稲荷神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
稲荷神を祭る稲荷神社

稲荷神(いなりのかみ、いなりしん)は、日本におけるの1つ。稲荷大明神(いなりだいみょうじん)ともいい、お稲荷様お稲荷さんとも呼ばれる。

稲荷神社の総本社は伏見稲荷大社とされている[1]。元々は京都一帯の豪族・秦氏氏神で、現存する旧社家は大西家である[2]

概要[編集]

稲荷神を祀る神社稲荷神社(いなりじんじゃ)と呼ぶ。京都市伏見区にある伏見稲荷大社が日本各所にある神道上の稲荷神社の総本社となっている。朱い鳥居と、神使の白いがシンボルとなっている神社として、広く知られている[3]。「稲荷」と表記するのが基本だが、「稲生」や「稲成」とする神社も存在する[4]

稲荷神(稲荷大神、稲荷大明神)は、山城国稲荷山(伊奈利山)、すなわち現在の伏見稲荷大社に鎮座する神で、伏見稲荷大社から勧請されて全国の稲荷神社などで祀られる食物神・農業神・殖産興業神・商業神・屋敷神である。また神仏習合思想においては仏教における荼枳尼天と同一視され、豊川稲荷を代表とする仏教寺院でも祀られる[5][6]

神仏分離の下、神道の稲荷神社では『古事記』、『日本書紀』などの日本神話に記載される宇迦之御魂神(うかのみたま、倉稲魂命とも書く)、豊宇気毘売命(とようけびめ)、保食神(うけもち)、大宣都比売神(おおげつひめ)、若宇迦売神(わかうかめ)、御饌津神(みけつ)などの穀物・食物の神を主祭神とする[7]

総本宮である伏見稲荷大社では宇迦之御魂大神を主祭神として(五穀を司る宇迦之御魂神・倉稲魂命を参照)[8]佐田彦大神、大宮能売大神、田中大神、四大神とともに五柱の神として祀るが、これら五柱の祭神は稲荷大神の広大な神徳の神名化としている[9][10][11]

日本の神社の内で稲荷神社は、2970社(主祭神として)[12]、3万2千社(境内社・合祀など全ての分祀社)[13]を数え、屋敷神として個人や企業などに祀られているものや、山野や路地の小祠まで入れると稲荷神を祀る社はさらに膨大な数にのぼる。江戸の町の至る所で見かけられるものとして「伊勢屋、稲荷に、犬の糞」とまで言わるようになった。本来は穀物農業の神だが、現在は産業全般の神として信仰されている[7]

稲荷神社は日本全国にあるが、その中でも東日本に多く信仰されている。たとえば武蔵国国府所在地においては、明治初期に市内に6ヶ所で稲荷神社が祀られており[14]、市内の家々の屋敷神は566件にも上る[15]など、多摩地域においては顕著である。

由来[編集]

伏見稲荷大社について『日本書紀』では次のように書かれている[16]

稲荷大神は欽明天皇が即位(539年または531年)する前のまだ幼少のある日「秦(はた)の大津父(おおつち)という者を登用すれば、大人になった時にかならずや、天下をうまく治めることができる」と言う夢を見て、早速方々へ使者を遣わして探し求めたことにより、和銅4年(711年二月初午の日に秦(はたの)伊呂巨(具)(いろこ(ぐ))が鎮座した。

諸蕃(渡来および帰化系氏族)のうち約3分の1の多数を占める「秦氏」の項によれば、中国・始皇帝13世孫、孝武王の子孫にあたる功徳王が仲哀天皇の御代に、また融通王が応神天皇の御代に、127県の秦氏を引率して朝鮮半島の百済から帰化したという記録があるが、加羅(伽耶)または新羅から来たのではないかとも考えられている[16](新羅は古く辰韓=秦韓と呼ばれ秦の遺民が住み着いたとの伝承がある[17])。

