バインセオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バインセオ
BanhXeoatSaigon.jpg
バインセオ(小皿がヌクチャム)
各種表記
クォック・グー bánh xèo
漢字・チュノム 餅炒/餅饒
北部発音: バインセオ
テンプレートを表示
中身

バインセオ (ベトナム語:Bánh xèo) は、日本でベトナムお好み焼き、西欧でベトナム風クレープなどと呼ばれるベトナム南部の粉物料理。

概要[編集]

ベトナム北部ではあまり食べられていないが、南部では日常的な家庭料理であるためレシピは多彩で、中に入れる具も多様である。

基本的なレシピは、米粉ココナッツミルクをベースにした生地に、豚肉もやし、海老、緑豆、あるいは鶏肉キノコタマネギなど、好みのものをたっぷりと入れて大きめの専用フライパンで薄皮に焼き上げる。生地はターメリックで黄色く着色される。焼き上がったものに香草(ミントドクダミ紫蘇など)類を添えて風味を付け、一口大にちぎってレタスやサニーレタスなどの葉もの野菜でつつんだものをヌックマム魚醤)をベースにしたタレ「ヌクチャム」につけて食べる。

ホーチミン市など都市部には専門店があるほか、屋台でも売られ、庶民的な食べ物としてフォーチャーズィオ春巻き)同様に旅行者の人気を集めている。

「バイン」とは多様な粉物料理を指す語であり、「セオ」とは生地が熱い鉄板に触れたときにたてる音を表している。

カンボジアではバインチャエウ(បាញ់ឆែវ)と呼ばれる。タイ王国ではカノム・ブアン・ユアン(ขนมเบื้องญวน)またはバンサオ(บั๊ญแส่ว)と呼ばれ、焼き上がりをぱりっとさせるために生地に石灰水が入り、中身にココナッツ豆腐、チャイポー(菜脯)という中華風の大根漬け物ラッカセイコリアンダーが入るなどタイ独自のものとなっている。

外部リンク[編集]