行宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

行宮(あんぐう(かりみや))とは、皇帝もしくは天皇の、行幸時あるいは、政変などの理由で御所を失陥しているなどといった場合、一時的な宮殿として建設あるいは使用された施設の事を言われる。他に行在所(あんざいしょ)、御座所(ござしょ)、頓宮(とんぐう)とも。

日本の行宮の初出は、神武天皇が東征(神武東征)のとき、吉備国に行宮を建ててこれに居たというものである。すなわち高島宮である。

また、神社によっては行宮を持つものもある。

日本の行宮[編集]

行宮の一例(住吉行宮
行宮の一例(若松行宮

など。

神社における行宮[編集]

など。

日本以外の行宮[編集]

[編集]

など。

関連項目[編集]