カナリーヤシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カナリーヤシ
Phoenix canariensis.jpg
カナリーヤシ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
階級なし : ツユクサ類 commelinids
: ヤシ目 Arecales
: ヤシ科 Arecaceae
: ナツメヤシ属 Phoenix
: カナリーヤシ P. canariensis
学名
Phoenix canariensis
和名
カナリーヤシ

カナリーヤシ学名Phoenix canariensis)とはヤシ科樹木。日本では一般的にフェニックスと呼ばれている。

特徴[編集]

アフリカ西海岸、カナリア諸島原産なのでこの名がある。日本では東京(杉並学院)以南で生育する。弓状に下垂する葉先は5mにも達する。陽樹で耐潮性に富むが寒さには弱く、-10℃が枯死限界である。

樹高は最大で12mにもなり幹周りは3m程度まで生育する。葉は羽状複葉、基部の小葉は非常に鋭い棘となるので注意を要する。

主に公園官公庁などで列植し、装飾樹として使われる。また、日本本土の南部地方の観光地では、南方気分を高めるのにシンノウヤシワシントンヤシと共によく用いられる。

なお、葉のついている茎の部分の下には、枯れた葉の基部が集まる部分があるが、ここはちょっとしたクッション状になっており、着生植物がよく根を下ろす。本州南部以南では、野外に植栽されたもののその部分に、一面にタマシダなどが生えていることがよくあり、アコウイヌビワアゼトウナマツバランなどが生えているのも見かけることもある。

県・市区町村・大学の木[編集]

県の木[編集]

大学の木[編集]