赤飯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
赤飯

赤飯(せきはん)は、もち米小豆またはささげ(大角豆)を1-2割混ぜて蒸し上げたご飯である。

主に日本で食される料理で、「強飯(こわめし)」「おこわ」の一種。

概要[編集]

明治頃までは、もち米を蒸しただけのものをおこわと言い、小豆などを混ぜたものと区別していたが、後に赤飯もおこわと言うようになった。蒸すのではなく、炊いて作る方法もある。呼称としては「せきはん」が一般的であるが、女房言葉として語頭に「お」をつけた「おせきはん」、あるいは地域によって「あかまんま」「あかごわ」などの呼び方もある。

ハレの日の食事として用いられる他、栄養価が高い事から缶詰フリーズドライ化された物も普及しており、非常食自衛隊レーションとして用いられている。また、「赤飯おにぎり」のように、一般食としてコンビニエンスストアで売られている事も多い。

地域色[編集]

関東地方[編集]

食味的には、小豆の方が上であるが、小豆は胴割れ(皮が破れること)しやすく、切腹を連想させるため縁起が悪いとされ、特に関東地方ではささげを用いることが多い。

千葉県[編集]

千葉県の一部では、特産の落花生が用いられる。

北海道・青森・長野地方[編集]

甘納豆赤飯
北海道山梨県には、甘納豆を赤飯に入れる風習がある。室町時代甲斐国山梨県)南部の人たちが移住した青森県の一部でも、この風習が残っている。小豆ささげなどの一般的な赤飯も現存するが、甘納豆花豆金時豆など)を用いる場合がある。甘納豆を用いる場合は赤色に着色されないため、食紅が用いられる。
甘納豆は、炊き(蒸し)上がった状態の赤飯に加えて混ぜたり、添えるのが通例である(豆を一緒に炊き(蒸し)上げた場合、豆が溶けるため)。出来上がったものには、紅しょうがをスライスまたは刻んだものが添えられ、胡麻塩がふりかけられる。
北海道の小売店
スーパーなどの惣菜コーナーでは、一般的な赤飯と一緒に販売されている。また、コンビニでは、サンクスにて甘納豆赤飯のおにぎりが販売されている。
東北地方
東北地方では、白糖ザラメ等を加えてより甘い味付けにする地域もある。色付けには食紅が用いられることがある。
長野地方
長野県佐久盆地では、花豆を使用。

新潟県中越地方[編集]

新潟県中越地方の一部には、醤油赤飯と呼ばれるものが存在する。「赤飯」という名がついているが、一般的な赤飯のように赤くはなく、どちらかというと五目おこわのように茶色に近い。「醤油おこわ」とも呼ばれている。

福井県大野市[編集]

福井県大野市では、さといもをころ煮にして、もち米・小豆と一緒に蒸した「さといもの赤飯」が作られている[1]

徳島県鳴門市[編集]

徳島県鳴門市では、「ごま砂糖」をかけて食べる習慣がある[2]

作り方[編集]

米は、もち米のみを使い蒸し上げるのが正式だが、炊く場合は仕上りがべたつきやすい為、うるち米を1-2割混ぜる。豆は事前に水に浸し吸水した後、下茹でしておく。豆の色素が溶け出し赤く色のついた煮汁は冷まし、米を浸しておく事で、赤飯の色付けとする。なお、煮汁を冷ます際にひしゃくですくい、上から何度も落とすようにして空気に触れさせると、煮汁の成分が酸化されることで発色が良くなる。鮮やかな色を出すために食紅が使われることもある(小豆ささげを使わずに、食紅のみで色付けをする場合もある)。炊き上げた後、一般的に東北地方では砂糖、北海道では甘納豆を加える。

栄養価[編集]

同じ質量の一般的な白飯と比較してカロリーは1.2-1.5倍程度高くなるが、たんぱく質亜鉛などの栄養素が非常に高い。特に銅、たんぱく質は白飯よりも2倍近い栄養価がある[3]。又、もち米を使用する為、でんぷんの一種であるアミロースが少ないので腹持ちが良いとされる。

食べ方[編集]

食べるときには胡麻塩をふりかけるが、そのごまも切ったり炒ったりすると縁起が悪いとされ、そのまま用いる。祝いの席などで食べることが多いが、祝いの席に限らず、凶事の席(仏事など)に赤飯を食べる地域もある。

赤飯の起源[編集]

赤飯仕出しの看板

古代より赤い色には邪気を祓う力があるとされ、例えば墓室の壁画など呪術的なものに辰砂が多く使われ、また、日本神話賀茂別雷命比売多多良伊須気余理比売出生の話に丹塗矢(破魔矢の神話的起源)の伝承があることからも窺える。また、神道稲作信仰を基盤として持ち(田の神など)、米はとても価値の高い食糧と考えられてきた。このため、古代には赤米: Camargue red rice)を蒸したものをに供える風習があったようである(現在でもこの風習は各地の神社に残っている)。その際に、お供えのお下がりとして、人間も赤米を食べていたと想像される。米の源流を辿ると、インディカ種とジャポニカ種に辿り着く。インディカ種は赤っぽい色をしており、ジャポニカ種は白である。縄文時代末期に日本に初めて渡ってきた米はこの2種の中間の種類で、ちょうど赤飯くらいの色だった。この米を、日本人江戸時代になる前まで食べていた。しかし、稲作技術の発展による品種改良でより収量が多く作りやすい米が出てきたこと、食味の劣る赤米領主が嫌って年貢として収納することができなかったことから、次第に赤米は雑草稲として排除されるようになった。だが赤いご飯を食べる風習自体は生き続け、白い米に身近な食材である小豆等で色付けする方法が取られるようになったと考えられる。赤飯にゴマを乗せるのは、白いご飯を赤くしたことを神様にゴマかすためである。

