トヨウケビメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イザナミの病と死によって生まれた神々(『古事記』に基づく) SVGで表示(対応ブラウザのみ)

トヨウケビメは、日本神話に登場するである[1]

豊受大神宮伊勢神宮外宮)に奉祀される豊受大神として知られている[1]。『古事記』では豊宇気毘売神[1]と表記される。『日本書紀』には登場しない。別称、豊受気媛神[2]、登由宇気神[1]大物忌神、豊岡姫[1]、等由気太神[1]、止与宇[3]可乃売神[1]、とよひるめ、等々。

神話での記述[編集]

『古事記』では伊弉冉尊(いざなみ)の尿から生まれた稚産霊(わくむすび)の子とし、天孫降臨の後、外宮の度相(わたらい)に鎮座したと記されている[1]。神名の「ウケ」は食物のことで、食物・穀物を司る女神である[1]。後に、他の食物神の大気都比売(おほげつひめ)・保食神(うけもち)などと同様に、稲荷神倉稲魂命)(うかのみたま)と習合し、同一視されるようになった[2]

伊勢神宮外宮の社伝(『止由気宮儀式帳』)では、雄略天皇の夢枕に天照大神が現れ、「自分一人では食事が安らかにできないので、丹波国の比沼真奈井(ひぬまのまない)にいる御饌の神、等由気大神(とようけのおおかみ)を近くに呼び寄せなさい」と言われたので、丹波国から伊勢国の度会に遷宮させたとされている[1]。即ち、元々は丹波の神ということになる[2]

丹後国風土記』逸文には、奈具社の縁起として次のような話が掲載されている[1]。丹波郡比治里の比治真奈井で天女8人が水浴をしていたが、うち1人が老夫婦に羽衣を隠されて天に帰れなくなり、しばらくその老夫婦の家に住んでいたが、十数年後に家を追い出され、あちこち漂泊した末に竹野郡船木郷奈具の村に至ってそこに鎮まった[4]。この天女が豊宇賀能売神(とようかのめ、トヨウケビメ)であるという[1]

尚、『摂津国風土記』逸文に、 止与宇[3]可乃売神は、丹波国に遷座する前は、摂津国稲倉山(所在不明)に居たとも記されている[1]。また、豊受大神の荒魂(あらみたま)を祀る宮を多賀宮(高宮)という。

信仰・祭祀[編集]

外宮の神職である度会家行が起こした伊勢神道(度会神道)では、豊受大神は天之御中主神国常立神と同神であって、この世に最初に現れた始源神であり、豊受大神を祀る外宮は内宮よりも立場が上であるとしている。

丹波、但馬の地名の起源として、豊受大神が丹波で稲作をはじめられた半月形の月の輪田、籾種をつけた清水戸(せいすいど)が京丹後市峰山町比沼麻奈為神社がある)にあることから、その地が田庭と呼ばれ、田場、丹波へと変遷したという説がある。 付近の久次嶽中腹には大神の杜があり、天の真名井の跡とされる穂井の段(ほいのだん)がある。また、神社の縁起は、大饗石(おおみあえいし)と呼ばれる直方体のイワクラであると言われている。

福知山市大江町には元伊勢豊受大神社がある[1]。元伊勢内宮より南方の船岡山に鎮座する社で、藤原氏の流れである河田氏が神職を代々継承している。崇神天皇の御世、豊鍬入姫命(とよすきいりひめ)が天照大神の御杖代として各地を回るときに、最初の遷座地が丹後であった。その比定地はいくつか存する。

伊勢神宮外宮(三重県伊勢市)、比沼麻奈為神社(京都府京丹後市)、奈具社(京都府竹野郡)、籠神社(京都府宮津市)奥宮天真奈井神社で主祭神とされているほか[1]神明神社の多くや[2]、多くの神社の境内社で天照大神とともに祀られている。また、稲荷神とトヨウケビメを祀っている稲荷神社もある[2]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 薗田稔、茂木栄 『日本の神々の事典 神道祭祀と八百万の神々』 学研
  2. ^ a b c d e 戸部民夫 『八百万の神々 日本の神霊たちのプロフィール』 新紀元社
  3. ^ a b この字は正確には「口偏に宇」と書く
  4. ^ 山折哲雄、田中治郎 『面白いほどよくわかる日本の神様』 日本文芸社

関連項目[編集]