炊き込みご飯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
炊き込みご飯
炊き込みご飯の一種、たけのこご飯

炊き込みご飯(たきこみごはん)は、米料理の1つ。五目ご飯五目飯ともいう。関西では加薬ご飯かやくめしとも言う[1]

ご飯を炊く際に具を米と一緒に炊き込んでつくる飯である。通常は炊飯時に昆布出汁醤油等で調味する。収穫の秋に季節の食材を使って作ることが多い。米と一緒に炊き込むことで、材料の味をすべてご飯に吸収させることが出来るという利点がある。一度にご飯とおかずが食べられ、冷めても美味なため駅弁に使われることも多い。電気炊飯器でも作れるが、白ご飯に比べて痛みやすいので、保存する場合は別容器に移す必要がある。

今日では電気炊飯器用に作られた炊き込みご飯の素が市販されている。

混ぜご飯との違い[編集]

混ぜご飯は、ご飯が炊き上がった段階で食材を混ぜ込む。ご飯に食材の味をしみ込ませる点では炊き込みご飯に劣るが、一緒に炊き込むと具合が悪い食材(サバワカメなど)をおいしく調理できるという特徴がある。

炊き込みご飯の場合と同様に、混ぜご飯の素も市販されている。

主な炊き込みご飯[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大辞泉(小学館)

関連項目[編集]