岸和田城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
logo
岸和田城
大阪府
Kishiwada Castle Kishiwada Osaka pref Japan04s3.jpg
別名 岸ノ和田城、滕城、蟄亀利城、千亀利城
城郭構造 輪郭式平城
天守構造 複合式層塔型5重5階(1619年改)
現在:復興天守(1954年再)
築城主 信濃泰義か
築城年 応永年間(1394年-1428年
主な改修者 三好義賢小出秀政岡部宣勝
主な城主 小出氏岡部氏
廃城年 明治4年(1871年
遺構 石垣、堀
指定文化財 大阪府史跡
再建造物 復興天守、櫓・門
位置 北緯34度27分31.74秒
東経135度22分14.81秒
座標: 北緯34度27分31.74秒 東経135度22分14.81秒
岸和田城の城郭部分/昭和60年度のカラー空中写真

岸和田城(きしわだじょう)は、大阪府岸和田市岸城町にあったである。別名千亀利城(ちきりじょう)。江戸時代には岸和田藩の藩庁が置かれた。庭園は国の名勝、城跡は大阪府の史跡に指定されている。

概要[編集]

建武元年(1334年)前後に、和田高家が現在の岸和田城跡から約500m東(野田町1丁目周辺)に岸和田古城を築城。「岸の城」とも言われた。その後『日本城郭大系』によると信濃泰義によって現在地に移築されたとしている。

羽柴秀吉紀州征伐の拠点として再築城され、その急ごしらえで造られていたものを、小出秀政が5重天守を上げる本格的な構えとした。松平康重の代に総構えと城下が整備され、岡部宣勝の頃、城の東側に2重、西側に1重の外堀と寺町が増築されている。文政10年(1827年)に天守を焼失。以降再建されないまま、明治4年(1871年)に廃城とされ、まもなく破却された。

岸和田城は猪伏山(いぶせやま)と呼ばれた小高い丘の上にあり、本丸二の丸を合せた形が、の縦糸を巻く器具「縢」(ちきり)に似ていることから蟄亀利城(後に千亀利城)と呼ばれるようになった。城内にある岸城神社は千亀利と「契り」とをかけて、縁結びの神社として知られている。桜の季節は花見名所となる。

沿革[編集]

和泉国守護であった楠木正成が甥の和田高家を岸和田に派遣して岸和田古城を築かせた。「岸」と呼ばれていた当地に和田氏が城を築いたことによって「岸の和田」と呼ばれ、「岸和田」へ変化したと言われている。岸和田古城(岸の城)がいつごろから現在の岸和田城に移ったのか明確でない。守護が楠木正成から山名氏清に代わり、和田氏もその一族と思われている信濃氏を入れたと伝わっているので、『日本城郭大系』によるとおそらく応永年間に現在の地へ移築されたと解説している。ただし、これらの文献の出典を遡っても江戸時代初期にまでしか到達せず、しかも岸和田に城があったことを示す最初の一次史料は後述の永禄元年(1558年)に三好氏が同城に入ったことを記した浄心院快栄書状(永禄元年12月12日付、京都府立総合資料館所蔵「板原家文書」)まで下ることになる。山中吾朗は当時の和泉国の状況から岸和田城の築城をどんなに早くても15世紀とし、楠木氏に関する伝承は江戸時代に盛んになった同氏崇拝の風潮によるものとする[1]

応永15年(1408年細川頼長が和泉国の半守護となり岸和田城の城主となったようで、その後和泉守護細川家が岸和田城と関わりを持っていく。明応9年(1500年)には、細川元有畠山尚順に攻められ岸和田城で討ち死にすると、守護代として松浦肥前守が城主になっていたと思われている。松浦氏は三好政権の下でも和泉国における支配的な地位を確保し続けていたとみられているが、当時の当主であった松浦万満は幼少であり、三好政権は松浦万満の立場を認めつつもその後見を口実に岸和田城に兵を進めることになる(「九条家文書」所収:永禄2(3?)年4月23日付三好長慶書状)[1]

現在の二の丸跡にある武道場(御殿風復興建物)

永禄元年(1558年)には、三好義賢十河一存安宅冬康三好長慶の家来衆が城内にいたようで、永禄3年(1560年)には三好義賢が大規模な改修をし、十河一存、安宅冬康を総大将に2800兵を籠城させた。この時には岸和田城も相当な規模となっており、阿波国讃岐国淡路国などから摂津国、京への交通の要となっていた。現在の二の丸(二の丸公園)にある武道場の建設時に、今の石垣の内側に更に古い石垣の列が発掘されたことにより、当時は海に面した二の丸周辺が主郭ではないかと思われ、海を背負った城郭の基礎がこの時に完成したのではないかと推測されている。永禄5年(1562年畠山高政との久米田の戦いで三好義賢が戦死すると、安宅冬康は岸和田城を退き代わって細川刑部が城主となった。しかし同年の教興寺の戦いでは畠山高政が大敗すると、再び三好長慶軍が岸和田城を回復し、松浦肥前守虎が城主になったと思われている。だが、当時松浦氏は一族に内紛を抱えていたらしく、この時城主になった肥前守虎は万満の対立者であったと推定され、後に同じ肥前守と名乗った肥前守光に城主が交替したことが確認できるなど、松浦氏は混乱のうちに衰退することになる[1]

