ソラマメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソラマメ
W soramame4031.jpg
ソラマメの花
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : マメ類 fabids
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
亜科 : マメ亜科 Faboideae
: ソラマメ属 Vicia
: ソラマメ V. faba
学名
Vicia faba
和名
ソラマメ
英名
Broad bean
Fava bean
ソラマメ、生
100 gあたりの栄養価
エネルギー 1,425 kJ (341 kcal)
58.29 g
糖分 5.7 g
食物繊維 25 g
1.53 g
飽和脂肪酸 0.254 g
一価不飽和脂肪酸 0.303 g
多価不飽和脂肪酸 0.627 g
26.12 g
トリプトファン 0.247 g
トレオニン 0.928 g
イソロイシン 1.053 g
ロイシン 1.964 g
リシン 1.671 g
メチオニン 0.213 g
シスチン 0.334 g
フェニルアラニン 1.103 g
チロシン 0.827 g
バリン 1.161 g
アルギニン 2.411 g
ヒスチジン 0.664 g
アラニン 1.07 g
アスパラギン酸 2.916 g
グルタミン酸 4.437 g
グリシン 1.095 g
プロリン 1.099 g
セリン 1.195 g
ビタミン
ビタミンA相当量
(0%)
3 μg
(0%)
32 μg
0 μg
チアミン (B1)
(48%)
0.555 mg
リボフラビン (B2)
(28%)
0.333 mg
ナイアシン (B3)
(19%)
2.832 mg
(20%)
0.976 mg
ビタミンB6
(28%)
0.366 mg
葉酸 (B9)
(106%)
423 μg
ビタミンB12
(0%)
0 μg
コリン
(20%)
95.8 mg
ビタミンC
(2%)
1.4 mg
ビタミンD
(0%)
0 IU
ビタミンE
(0%)
0.05 mg
ビタミンK
(9%)
9 μg
ミネラル
カルシウム
(10%)
103 mg
鉄分
(52%)
6.7 mg
マグネシウム
(54%)
192 mg
マンガン
(77%)
1.626 mg
セレン
(12%)
8.2 μg
リン
(60%)
421 mg
カリウム
(23%)
1062 mg
ナトリウム
(1%)
13 mg
亜鉛
(33%)
3.14 mg
他の成分
水分 10.98 g
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)

ソラマメ(蚕豆、空豆、: Broad bean または Fava bean学名 Vicia faba)は、マメ科一年草または越年草。別名、ノラマメ(野良豆)、ナツマメ(夏豆)、テンマメ(天豆)、シガツマメ(四月豆)。

特徴[編集]

地中海、西南アジアが原産地と推測される。また、大粒種はアルジェリア周辺、小粒種はカスピ海南岸が原産地であるとする二源説もある。イスラエルの新石器時代の遺跡からも出土している。インゲンマメが普及する以前はソラマメは古代エジプトやギリシア、ローマにおいて食されていた。紀元前3000年以降中国に伝播、日本へは8世紀ごろ渡来したといわれている。インド僧・菩提仙那が渡日し、行基に贈ったのが始まりともいう。 古くから世界各地で栽培され、食用にされている。現在は南米、北米、ウガンダ、スーダンなどで栽培されている他、中華人民共和国河北省張家口で最高級品が栽培されている。

高さ50cmほど。秋に播種する。花期は3−4月で直径3cmほどで薄い紫の花弁に黒色の斑紋のある白い花を咲かせる。収穫は5月頃から。長さ10−30cmほどのサヤには3−4個の種が含まれている。

和名の由来は、豆果(さや)が空に向かってつくため「空豆」、またはを飼う初夏に食べ、さやの形が蚕に似ていることから「蚕豆」という字があてられた。酒処では「天豆」と表示している場合も多い。

食用[編集]

塩ゆでするか、さやごと焼いて、中のマメをそのまま食べる。揚げて塩をふったものは「いかり豆」と呼ばれる。また、煮物炒め物スープなどに広く用いられ、アジアでは豆板醤の原料として利用される。ヒヨコマメと共に、中東ファラフェルの材料になる。中国ではもやしを生で食する。

人体において、酸化還元酵素グルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼに欠陥があると、ソラマメを食べて溶血性貧血を起こし死に至ることがあり、これをソラマメ中毒と言う。

大豆アレルギーを回避するための代用食品の原料にも用いられる。

象徴[編集]

花弁の黒点が死を連想させたため、古代ギリシャ人はソラマメを葬儀に用い、不吉として嫌われることもあった。古代ギリシアの数学者哲学者で「ピタゴラスの定理(三平方の定理)」などで有名なピュタゴラスは、ソラマメの中空の茎が冥界(ハーデース)と地上を結んでおり、豆には死者の魂が入っているかも知れないと考えた。現代ギリシアでは "fava" はソラマメでなくエンドウマメを意味する。古代ローマ人もソラマメを葬儀に用いたが、食べることは厭わず、葬儀の際の食事に供することもした。イタリアでは、現在にいたるまで「甘いそら豆」 (fave dolci) や「死者のそら豆」 (fave dei morte) という、細かく刻んだアーモンド、卵白、砂糖で作ったソラマメ形の菓子を死者の日 (I Morti) に作って食べる習慣がある。

毒性[編集]

ソラマメ中毒が報告されている。詳しくは当該項目参照。

ギャラリー[編集]

ソラマメ属の植物[編集]

参考文献[編集]

  • バーバラ・サンティッチ、ジェフ・ブライアント(編) 『世界の食用植物文化図鑑』 山本紀夫(訳)、柊風舎、210ページ。ISBN 978-4-903530-35-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]