ダルバート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネパールカトマンズタメルのインヤンレストランのダルバート

ダルバートネパール語दालभात dālbhāt)は、ネパールの代表的な家庭料理で、ダル(daal=豆スープ)とバート(bhaat=米飯)の合成語であり、それにカレー味の野菜などのおかず(タルカリ)、漬物(アツァール)の2つを加えた4つがセットになった食事をいう。ネパールでは毎日食べられている、日本でいう定食にあたるものである[1]

概要[編集]

ダンプスのホテル「ムーンライト」(ANU GUEST HOUSEに改称)のダルバート。

日本でいえば、「味噌汁ご飯副食」の組み合わせにあたるもので、ネパールで普通、料理といえばダルバートを指す。ネパール料理は一般に、ターメリッククミンコリアンダーなど各種スパイスを使ったカレー味が基本。インドほど唐辛子は使わないので、ややマイルドであっさりしている。特にダルはマイルドであり、辛い料理との相性がいい[1]

ダル(daal)は、小粒のを使ったスープであり、さらっとしており通常、米飯にかけて指先で混ぜ込んで食べる。ネパールは300種類にも及ぶ豆を料理に使うため、ダルが食事の主役といっても過言ではない。レンズマメキマメ黒豆リョクトウケツルアズキなどがよく食べられる[1]

バート(bhaat)は、ライス(米)の意味で、バスマティと呼ばれるインディカ米(長粒種米)であり、細長くパサパサしている。ネパールでは白米意外にディロ(トウモロコシシコクビエなどの粉を熱湯で練ったもの)やローティパン)も主食として食べられる[1]

タルカリ(tarkaarii)はおかずであり、炒めた野菜やカレー(野菜が主)などで、ジャガイモカリフラワーニガウリなどがよく使われる。ときに別に肉料理などもつくこともあるが一般家庭では稀であり、週に一度くらいしか食べない。おかずがない場合はダルとバートだけの組み合わせになることもある。最低ダルとバートだけは入るため、ダルバートと呼ばれ、名の由来ともなっている。[1][2]

サーグ 青菜の炒め物。

以上にアツァール(またはアチャール、アチャル)(acaar)と呼ばれる辛口の漬物、薬味がつくのが一般的であり、大根ジャガイモなどがよく使われ、乾燥させたグリーンピース、ティンブール(tinbur サンショウ)、 焦がしたフェヌグリークなどの風味が入り混じる。食事全体としては大変に栄養のバランスが取れている[1]

スパイス[編集]

スパイス(インド食材輸入会社の倉庫)
カトマンズ・タメル地区のレストラン。ほとんどのネパールのレストランではダルバートが食べられる。
ネパールではダルバートはどこのレストランでも食べられる(ポカラのレストラン)

おかずであるタルカリ(tarkaarii)には、スパイスマサラ)が使われ、日本でいうカレーにあたるが、肉は滅多に使われず、野菜が中心である。ジャガイモ、タケノコなどもよく使われる。以下にタルカリに使われる代表的なスパイスを上げるが、中でもよく使われるのは、ベサール(ウコン)、ラッスン(ニンニク)、モリジ(黒コショウ)、アドゥア(ショウガ)、クルサニ(トウガラシ)などである[1]。料理に便利な様々なスパイスをあらかじめ調合したミックスマサラ(ミックススパイス)もあり、「ガラムマサラ」などがその代表的なもの。その他、「カレーパウダー」、「チキンマサラ」、「野菜マサラ」などもネパールの食料品店やスーパーでは市販されている[2]

ダルバートの食べ方[編集]

それぞれの家庭やレストランによって、味付けや使われる素材は微妙に異なるが、ネパールの現地人向けの食堂やレストランでの平均的な価格は日本円にして50~200円くらいである。食器には普通、金属製のものが使われ、一枚の皿にスープなどは別の器とともに盛られることが多い。概ね、レストランなどでは外国人向けにフォークやスプーンが出されるが、本来の食べ方は、右手人差し指と薬指で中指をはさむようにして溝を作り、そこにすべてのおかずとご飯を混ぜてすくい取り、親指で口に押し込む。

レストラン食堂などでダルバートを食べる際に、料理がなくなるとお代わりを持ってくるなどしてくれる場合があるが、満腹になったときは「プギョ」といえば、止めてくれる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『地球の歩き方 ネパール』D29 2007-2008版
  2. ^ a b ネパール料理教室 特定非営利活動法人ヒマラヤ保全協会

外部リンク[編集]