海鮮丼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
海鮮丼

海鮮丼(かいせんどん)は、容器にを用い、具材に海産物を用いた海鮮ちらし寿司丼物料理。又は、その料理の総称。[要出典]

「ちらし寿司」は、酢飯に握り寿司用のネタ(魚介類刺身)を中心に様々な具をちらして飾り乗せした料理であるが、海鮮丼は、酢を入れないを敷き詰めた料理をもさす。また、「ちらし寿司」・「生ちらし」を指す場合もある。

ちらし寿司と違い、主に丼物店で出される料理である。使用する寿司種は、マグロホタテサケイカエビタコイクラウニなどの魚介類で、ワサビを添えることが多い。

食べ方[編集]

たねを小皿(おてしょ)にいれた醤油に付けながら食べる。寿司用の醤油を垂らして食べることもある。

主な種類[編集]

単体の食材
複数の食材
  • 海鮮丼(海鮮ちらし) - 様々な具材を載せたもの。
  • ウニイクラ丼 - 生ウニとイクラの醤油漬けを載せたもの。
  • 鮭イクラ丼(親子丼) - サケの塩焼き(又は、ほぐし身)とイクラの醤油漬けを載せたもの。
  • 巴丼 - ウニ・イクラ・ホタテを載せたもの。客のリクエストにより誕生され、函館市が発祥とされる。
  • 三色丼 - 魚介三種を載せたもの。
  • 勝手丼 - 客のリクエストにより魚介を載せたもの。釧路市が発祥とされる。
  • ばくだん丼 - マグロの赤身やトロに加え、生卵、納豆、オクラなどをのせたもの。具材は地方によって差異が見られる。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]