チャオトム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャオトム
Chạo tôm.jpg
チャオトム
各種表記
クォック・グー Chạo tôm
漢字・チュノム 𦚔𩵽
北部発音: チャオトム
テンプレートを表示

チャオトムChạo tôm)は、ベトナム中部のフエが発祥の伝統的なベトナム料理である。エビニンニクエシャロット砂糖、茹でたの脂身、煎った米粉ヌクマム、黒コショウと合わせてすり身にし[1]、細く切ったサトウキビを軸にして塗りつけ、焼いたものである。結婚式や祝日等の特別なパーティーの席でしばしば食べられる。

ブン・チャオトム

茹でて冷ましたビーフンモヤシニンジンレタスミント、砕いたラッカセイ、肉類を盛り付けた冷やし麺料理、ブン(Bún)にチャオトムをのせると、ブン・チャオトム(Bún chạo tôm)と呼ばれる。

出典[編集]

  1. ^ Routhier, Nicole (1989). The Foods of Vietnam. New York: Stewart, Tabori and Chang. pp. 76-7. ISBN 1556700954.