その後松浦氏が天正始めまで城主としていたようが、天正3年(1575年)にはその家来であった寺田又右衛門、寺田安太夫(松浦宗清)兄弟が城主となったようである。天正4年(1576年織田信長石山本願寺を攻めた。天王寺の戦い (1576年)である。そこに毛利氏が援助のため兵糧を貝塚に運搬し、これを迎え討つため和泉国水軍が立ちはだかったが、大敗し木津口へから石山本願寺へ届けた(第一次木津川口の戦い)。和泉国水軍は寺田又右衛門、寺田安太夫兄弟などわずかの部隊だけになってしまったようである。

天正11年(1583年豊臣秀吉は、岸和田城を中村一氏の配下に置き、根来衆雑賀衆粉河衆などの一揆衆討伐を命じる。そんな中翌天正12年(1584年小牧・長久手の戦いの留守を狙って、根来衆、雑賀衆、粉河衆連合軍は総数3万兵が侵攻し岸和田城に攻城戦を仕掛けてきた。これに対して城兵8000兵で対抗した岸和田合戦である。石山合戦で石山本願寺を開城した顕如軍であったが今度は豊臣秀吉に合力してきた。豊臣秀吉軍は根来衆、雑賀衆、粉河衆連合軍を追討するため、翌天正13年(1585年)に岸和田城に入城し、そこから貝塚の諸城を落城させ最後に積善寺城沢城を開城させた(千石堀城の戦い紀州征伐)。

その後豊臣秀吉は小出秀政を岸和田城の城主とした。最初4千石であった小出秀政の知行も、文禄3年(1594年)1万石、翌文禄4年(1595年)3万石に拡大した。『岸城古今記』にはこの年から天守が築城され慶長2年(1597年)に竣工したと記している。

慶長19年(1614年)、大坂冬の陣では松平信吉が城主となり、のちに北条氏重、その後は小出吉英元和5年(1619年松平康重が城主となったようである。その後寛永8年(1632年)に伏見城が破却されると矢倉などが移築され城郭が強化された。その松平康重も山崎城へ転出すると寛永17年(1631年)、高槻城より岡部宣勝が入城し、6万石の城主となった。以後岡部長職の時代まで岡部氏13代の居城となる。明治4年(1871年)廃藩置県により岸和田城も廃城となる。

紀州監視の岸和田城[編集]

徳川頼宣画像

岸和田城は大坂城和歌山城の中間地点にあり、岡部宣勝は徳川家康の妹の子で、紀州藩の監視の意味もあったと思われている。徳川御三家の一つである和歌山城徳川幕府の相互監視政策に例外は無く、徳川家康の子徳川頼宣の抑えの城としても城郭が整えられたのでは思われている。『深訪日本の城』によると、江戸城で徳川頼宣と岡部宣勝が対面した時、徳川頼宣が

「貴殿が岸和田に移封されたのは、われらの目付のためだという風聞であるが、いかなる計策をもって紀伊をおさえるつもりか」

と問いかけてきたのに対して、岡部宣勝は

「われら小藩のものが、大大藩の貴殿のおさえるほどの策略を持ち合わせるきずもござらぬが、ただ足の裏に米粒がついたぐらいのことしかできませぬ」

という返事をした、と解説している。このようなやり取りがあったと思われているが両藩は戦を交えることはなかった。

しかしながら、岸和田城の縄張が和歌山側より大坂側に厚い防御線を設けていることなど、矛盾する点も指摘されている。

岸和田城の略年表[編集]

和暦 西暦 主な出来事
応永15年 1408年 細川頼長和泉国の半守護となり岸和田城の城主となる
天正11年 1583年 羽柴秀吉の家臣中村一氏が岸和田城の城主となる
天正12年 1584年 岸和田合戦がおこる
天正13年 1585年 羽柴秀吉が岸和田城に入り、根来寺を焼く。ついで小出秀政が城主となる
慶長2年 1597年 岸和田城の天守が竣工する
元和5年 1619年 小出氏転封後は、松平康重が入城して総構えと城下町を整備した
元和9年 1623年 伏見城より伏見が二の丸に移築
寛永17年 1640年 松平康重転封後は、高槻城より岡部宣勝が入城する
文政10年 1827年 天守が落雷のため焼失。再建されなかった。
明治4年 1871年 廃藩置県により岡部長職東京に居住し、岸和田城は廃城となる
昭和18年 1943年 大阪府史跡に指定
昭和29年 1954年 現在の3重の復興天守が再建された
昭和44年 1969年 城門、櫓などが復興再建された
平成4年 1992年 天守閣屋根の葺き替え、外壁塗り替えなど改修工事が行なわれた

