住吉造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
住吉造(住吉大社第三本宮本殿・国宝)
住吉大社本殿立面図(服部勝吉による)

住吉造(すみよしづくり)は、日本神社建築形式の1つである。

概要[編集]

住吉大社に代表される住吉造の特徴として、破風は古式の直線形であり、大嘗祭の際に造られる建物と似ていることが指摘されている。伊勢神宮に代表される神明造出雲大社に代表される大社造と共に、神社建築の最古の様式とされる。

建築形式[編集]

住吉造 平面図

回縁と御心柱はなく、内部は内陣・外陣に区切られる。間口は2間、奥行は4間(内陣・外陣各2間)の長方形である。

切妻造妻入であり、破風や垂木には反りがなく、直線的な外観となる。

屋根[編集]

茅葺柿葺檜皮葺など幅広い。 住吉大社の破風は直線形、妻飾りは交叉合掌型となっている。

[編集]

間口は2間、奥行4間とするが、中央の御心柱と正面中央の柱がない。

[編集]

正面中央の1か所に観音開きの扉による開口部が設けられる。

[編集]

大社造や神明造に比べて、床は低い。