三春滝桜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
満開の三春滝桜
毎年全国から30万人の観光客が訪れる[1]
夜にライトアップされた三春滝桜
2012年4月29日滝のように流れる満開の滝桜
(冬の寒さが厳しく例年より大幅に開花が遅れた。)
震災翌年2012年観光客数も回復傾向にある。

三春滝桜(みはるたきざくら)は、福島県田村郡三春町大字滝字桜久保(地図)に所在する、樹齢推定1000年超のベニシダレザクラ(紅枝垂桜)の巨木。天然記念物三春の滝桜、また単に滝桜とも呼ばれる。

概要[編集]

日本五大桜または三大巨桜の1つとして知られる。2012年現在、推定樹齢1000年超、樹高12m、根回り11m、幹周り9.5m、枝張り東西22m・南北18m。

三春町の滝地区に所在すること、毎年4月中・下旬に四方に広げた枝から薄紅の花が流れ落ちる滝のように咲き匂うことから、この名がある。

天保の頃、加茂季鷹の詠歌によってその名を知られ、三春藩主の御用木として保護された。

1922年大正11年)10月12日、2本の桜と共に天然記念物に指定された。1990年平成2年)には「新日本名木100選」の名木ベスト10に選ばれ、桜の名所ランキングでは常に第1位の評価を得ている。また「日本さくら名所100選」には滝桜を含む約2000本の「三春町のシダレザクラ」が選ばれている。

2005年(平成17年)1月、大雪で枝が十数本折れる被害に見舞われた。

2008年(平成20年)から2009年(平成21年)にかけて、本桜を含む14種の花の種を国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」に8カ月半滞在させた後に地球へ戻し、無重力状態が発育に与える影響などを調べるという実験が行なわれた。

2011年(平成23年)の東日本大震災では、折れた小枝がいくらかあったものの滝桜に大きな損傷はなかったが、観光客への十分な対応が困難であったため、前年度に始めた一人当たり300円の観桜料の徴収を一時停止し、夜間のライトアップ、シャトルバスの運行などの中止も余儀なくされた[1][2]

また、福島第一原発事故の影響で花見客が半減し、観覧料収入が大幅に減少したとして、三春町が東京電力に対し、逸失利益など約3,272万円の損害賠償を求め、福島地裁に訴訟を起こしている[3]

三春滝桜周辺のパノラマ (2014年4月21日)

子孫樹・姉妹樹[編集]

日本[編集]

日本国外[編集]

交通アクセス[編集]

所在地
  • 福島県田村郡三春町大字滝字桜久保296番地
交通機関

なお、開花期には周辺の道路の渋滞が激しくなるので注意が必要。2011年3月現在、三春町が行っていた周囲の遊歩道の整備は震災により停止しており、工事完成の見通しが立っていないため、一部の路面は不良となっている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]