海南鶏飯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
海南鶏飯
Hainanese Chicken Rice.jpg
フードコートの海南鶏飯
中国語
繁体字 海南雞飯
簡体字 海南鸡饭
英語
英語: Hainanese chicken rice
タイ語
タイ語 ข้าวมันไก่
マレー語
マレー語 Nasi ayam Hainan

海南鶏飯(ハイナンチーファン)は、茹で鶏とその茹で汁で炊いた白米を共に皿へ盛り付けたマレーシアシンガポールタイなどの東南アジア周辺地域で一般的な料理。日本語へは「ハイナンチキンライス」、「海南風チキンライス」などと訳されている。現地では、専門店や屋台で食べることができる庶民的な定食のひとつで、香港茶餐廳マレーシア料理店などでも一般的である。

概要[編集]

ニワトリの脂で炒めた白米を、ニワトリを茹でてとったスープで炊いた、雞油飯と呼ばれるご飯に、茹でたとり肉のぶつ切りが添えられ、多くの場合上記のスープと共に供される。鶏肉の旨味がご飯につけられ、あっさりとした上品なうま味が特徴である。鶏肉の脂分がゼラチン状に固まった食感を楽しむ料理なので、調理後に冷ました鶏肉を使用する。

現在海南島文昌の名物となっている「文昌鶏」(ウェンチャンジー)とは似ているが別の料理である。シンガポール、タイなどへ移住した海南島出身者の華僑が、海南島では昔から農家などで家庭料理として食べられていた鶏肉と米飯の料理を故郷の料理として伝えてきた。

マレーシア、シンガポールではショッピングセンターフードコートなどでは必ず見られるため、マレーシア名物あるいはシンガポール名物という紹介のされ方をすることも少なくない。タイでもカオマンガイの名で広く食べられている。タイやマレーシアでは宗教上の理由で牛肉豚肉を禁忌とする人が多いのも鶏肉料理が好まれる一因である。

カオマンガイ[編集]

カオマンガイ - タイ チェンマイ

タイではカオマンガイタイ語: ข้าวมันไก่, Khao Man Kai)として知られている。

「カオ」はご飯、「ガイ」は鶏肉を意味する。

いずれも、使用される鶏肉はタイの旧国名「シャム」に由来する軍鶏(シャモ)肉が主流であり、また米もタイで生産されたタイ米(ジャスミン米)であることから、素材の生産地から見ると、タイ料理として位置づけられているようである。

タイ国内では街の至る所にこのカオマンガイ専門屋台があり、見た目の素朴さだけでは分からない奥深い料理方法や秘伝のタレを競い合っている。また、日本人の口にも合う料理として、東南アジアを旅行する日本人旅行者の間でも大変人気がある。日本ではカオマンガイの片仮名表記が一般的だが、現地では「カウマンカイ」と発音するほうが通じやすい。

類似の料理[編集]

ベトナムのコムガーの一例。
マレーシアのファストフード店でのナシアヤムの一例。
  • 海南鶏飯から派生した料理として、マレーシアインドネシアではナシ・アヤム (Nasi ayam)、ベトナムではコム・ガー (Cơm Gà)、カンボジアではバーイモアンがある。ただし、調味料・調理法が大きく異なる場合が多く、ベトナムでは同じ「コム・ガー」であっても、店によって海南鶏飯そのままのものから、チャーハンフライドチキンを乗せただけのものまで幅が広いため注意が必要である。
  • 日本では、鶏だしで炊き込んだごはんとして、九州の郷土料理かしわめしが知られている。

関連項目[編集]