ナシダガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mak ngah nasi dagang

ナシダガン(Nasi dagang)は、ココナッツミルクで炊いたにフィッシュカレーをかけ、ココナッツのフライ、固ゆで卵、野菜のピクルス等を添えたマレーシア料理である。ナシダガンの文字通りの意味は「貿易米」である。トレンガヌ州クランタン州等のマレー半島東部の州では朝食として良く食べられる。クランタン州ではラマダーン明けを祝うイド・アル=フィトルの祭りで人々がモスクに持ち寄って食べる。

構成[編集]

基本の米とカレーの他、家庭で作られるナシダガンには固ゆで卵の薄切り、ココナッツのフライ、野菜のピクルス、サンバル等、様々なものが加えられる。

[編集]

フェヌグリーク種子とココナッツミルクを加えることにより、ナシダガンに使われる米には独特の味と香りが付く。米はまず柔らかくするために数時間水に浸けられ、濃いココナッツミルク、スライスしたエシャロットレモングラスとフェヌグリーク種子が混ぜられる。半分まで蒸したところで、ココナッツミルクがさらに加えられ、さらに二度蒸しされる。これは、米をよりクリーミーにするためである。

フィッシュカレー[編集]

ナシダガンに使われるフィッシュカレーは、現地の言葉で'gulai darat'と呼ばれる。カレーと呼ばれるが、実際にはインドカレーのカレー粉は用いず、ココナッツミルクにレモングラス、ガランガルチリソースウコン等のマレーシアのスパイスが加えられた中で魚を煮て作られる。

マグロが最も良く使われるが、その他にサワラサケも用いられる。クルマエビが用いられることもある。

ココナッツフライ[編集]

ココナッツを新鮮なうちに削り、エシャロットと混ぜてきつね色になるまで揚げる。

固ゆで卵[編集]

固ゆで卵は4つか8つにスライスする。

野菜ピクルス[編集]

野菜は米酢と砂糖に漬け込む。キュウリ、トウガラシ、ニンジン等が用いられる。

サンバル[編集]

サンバルが加えられることもある。

種類[編集]

サワラを用いたものには、通常の白い米が用いられるが、クランタン州では薄紫色でさらさらした'beras nasi dagang'という野生米が用いられる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]