城郭[編集]

岸和田城正保城絵図/国立公文書館内閣文庫所蔵

『泉邦四県石高』によると、

今之城、天正之比迄天守もなく堀、矢倉も麁相成に依て伏見之御城天守、矢倉門等迄被成御曳、石垣出来、小出播磨守御代之事、二、三之丸迄出来、又大坂御陣後、通筋堺町之門、堀、石垣、浜手石垣、南住間還之入口、門、堀、石垣等出来、須田次郎太郎殿奉行になり

—泉邦四県石高

とあり大坂の役後に本格的な城郭、総構えが整えていたのではないかと推察されている。東西は約370m、南北は約650mの平城で、5万3千の城郭であった。

本丸[編集]

復興天守
八陣の庭
天守

現在の天守は3層であるが、正保年間に幕府へ提出された正保城絵図「泉州岸和田城図」では5層の天守が描かれている。初層は千鳥破風であったが、後に唐破風が取り入れたように見受けられる[2][3]。文政10年(1827年)11月20日落雷によって消失し、その後江戸幕府に復興願いを届出済みで、それによると3層の天守、2層の小天守とあるが結局は再建されなかったようである。天保年間に描かれた「岸和田城図」には隅櫓しか描かれていないので、この時には既に天守はなかったものと思われている。明治時代以後、天守台の石垣の横に一段低い小天守台があったと言われているが、これは二の丸にあった伏見城の移築櫓が3層であったため、それを代用していた可能性も指摘されている。天守台の大きさは南北、東西共に約18m、面積は336m²で、当時の岡山城と同規模の天守だったと思われている。現在の天守の高さは約22mであるが、当時の天守の高さは18あり、今の天守より約10mは高かったと思われている。また、本丸の面積は約4702m²ある。

現在の天守は昭和29年に市民の寄付や旧城主の子孫である岡部氏の要望などにより再建された。総工費は当時の金額で3460万円、設計士は一級建築士池田谷久吉、施工は岩出建設株式会社、工事は昭和29年1月6日起工、同年11月13日竣工。また平成4年には大改修工事も行なわれた。総工費は3億7801万円、設計は株式会社比石英二建築事務所、施工は岩出建設株式会社、工事は平成3年8月起工、平成4年8月31日竣工。[4]

八陣の庭

国指定の名勝。重森三玲の設計で、昭和28年(1953年)7月に着工し同年12月竣工した砂庭式枯山水庭園である。 庭園は諸葛孔明の八陣法をテーマにしたとされ、中央の大将と先端の天・地・風・雲・鳥・蛇・龍・虎の各陣に石組みが配されている。

二の丸・二の曲輪[編集]

二の丸
二の丸には「二の丸御殿」と伏見城から二の丸北隅に移築されたとされる「伏見櫓」があった。戦国時代まではこちらが本丸であったと思われ面積は約8000m²ある。
現在は二の丸公園として整備されている。
昭和32年に20匹のアカゲザルが市民から寄贈されたことをきっかけに猿舎が二の丸公園内に整備され、昭和50年頃には40匹まで増えたがその後皮膚病などの流行で減少し、平成23年11月24日には最後の1匹が岸和田市中央公園に移送されて猿舎は終焉を迎えた。なお、移送された最後のアカゲザルは平成24年1月5日に同公園で死亡した。
平成24年5月28日に二の丸公園内にイタリア料理店CLUB CONTRADAが開店。
二の曲輪
二の曲輪は内堀の外側、一重目の外堀の内側にあり、主な施設としては「太鼓部屋・軍科倉庫」、「極楽橋」、「向御屋敷」、「家老中家屋敷」、「新御茶屋」、「家老久野家屋敷」、「御薬園」、「牢屋」、「西大手門」などがあったが、現在これらの施設は消滅している。またこの二の曲輪にはのような形をした「あぶみ堀」があった。これは二の丸が本城であった頃、馬出の名残ではないかと考えられている。また「新御茶屋」、「薬草園」の跡地に明治4年(岸和田城の廃城年)から10ヵ月をかけて造営された「五風荘」がある。回遊式の日本庭園で3000の敷地があり主屋と庭園を見渡せる3つの茶屋がある。庭園の見学は自由となっている。なお、五風荘は現在がんこフードサービスが日本料理を提供する店舗として活用している。
岸和田城の犬走り

