地であったともいわれる[4]。現在、山頂からは畝傍山を望むことができ[1]、その山頂には國常立命を祭神とする國常立(くにとこたち)神社があって、2つの小さな祠のうちの1つには高靇神が祀られている。山の北麓には櫛真智命神(くしまちのみことのかみ)を祭神とする天香山(あまのかぐやま)神社[5]、南麓には天照大神岩戸隠れの伝承地とされる岩穴や巨石を神体とした天岩戸(あまのいわと)神社がある[6]。また東側には県立「万葉の森」が造られ[7]、山の南東部には香久山公園(44,084平方メートル)が整備されている。

「天」を含む「山」と「山」、および「天」を含まない「香山」と「香山」の各表記があるが、国土地理院地図では「天香久山」としており[8]、本記事ではこれに従う。名勝としては「香具山」である。橿原市では地区の名称を「香久山」としており、北北東約2キロメートルに位置する西日本旅客鉄道桜井線にある駅も香久山駅である[9]。なお、近鉄大阪線耳成駅も天香久山の北側約2キロメートルに位置する。

古来万葉集などで歌われてきた。万葉集には単独で9首詠まれている。

「大和には 群山あれど とりよろふ 天の香具山 登り立ち 国見をすれば 国原は 煙り立ち立つ 海原は かまめ立ち立つ うまし国ぞ あきづ島 大和の国は」 (巻1-2)
原文「山常庭村山有等取與呂布天乃香具山騰立國見乎為者國原波煙立龍海原波加萬目立多都怜𪫧[10]國曽蜻嶋八間跡能國者」
「香具山は 畝傍ををしと 耳梨と 相争ひき 神代より かくにあるらし 古(いにしへ)も 然(しか)にあれこそ うつせみも 妻をあらそふらしき」 (巻1-13)
原文「高山波雲根火雄男志等耳梨與相諍競伎神代従如此尓有良之古昔母然尓有許曽虚蝉毛嬬乎相挌良思吉」
「春過ぎて 夏来たるらし 白たへの 衣干したり 天香具山」 (巻1-28)
「わすれ草 わが紐に付く 香具山の 故(ふ)りにし里を 忘れむがため」 (巻3-334)
  • 作者不詳
「いにしへの 事は知らぬを われ見ても 久しくなりぬ 天の香具山」 (巻7-1096)
「久方の 天の香具山 このゆふべ 霞たなびく 春立つらしも」 (巻10-1812)

膳(かしわで)氏の本拠地にして、聖徳太子妃、膳大郎女(かしわでのおおいらつめ)の生家である。山の北の地名は膳夫町(かしわてちょう)である。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『奈良県の歴史散歩 下 奈良南部』 奈良県高等学校教科等研究会歴史部会、山川出版社〈歴史散歩 29〉、2007年ISBN 978-4-634-24829-8

関連項目[編集]

外部リンク[編集]