雄略天皇の頃には、当時の国の内外の事情から、多数の渡来人があったことは事実で、とりわけ秦氏族は、先に見たように絹織物の技に秀でており、後の律令国家建設のために大いに役立った[16]。朝廷によって厚遇されていたことがうかがわれるのも、以上の技能を高く買われてのことだと考えられている[16]。彼らは畿内の豪族として専門職の地位を与えられていた[16]。こうして深草の秦氏族は、和銅4年(711年)稲荷山三ケ峰の平らな処に稲荷神を奉鎮し、山城盆地を中心にして神威赫々たる大神社を建てた[16]。深草の秦氏族は系譜の上で見る限り、太秦の秦氏族、すなわち松尾大社を祀った秦都理《はたのとり》の弟が、稲荷社を祀った秦伊呂巨(具)となっており、いわば分家と考えられていたようだ[16]

歴史[編集]

『山城国風土記』逸文には、伊奈利社(稲荷社)の縁起として次のような話を載せる[18]。秦氏の祖先である伊呂具秦公(いろぐの はたの きみ)は、富裕に驕って餅を的にした[18]。するとその餅が白い鳥に化して山頂へ飛び去った[18]。そこに稲が生ったので(伊弥奈利生ひき)、それが神名となった[18][19]。伊呂具はその稲の元へ行き、過去の過ちを悔いて、そこの木を根ごと抜いて屋敷に植え、それを祀ったという[18]。また、稲生り(いねなり)が転じて「イナリ」となり「稲荷」の字が宛てられた[10]

都が平安京に遷されると、この地を基盤としていた秦氏が政治的な力を持ち、それにより稲荷神が広く信仰されるようになった。さらに、東寺建造の際に秦氏が稲荷山から木材を提供したことで、稲荷神は東寺の守護神とみなされるようになった[20]。『二十二社本縁』では空海が稲荷神と直接交渉して守護神になってもらったと書かれている。

東寺では、真言密教における荼枳尼天(だきにてん、インドの女神ダーキニー)に稲荷神を習合させ、真言宗が全国に布教されるとともに、荼枳尼天の概念も含んだ状態の稲荷信仰が全国に広まることとなった[20]。荼枳尼天は人の心臓を食らう夜叉、または、羅刹の一種で、中世には霊狐と同一の存在とみなされた[7]。このことにより祟り神としての側面も強くなったといわれる[7]

稲の神であることから食物神の宇迦之御魂神と同一視され、後に他の食物神も習合した[20]。中世以降、工業・商業が盛んになってくると、稲荷神は農業神から工業神・商業神・屋敷神など福徳開運の万能の神とみなされるようになり、勧請の方法が容易な申請方式となったため、農村だけでなく町家や武家にも盛んに勧請されるようになった[21]江戸時代には芝居の神としても敬われるようになり、芝居小屋の楽屋裏には必ず稲荷明神の祭壇が設けられるようになった[21]

明治の神仏分離の際、多くの稲荷社は宇迦之御魂神などの神話に登場する神を祀る神社になったが、一部は荼枳尼天を本尊とする寺になった[21]

稲荷寿司は「お稲荷さん」と呼ぶ事もあり、稲荷神社の稲荷神(稲生り、つまりお米の出来を司る神様)から、を模した俵型の寿司が稲荷寿司となった(三角形の稲荷寿司がキツネの耳を模しているという説もあるが、キツネは肉食であり油揚げを好むわけではなく、稲荷神社のキツネと関連させた後付ともされる。「稲荷神と狐」を参照)。

稲荷神と狐[編集]

伏見稲荷の狐

は古来より日本人にとって神聖視されてきており、早くも和銅4年(711年)には最初の稲荷神が文献に登場する[20]。宇迦之御魂神の別名に御饌津神(みけつのかみ)があるが、狐の古名は「けつ」で、そこから「みけつのかみ」に「三狐神」と当て字したのが発端と考えられ、やがて狐は稲荷神の使い、あるいは眷属に収まった[20]。なお、「三狐神」は(さぐじ)と読む。時代が下ると、稲荷狐には朝廷に出入りすることができる「命婦」の格が授けられたことから、これが命婦神(みょうぶがみ)と呼ばれて上下社に祀られるようにもなった[20]。 