風習[編集]

現在は、祭りや誕生祝いなど吉事に赤飯を炊く風習が一般的であるが、江戸時代の文献「萩原随筆」に『凶事ニ赤飯ヲ用ユルコト民間ノナラワシ』と記されており凶事に赤飯を炊く風習がこの頃には既にあった[4]。凶事に赤飯を炊く理由は不明ではあるが、赤色が邪気を祓う効果がある事を期待した為という説や、いわゆる「縁起直し」という期待を込めて赤飯が炊かれたとも考えられる。又、古くは凶事に赤飯を食べていたものが何らかの理由で吉事に食べるように反転したという説もある。

伝承や歴史が明白となっている部分では、少なくとも12世紀には赤飯が供養に使われていたという事である。赤飯は宗教的な意味合いも強く、赤飯を用いた「赤飯供養」という風習が存在する。現在でもこの風習を伝えている代表的な神社仏閣静岡県蓮華寺[5]神奈川県御霊神社境内にある石上神社が7月に行う神事である石上神社例祭の「御供流し」がある[6]。又、八王子城周辺の地区では八王子城が落城した際に多くの落人が御主殿の滝で自刃処断されたという言い伝えから「あかまんま供養」という地域的に根付いている風習もある[7]

供養以外にも「竜を祭る」という風習では赤飯が8世紀から使われている事が確認されている。伝承として最も古くに伝わるのが九頭竜伝承として箱根芦ノ湖の湖水祭に伝わる。御供船に三升三合三勺の赤飯と神酒を積み載せ、逆さ杉のところで湖底に沈め捧げる風習である。この風習が行われる以前は人身御供として若い娘が奉げられていたが、それを救うべく万巻上人が先述の通り御供船に三升三合三勺の赤飯と神酒を芦ノ湖に沈める風習へと変えた[8]。又、同じく竜神(大蛇)を祭るという行事が静岡県桜ヶ池で行われており、同様にお櫃に入れた赤飯を池に沈めて竜神に供え「お櫃納め」と呼ばれている[9]。但し、芦ノ湖と違うのが沈めたお櫃が数日後に空になって浮かんでくる点であり、その特異な現象から遠州七不思議の一つとして、あるいは「奇祭」の一つとして数えられている。この他にも群馬県伊勢崎市赤堀地区長者である道元の娘が赤城山の小沼(コノ)に引き摺り込まれて竜神となったという伝承もあり[10]、桜ヶ池と同様に重箱に入れた赤飯を沈めると翌日には空になった重箱だけ浮かんできたという[11]

又、千葉県船橋市金堀町や、福井県嶺南嶺北共に沿岸部)、神奈川県富山県石川県新潟県などの一部の地区では長寿を全うして大往生した人物の葬儀で参列客に対し赤飯を出す風習も残っている。なぜ葬儀に赤飯を出すかは縁起も由来も不明となっているが、一説では天寿を全うした故人が旅立つ事や、その大往生の人生を祝うという意味が込められているといわれる[12]。あるいは、先述のハレとケや供養とも関係があるともいわれる。

かつての日本では、女児の初潮を祝して赤飯を振る舞う家庭もあったが、現在ではこの風習を行う家庭は少ない。

上記までの様々な風習でも分かるとおり、赤飯に纏わる風習は形を変えながら日本各地に存在している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ さといも赤飯
  2. ^ ケンミンの秘密 | カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW
  3. ^ “赤飯のカロリー”. グラムのわかる写真館. http://www.eiyoukeisan.com/calorie/gramphoto/kokurui/sekihan.html 2011年1月29日閲覧。 
  4. ^ 赤飯のなぞ:鳴海餅本店
  5. ^ “一番札所 天台宗 八形山 蓮華寺”. 遠州三十三観音霊場. http://enshu33.com/all-guide/%E8%93%AE%E8%8F%AF%E5%AF%BA/ 2012年4月12日閲覧。 
  6. ^ “石上神社例祭”. 鎌倉手帳(寺社散策). http://www8.plala.or.jp/daisho/kamakura/isigami-reisai.htm 2011年1月29日閲覧。 
  7. ^ “八王子城落城伝説”. 高尾山総合インフォメーション「高尾通信」. (2005年). http://www.takaosan.info/hachiden.htm 2010年8月20日閲覧。 
  8. ^ “九頭竜伝承と湖水祭の起源”. http://e-mumei.com/~up/web/hougetsu3/hakone1.html 2011年1月30日閲覧。 
  9. ^ “遠州七不思議 桜が池”. 静岡裏観光案内. (2006年9月23日). http://www.k4.dion.ne.jp/~daturyok/sizu/sonota1/sakura/sakura.html 2011年1月30日閲覧。 
  10. ^ “赤城山小沼と赤堀の竜女伝説”. 伊勢崎市観光協会. http://www.isesaki.ne.jp/kankoukyoukai/densetsu.html 2011年2月16日閲覧。 
  11. ^ “その二 赤堀道元の娘”. あかぎ風ライン研究会(群馬県中部行政事務所). http://www.akagicge.com/densetu/densetu.html#%E8%B5%A4%E5%A0%80%E9%81%93%E5%85%83%E3%81%AE%E5%A8%98 2011年2月16日閲覧。 
  12. ^ “福井県の葬儀事情・お葬式のしきたり”. 全国葬儀事情ガイド. http://www.sogi-custom.com/area/fukui.html 2011年1月29日閲覧。 

関連項目[編集]