万博記念公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
万博記念公園
131116 Expo Commemoration Park Suita Osaka pref Japan01s3.jpg
東の広場と桜並木(紅葉)
所在地
大阪府吹田市千里万博公園
北緯34度48分34.28秒 東経135度31分56.67秒 / 北緯34.8095222度 東経135.5324083度 / 34.8095222; 135.5324083座標: 北緯34度48分34.28秒 東経135度31分56.67秒 / 北緯34.8095222度 東経135.5324083度 / 34.8095222; 135.5324083
分類 公の施設
面積 264ヘクタール
開園 1972年3月15日
運営者 大阪府
設備・遊具 日本民芸館
陸上競技場
野球場他
事務所 万博記念公園管理事務所
アクセス 大阪モノレール万博記念公園駅」下車
鉄鋼館(EXPO'70パビリオン)
イルミナイト万博2009
ライトアップされる桜並木

万博記念公園(ばんぱくきねんこうえん)、あるいは万博公園(ばんぱくこうえん)は日本万国博覧会(大阪万博)の跡地を整備した公園の通称である。正式名称は日本万国博覧会記念公園である[1]。大阪の都心部から約15キロ北方にある。広場やスポーツ施設や文化施設がある。総敷地面積は264ヘクタールで、阪神甲子園球場の約65倍の広さに相当する。

所在地は大阪府吹田市千里万博公園。公園を管理するのは、大阪府である。1972年3月15日の日本万国博覧会一般公開2周年の日にエキスポランド自然文化園の第1期及び日本庭園・大阪日本民藝館などを公開して開園する。その後、自然文化園が第3期に分けて整備・公開され、国立民族学博物館が開設される一方、エキスポランドなど、開園後に閉鎖された施設もある。

自然文化施設[編集]

日本さくら名所100選に選ばれている。

  • 自然文化園
    パビリオンを撤去した跡に作られた広大な芝生の広場やアジサイなど季節の花があり年中楽しめる公園。太陽の塔もこの園内にある。「お祭り広場」では、フリーマーケットが開催されることもある。
  • 日本庭園 - 万国博覧会出展のために作庭された約26ヘクタールの池泉回遊式庭園である。設計及び施工指導は田治六郎。上代・中世・近世・現代の4庭園で構成され、各時代の様式を一堂に見ることができる「庭園博物館的な機能」を兼ね備える。
  • 自然観察学習館
  • ソラード - 森の空中観察路。森の木の高さと同じ高さ(3~10メートル)に作られた観察道。下から見るのと違った視点で観察ができる。森の集音器、展望台などもある。しかし近年[いつ?]は樹木の成長により、木の上(林冠)を観察できる部分は少なくなった。

文化施設[編集]

  • 大阪日本民芸館[1] - 万国博覧会開催当時のパビリオンのひとつ。
  • 国立民族学博物館 - 博物館を併設した研究施設。
  • 彩都メディア図書館[2]
  • 鉄鋼館[3] 万国博覧会開催当時のパビリオン。2010年3月13日からは万博40周年記念事業の一環として「EXPO'70パビリオン」と称して当分の期間、万博の映像・写真などの記録を展示中(入館は高校生以下は無料)。また、長らく非公開だった内部ホール「スペースシアターホール」も特定の箇所から覗ける。
  • 自然文化園の中にある「もみじ川芝生広場」では、野外コンサートが開かれる。FM802が主催する「FM802 MEET THE WORLD BEAT」は、1990年から毎年開催されている。
    2001年にSOPHIAが、2002年・2004年に矢井田瞳が、2005年に小田和正ウルフルズが、2004年にKiroroコブクロ佐藤竹善夏川りみ玲葉奈馬場俊英が単独コンサートを開催する。テレビ等で公開放送や収録放送などが行われる。

スポーツ施設[編集]

  • 万博記念競技場 - 陸上競技場。ガンバ大阪ホームスタジアム
    • ガンバ大阪クラブハウス及び練習場(天然芝球技場) ただしスポーツ広場のサッカー場も使用する
  • 万博記念公園野球場  阪神大学近畿学生リーグ戦など
  • エキスポフラッシュフィールド アメリカンフットボール専用球技場
  • 吹田市立スタジアム(仮称・2015年開場予定)
  • 万博テニスガーデン
  • 万博フットサルクラブ
  • 少年球技場
  • 少年野球場
  • スポーツ広場 軟式野球場4面、ソフトボール場1面、サッカー場2面(天然芝、人工芝)
  • 総合スポーツ広場 人工芝サッカー場1面、多目的グラウンド1面
  • 運動場 400mトラック6コースなど
  • 弓道場
  • サイクリングコース
  • 他に小運動場などもある