犬走り[編集]

現存する内堀石垣の下部に周堤帯が存在する。これを犬走りと呼ぶ。城の防衛という見地から見ると非常に不利であり、なぜこのような構造にされたかはわかっていない。脆い泉州砂岩で造られた石垣が崩れるのを防ぐためという説が有力である。この犬走り周辺の石垣は平成11年 (1999年)6月28日の豪雨で崩れ、今は強度のある花崗岩で補修され色の違う石垣が見受けられる。また補修工事の時に、百数十基の墓石が発見された。年号は、永正、天文、永禄等16世紀前期-中期のものが多く、本丸の石垣は永禄年間(1560年)以後であることが裏付けられた。

その他曲輪[編集]

上記以外の曲輪群として、

  • 三の曲輪
  • 町曲輪
  • 外曲輪

等があり、町曲輪・外曲輪には紀州街道が通されていた。

復興隅櫓
  • 天守 1棟(小天守もあったという説もある)
  • 櫓 15棟
  • 弓鉄砲挟間 926ヵ所

改修[編集]

『岸和田城跡』によると、主に3段階の改修があったと思われている。

岸和田城の改修の歴史
回数 年代 主な特徴
築城当初 -1585年 現在の二の丸を主郭し、二の曲輪に「あぶみ堀」があり南西に馬出を備える。
二の丸付近まで海水が差し込み、原が広がっていたと思われている。
第2次改修 1585年-1620年 小出秀政が城主となると、天守を含めた城郭設備、城下町建設に取りかかる。
城下町は町曲輪のみで内町とも呼ばれた本町・中町がこれにあたる。
第3次改修 1620年-1660年 松平康重時代に海岸部と城下町を区切る浜の石垣が築かれる。
町曲輪の南に南町、北に堺町・魚屋町・北町にあたる町域が成立。
岡部宣勝時代には外曲輪が築かれ堺町がこの内となる。
更に南町雄心寺跡地と沼村領内にそれぞれ新屋敷が築かれ、
寺前川寺前橋から鯔川勘太夫橋まで南北15の城下町が完成する。

その他[編集]

  • 岸和田だんじり祭
    • 有名な岸和田だんじり祭りは岡部氏3代目岸和田城主長泰が城内三の丸に伏見稲荷神社を勧請し、五穀豊穣を祈願する稲荷祭りに領民の参拝を許したことが起源とされる。
  • 岸和田城天守閣で結婚式
    • 岸和田城の天守閣で人前結婚式を挙げるプランを岸和田市観光振興協会が主催している。運営と企画は泉大津市ホテルサンルート関空
    • 岸和田市出身のお笑いコンビ・シンクタンクのタンクも、ここで挙式を挙げたことがある。
  • 不法投棄問題

施設情報[編集]

復興天守・小天守、八陣の庭
岸和田城の復元模型

現在、岸和田城は市立の展示施設として、岸和田城の歴史紹介・所蔵物の展示などを行っており、観光振興の拠点となっている。

  • 所在地
    • 大阪府岸和田市岸城町9-1
  • 開館時間
    • 開館時間:午前10時
    • 閉館時間:午後5時(入館は4時まで)
  • 休館日
    • 毎週月曜日
    • 年末年始(12月30日~1月4日)
  • 入館料
    • 大人300円
    • 中学生以下無料
天守からの眺望


交通アクセス[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 山中吾朗「和泉国松浦氏小考」(小山靖憲 編『戦国期畿内の政治社会構造』(和泉書院、2006年) ISBN 978-4-7576-0374-5 所収)
  2. ^ 全国城郭管理者協議会監修 『復元イラストと古絵図で見る 日本の城』 碧水社 1997年改訂第3刷
  3. ^ 三浦正幸監修 『歴史群像シリーズ特別編集【決定版】図説 天守のすべて』 学習研究社 2007年
  4. ^ 歴史とだんじりの町のシンボル『岸和田城』
  5. ^ お城の堀から自転車、冷蔵庫続々…ごみ10トンに警察も警戒 大阪・岸和田 産経新聞 2013年4月30日

参考文献[編集]

  • 『日本城郭大系』第12巻 大阪・兵庫、新人物往来社、1981年3月、200-207頁。
  • 『探訪日本の城』6 畿内、小学館、1977年9月、145-146頁。
  • 西ヶ谷恭弘・光武敏郎『城郭みどころ辞典-西国編』東京堂出版 、2003年9月、70-71頁。
  • 岸和田市立郷土資料館『戦乱の中の岸和田城-石山合戦から大坂の陣まで-』岸和田市立郷土資料館、2004年9月、28頁。
  • 『岸和田城いまむかし』岸和田市立郷土資料館。
  • 『岸和田散策マップ』岸和田市観光振興協会。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]