江戸時代に入って稲荷が商売の神と公認され、大衆の人気を集めるようになると、稲荷狐は稲荷神という誤解が一般に広がった。またこの頃から稲荷神社の数が急激に増え、流行神(はやりがみ)と呼ばれる時もあった[2]。また仏教の荼枳尼天は、日本では狐に乗ると考えられ、稲荷神と習合されるようになった[22]。今日稲荷神社に祀られている狐の多くは白狐(びゃっこ)である[21]

稲荷神社の前には狛犬の代わりに宝玉をくわえた狐の像が置かれることが多い[20]。他の祭神とは違い稲荷神には神酒赤飯の他に稲荷寿司や稲荷寿司に使用される油揚げが供えられ、ここから油揚げを使った料理を「稲荷」とも呼ぶようになった[20]。ただし狐は肉食であり、実際には油揚げが好物なわけではない。

信仰[編集]

旧初午の幟と地口行燈(千葉県香取市
初午祭

稲荷神社では、2月(新暦・旧暦)最初の午の日を初午とし「初午祭」が行われる。これは、伏見稲荷神社の祭神が降りたのが和銅4年(711年)2月の初午だったからと言われる[23]。行灯に地口とそれに合わせた絵を描いた「地口行灯」を街頭に飾ることもある。

稲荷信仰は様々である。神道的稲荷で祭祀者が神職で宇迦之御魂神・保食神などを祀る神社によるもの、仏教的稲荷で祭祀者が僧侶・修験者で、寺の鎮守堂で荼枳尼天を祭祀しているもの、民俗的稲荷で祭祀者が土地所有者や氏子・講員などで、狐神・山の神・水神・福神・御霊神などとして信仰されているもの[24]がある。

三大稲荷[編集]

稲荷神社や稲荷を祀る寺院によって「当社は日本三大稲荷の一つ」ということを宣伝文句としている。笠間稲荷、伏見稲荷神社、祐徳稲荷神社という説と豊川稲荷妙厳寺、伏見稲荷神社、祐徳稲荷神社という説が有力説となっているものの総本宮の伏見稲荷大社では、「三大稲荷は地域により異なる」として、三大稲荷の三社を限定することはしていない。 そもそも「三大稲荷」が、伏見や豊川のように全国的に知名度の高い二カ所に、地域の稲荷社を加えて権威付けしようとした地元びいき的な自称であるのが実情であり、明確な定義を求めること自体が無意味ともいえよう。よって伏見と豊川が三大稲荷という宣伝文句を表に出さないのもこのような理由と考えられる。


日本三大稲荷と称する、寺社の一部と各寺社が他の2つを何としているか。(一部)

五大稲荷としているところもある。

更に地域により、「関東三大稲荷」や「九州三大稲荷」と称する場合もある。

その他[編集]