レジャー施設[編集]

万博記念公園周辺の空中写真。周囲の建物や道路施設等の構造物と比較すると敷地の広大さがよくわかる。
1985年撮影の9枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
  • ホテル阪急エキスポパーク[4] - 温泉を使用した屋内温水プールあり、宿泊客以外でも利用可能。
  • 源気温泉万博おゆば - ボーリングによって得られた温泉を使用したスーパー銭湯

万博の主な残存施設[編集]

大屋根の一部

建設予定だった施設[編集]

  • 国立産業技術史博物館 - 日本の技術史に関する資料を展示する博物館で70年代後半から計画があったが、財政難のため計画は頓挫し2009年3月末には、鉄鋼館(現EXPO'70パビリオン)に保管されていた資料は一部を除き全て破棄されてしまった。

かつて存在した施設[編集]

公園化後も残存していた万博施設[編集]

エキスポタワー(2002年7月)
お祭り広場大屋根付近のステレオ空中写真(1975年1月) 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
在りし日の国立国際美術館(2004年2月)
  • エキスポランド - 万国博覧会開催時に設置された。しかし2007年5月5日、ジェットコースター「風神雷神II」の脱輪による死傷事故発生でその直後から休園。風神雷神IIは捜査終了後に解体・撤去される。事故3ヵ月後の8月10日に営業を再開したが、2ヵ月後の12月9日に再び休園。その後、経営が悪化し、2008年10月29日、大阪地裁に民事再生手続きを申し立てて受理され、破綻した。
一部の遊具及び救護所が残存していたが、休園期間中の2008年にダイダラザウルスやビスタライナー(旧・ミニレール)、急流すべりなどが撤去され、エキスポランド倒産により2009年に入ってから残存している施設の撤去工事が一斉に始まった。僅かに残っていた万博残存施設も旧・宇宙ステーションが撤去されるなど、2009年8月で全て撤去された。その後もわずかに残っていた休憩所や階段・通路等の構造物も2013年11月からの工事で撤去された。
  • エキスポタワー - 老朽化で2003年に解体。
  • 国立国際美術館 - もと万国博美術館。老朽化により、大阪市北区中之島に移転。解体。
  • 万国博ホール - 国立国際美術館とともに2005年に解体された。両館の跡地は新設の「日本庭園前駐車場」になっている。
  • 日本館(万博記念公園開園後もしばらく仮囲いで囲まれて残存していたが、再使用されることなく解体された)
  • テーマ館の地下展示部分及び周囲の構造物 - 大屋根と共に撤去された。
  • 青春の塔・母の塔 - 元々は太陽の塔の右側に青春の塔が、左側に母の塔が建てられていた。両方とも岡本太郎の芸術作品である建造物であった。大屋根撤去の際に青春の塔のみエキスポランド内に一時移設されたが、後に撤去された。

博覧会閉幕後に設置されたが現在は撤去または閉鎖された施設[編集]

中華人民共和国展覧会[編集]

1972年に日本は中華人民共和国との国交を回復したが、日本万国博覧会当時は中国の代表として中華民国がパビリオンを出展していたため、中華人民共和国の展覧は行われていなかった。そのため中華人民共和国展覧会が1974年7月13日から8月11日まで、まだ残存していたテーマ館過去展示部分やその周囲の売店部分をメイン会場として開催された。万国博美術館(後の国立国際美術館)が第2会場に、万国博ホールでは映画が公開された。

交通アクセス[編集]

電車・バス[編集]

以下は駅より路線バス(阪急バスまたは近鉄バス)利用

[編集]

備考[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 大阪府日本万国博覧会記念公園条例
  2. ^ ラリアートよ永遠なれ! スタン・ハンセン大特集 24時・外伝に記載あり
  3. ^ a b 里き・源吉の手紙を読む会 編『故国遙かなり―太平洋を渡った里き・源吉の手紙』ドメス出版、2011年3月15日、207pp. ISBN 978-4-8107-0750-2 (42 - 43ページより)
  4. ^ 平成25年5月24日法律第19号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]