畝火山口神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
畝火山口神社
Unebiyamaguchi-jinja haiden.jpg
所在地 奈良県橿原市大谷町248-5
位置 北緯34度29分33秒
東経135度46分52秒
座標: 北緯34度29分33秒 東経135度46分52秒
主祭神 気長足姫命
豊受比売命
表筒男命
社格 式内社(大)・県社
本殿の様式 流造
例祭 4月16日
主な神事 埴土神事
テンプレートを表示

畝火山口神社(うねびやまぐちじんじゃ、おむねやまじんじゃ[1])は、奈良県橿原市畝傍山西麓にある神社である。俗に「お峯山」と呼ばれる。式内社で、旧社格県社

延喜式祝詞に記される大和国内の山口社6社(飛鳥・石村・忍坂・長谷・畝火耳無)のうちの1社であり、祈雨神祭八十五座の1つである。

祭神[編集]

気長足姫命(神功皇后)・豊受比売命表筒男命を祀り、神功皇后が応神天皇を出産した伝承により、安産の神として信仰されている。

他の山口神社の例や神社の性格から、本来の祭神は大山祇命であったとみられる。現在、大山祇命は末社・大山祇命神社に祀られている。

歴史[編集]

創始の由緒は不詳である。文献の初見は、『新抄格勅符抄』大同元年(806年)の神封一戸を寄せるという記述である。『日本三代実録』によれば、貞観元年(859年正月27日条には正五位下の神階を授けられ、同年9月8日には祈雨のための奉幣使が遣わされている。延喜式神名帳では「大和国高市郡 畝火山口坐神社」と記載され、大社に列格、月次・新嘗の奉幣に預ると記されている。

元々畝傍山西麓にあり、文安3年(1446年)の『五郡神社記』には「畝傍山口神社、在久米郷畝火山西山尾」とあるが、天正年間の地図には畝傍山頂に記されており、文安から天正までの間に山麓から山頂に遷されたことになる。神社名は畝火坐山口神社より、江戸時代には「畝火明神」「畝火山神功社」とも呼ばれていた。

昭和15年(1940年)、畝傍山東麓の橿原神宮で大拡張工事が行われた際、橿原神宮や神武天皇陵を見下ろすのは良くないとして、日本政府より畝傍山西麓(現在地)に遷座するよう命じられた。この際、郷社から県社に昇格した。

神事[編集]

特殊神事として「埴土神事」がある。大阪の住吉大社祈年祭(2月)と新嘗祭(11月)に用いる土器を作るための土を畝傍山頂で取る神事である。

行事[編集]

  • 1月1日 元旦祭
  • 2月28日 祈年祭 - 御田植祭(おんだまつり)
  • 4月16日 春季大祭 - だいだい祭り
  • 7月28日 夏季大祭 - でんそそ祭り[2]
  • 7月29日 大祓祭
  • 12月3日 新穀感謝祭
  • 毎月1日 月次祭、15日 誕生奉告祭

脚注[編集]

  1. ^ 神社の案内板では「畝火山口」に「おむねやま」のルビが振られている。
  2. ^ でんそそ祭(橿原市公式サイト)