  • 稲荷木(とうかぎ)(稲架掛け(はさかけ)の木)と呼ぶ町が千葉県市川市にある。また「稲荷」と付く地名も日本には多くある[32][33]
  • 広島市中区円隆寺境内の稲荷大明神(とうかだいみょうじん、とうかさん)や福岡県大牟田市の稲荷神社(とうか神社)の様にいなりと読まない場合もある。
  • 構造様式分類として稲荷鳥居(inari torii いなりとりい)があり[34]、複数の鳥居を連ね、祈りと感謝の念を表した[35]
  • 稲荷木落(いなりぎおとし):1850年頃(嘉永年間)に出来た中川水系の排水路。埼玉県加須市から、久喜市新井と同市八甫二丁目の境界で、中川の左岸へ合流する[36]
  • 出雲国風土記の飯成(いいなし)郷(現:島根県安来市)の説話では大国魂命の降臨譚が述べられており、倉稲魂命と共に意多伎神社に祀られている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 伏見稲荷大社とは” (日本語). 伏見稲荷大社. 2013年11月13日閲覧。
  2. ^ a b 山折哲雄 『稲荷信仰事典』 戎光祥出版
  3. ^ 中村陽・監修 『稲荷大神』26,30頁 戎光祥出版。
  4. ^ 河堀稲生神社、太皷谷稲成神社など。
  5. ^ 円福山 豊川閣 妙厳寺 - 豊川稲荷略縁起
  6. ^ 大本山成田山新勝寺 東京別院 深川不動堂 - 開運出世稲荷
  7. ^ a b c d e f g 戸部民夫 『八百万の神々』「宇迦之御魂神」 新紀元社
  8. ^ 伏見稲荷大社公式サイト 『ご祭神』 写真参照:本殿の中心部に宇迦之御魂大神
  9. ^ 伏見稲荷大社略記, 平成八年
  10. ^ a b 伏見稲荷大社 - ご祭神
  11. ^ 生玉稲荷神社(名古屋市守山区)では、倉稲魂神を主祭神として、大己貴命、保食神、大宮能姫神、太田神とともに五柱の神を稲荷五社大明神として祀るが、伏見稲荷大社と同様にこれら五柱の祭神は稲荷大神の広大な神徳の神名化としている。生玉稲荷神社 - 由緒・沿革
  12. ^ 岡田莊司・加藤直弥 『現代・神社の信仰分布』 国学院大学。
  13. ^ 岡田米夫 『全国神社祭神御神徳記』 神社新報社。
  14. ^ 「寺院明細帳」明治時代
  15. ^ 府中市史談会「府中市内屋敷神調査報告」「府中市立郷土館紀要」第8号
  16. ^ a b c d e f g 伊奈利社創祀前史” (日本語). 伏見稲荷大社. 2013年6月29日閲覧。
  17. ^ 水谷千秋『謎の渡来人秦氏』2009年、文春新書 36頁
  18. ^ a b c d e 伊奈利社ご鎮座説話” (日本語). 伏見稲荷大社. 2013年6月29日閲覧。
  19. ^ よくあるご質問” (日本語). 伏見稲荷大社. 2013年6月30日閲覧。
  20. ^ a b c d e f g h 川口謙二 『日本の神様読み解き事典』 柏書房
  21. ^ a b c d e f g h 大森惠子 『稲荷信仰の世界』 慶友社
  22. ^ ダキニ天(辰狐王菩薩)に関する一試論 日光山輪王寺蔵「伊頭那 (飯縄)蔓茶羅図」を中心として (PDF)
  23. ^ 前掲 『稲荷大神』140頁。
  24. ^ 大森惠子 『稲荷信仰の世界』2,3頁 慶友社。
  25. ^ 宮城県神社庁検索サイト” (日本語). 宮城県神社庁. 2012年3月24日閲覧。
  26. ^ 瓢箪山稲荷神社 東大阪市” (日本語). 東大阪市. 2012年3月24日閲覧。
  27. ^ 道の駅 クレール平田 お千代保稲荷” (日本語). クレール平田. 2012年3月24日閲覧。
  28. ^ 最上稲荷山妙教寺 最上稲荷について” (日本語). 最上稲荷山妙教寺. 2012年3月24日閲覧。
  29. ^ 施設情報 さわやか信州旅.net” (日本語). 社団法人信州・長野県観光協会. 2012年3月24日閲覧。
  30. ^ 島根県津和野町 太鼓谷稲成” (日本語). 太鼓谷稲成神社. 2012年3月24日閲覧。
  31. ^ 高橋稲荷神社 熊本観光 九州” (日本語). 有限会社ニューメディアエンジニアリング. 2012年3月24日閲覧。
  32. ^ 稲荷木自治会会長. “稲荷木の由来”. 市川市自治会連合協議会. 2009年7月20日閲覧。
  33. ^ 「稲荷」と付く地名一覧”. 2009年7月20日閲覧。
  34. ^ inari torii 稲荷鳥居” (英語). Japanese Architecture and Art Net Users System. 2010年1月10日閲覧。
  35. ^ 大社マップ - 千本鳥居” (日本語). 伏見稲荷大社. 2013年6月30日閲覧。
  36. ^ 稲荷木落(いなりぎおとし)”. フカダソフト. 2008年10月19日閲覧。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]