住吉東駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
住吉東駅*
プラットホーム(2011年5月)高野山方面1番線(左)・難波方面4番線(右)
プラットホーム(2011年5月)
高野山方面1番線(左)・難波方面4番線(右)
すみよしひがし - SUMIYOSHIHIGASHI
帝塚山 (0.9km)
(0.9km) 沢ノ町
所在地 大阪市住吉区住吉一丁目
駅番号 NK52
所属事業者 南海電気鉄道
所属路線 高野線
キロ程 6.6km(汐見橋起点)
難波から5.9km
駅構造 地上駅
ホーム 相対式 2面2線(ほか通過線2線)
乗降人員
-統計年度-
6,514人/日
-2012年-
開業年月日 1900年明治33年)9月3日
乗換 阪堺電気軌道上町線神ノ木停留場
備考 *当初は住吉駅を名乗っていた

住吉東駅(すみよしひがしえき)は、大阪市住吉区住吉一丁目にある、南海電気鉄道高野線

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームの間に通過線2本を持つ、待避設備を備えた地平駅である。なお、駅の前後がカーブしている為、通過列車にも時速70キロの速度制限がある[要出典]

朝夕ラッシュ時は特急、急行、区間急行、準急行の通過待ちに、データイムは和泉中央行きの準急行通過待ちに使用している。高野山方には渡り線がある。通過線がある関係で、高野山方面行ホームが1番線、難波方面行ホームが4番線となっている。改札はホームごとに独立しているため、入場後のホーム同士の移動はできない。

駅構内改造[編集]

かつては4番ホーム裏手に数本の側線と貨物ホームがあったが、年に数日程度しか保線車両が入線しないので、まず2006年3月頃に機回り線部分が撤去された。その後、バリアフリー化の一環として2006年12月にユニバーサルトイレ設置工事が行われ、同時に男女別としたが、この際に機回り線撤去部分が一時的に資材置き場に使われた。のちに、2008年6月頃に4番ホームに面していた部分と道路に隣接していた線路が、2008年8月頃に貨物ホームが撤去された。その結果、側線は難波寄りにある踏切から約60m分とかつてのポイント部を残すのみとなった。撤去工事が終了後、4番ホームの柵設置部分に壁が設置された。上屋部分は一部に作り付けの椅子を設置した。

跡地は4つに区切られ、北から2つ目の区画は存置された倉庫への搬入口に、一番南の区画は約140台が収容できる駐輪場になった。なお、この駐輪場新設に伴ってすぐそばにあった市営の駐輪場は廃止・撤去された(ただし、窓口は残存)。市営駐輪場撤去跡も含めた残りの区画は、2010年8月ごろから住宅の建設が始まった。

のりば
1 高野線(下り) 高野山方面
4 高野線(上り) なんば方面

前述の通り、2・3番線はホームのない通過線のため、ホームとしては欠番である。

利用状況[編集]

2012年度の一日平均乗降人員は6,514人[1]で、南海の駅(100駅)では42位[1]、高野線(難波-極楽橋間の42駅)では22位[1]である。

各年度の1日平均乗降人員数は下表のとおり。

年度 乗降人員 順位 出典
2000年(平成12年) 7,647 - [2]
2001年(平成13年) 7,439 - [3]
2002年(平成14年) 7,360 - [4]
2003年(平成15年) 7,239 - [5]
2004年(平成16年) 7,015 42位 [6]
2005年(平成17年) 6,990 - [7]
2006年(平成18年) 6,930 - [8]
2007年(平成19年) 6,933 - [9]
2008年(平成20年) 6,869 - [10]
2009年(平成21年) 6,676 - [11]
2010年(平成22年) 6,644 - [12]
2011年(平成23年) 6,583 42位 [1]

駅周辺[編集]

住吉大社は駅西方。駅西方には熊野街道が走り、高野線を挟んだ駅東方には市営住吉住宅が立ち並んでいる。また、駅の北には阪堺電気軌道上町線神ノ木停留場がある。

歴史[編集]

  • 1900年明治33年)
    • 9月3日 - 高野鉄道の道頓堀(現・汐見橋) - 大小路(現・堺東)間延伸時に住吉駅として開業。
    • 9月11日 - 住吉東駅に改称の旨届出があったと官報に掲載[13]
  • 1907年(明治40年)11月15日 - 会社合併により高野登山鉄道の駅となる。
  • 1915年大正4年)4月30日 - 社名変更により大阪高野鉄道の駅となる。
  • 1922年(大正11年)9月6日 - 会社合併により南海鉄道の駅となる。
  • 1944年昭和19年)6月1日 - 会社合併により近畿日本鉄道の駅となる。
  • 1947年(昭和22年)6月1日 - 路線譲渡により南海電気鉄道の駅となる。
  • 1968年(昭和43年) - 急行停車駅から、各駅停車のみの停車駅に降格。
  • 1970年(昭和45年)11月23日 - 汐見橋線折り返し列車の発着廃止。

現在は各駅停車しか止まらないが、1968年以前は急行が停車していた(現在の急行が「快速急行」と称された時代。現在の快速急行とは全く別の列車)。かつては貨物ヤードがあり、天王寺支線方面から当駅に入線して積み替えた後、木津川駅汐見橋駅などに輸送されていた。

また、1970年11月22日までは汐見橋線の列車が当駅まで来ており、これは、岸ノ里(現・岸里玉出駅)に高野線難波発着列車用のホームが無かったための措置である。同年11月23日、岸ノ里駅に高野線難波発着列車用ホームが開設されたことに伴い、汐見橋線折り返し列車の発着が岸ノ里駅に変更された。

当駅南側(駅舎付近)に地下道があるのは昔、踏切死亡事故が発生したからという。現在も中百舌鳥付近とともに、人身事故の起こりやすい駅である。[要出典]

隣の駅[編集]

南海電気鉄道
高野線
快速急行・急行・区間急行・準急行
通過
各駅停車
帝塚山駅 - 住吉東駅 - 沢ノ町駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 高野線・乗降人員 - 南海アド
  2. ^ 大阪府統計年鑑(平成13年) (PDF)
  3. ^ 大阪府統計年鑑(平成14年) (PDF)
  4. ^ 大阪府統計年鑑(平成15年) (PDF)
  5. ^ 大阪府統計年鑑(平成16年) (PDF)
  6. ^ 大阪府統計年鑑(平成17年) (PDF)
  7. ^ 大阪府統計年鑑(平成18年) (PDF)
  8. ^ 大阪府統計年鑑(平成19年) (PDF)
  9. ^ 大阪府統計年鑑(平成20年) (PDF)
  10. ^ 大阪府統計年鑑(平成21年) (PDF)
  11. ^ 大阪府統計年鑑(平成22年) (PDF)
  12. ^ 大阪府統計年鑑(平成23年) (PDF)
  13. ^ 「停車場改称」『官報』1900年9月11日(国立国会図書館デジタル化資料)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]