ササゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ササゲ
Vigna unguiculata Blanco2.285.png
ササゲ(黒目豆)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : マメ類 fabids
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
亜科 : マメ亜科 Faboideae
: ササゲ属 Vigna
: ササゲ V. unguiculata
学名
Vigna unguiculata (L.) Walp.
和名
ササゲ
英名
Cowpea
Black-eyed pea

ササゲ(大角豆、学名:Vigna unguiculata: Black-eyed pea)はマメ科の一年草。つる性の種類とつるなしの種類とがある。アフリカ原産。主に旧世界の温暖な地方で栽培される。南米では繁栄と幸運を呼ぶ食物と考えられ、正月に食べる風習がある。樹木の形状は低木であり、直立ないし匍匐する。枝を張ったり、からみついたりと、成育の特性は多彩。

特徴[編集]

語源は、莢が上を向いてつき物をささげる手つきに似ているからという説[1]、莢を牙に見立てて「細々牙」と言ったという説、豆の端が少々角張っていることからついたという説など諸説ある。

藤色、紫、ピンクなど様々な色の花をつける。花の形は蝶形花である。

穀物用種は、さやが10-30cmで固く、豆は1cm程度の腎臓形で、白・黒・赤褐色・紫色など様々な色の斑紋をもつ。白い豆には一部に色素が集中して黒い目のような姿になるため、ブラック・アイ・ピー(黒い目を持つ豆)と呼ばれる。つる性種は草丈が2mから4mになるのにたいし、つるなし種の草丈は30cmから40cm。ナガササゲと呼ばれる品種は100cmに達する。耐寒性は低いが、反面暑さには非常に強い。

日本では、平安時代に「大角豆」として記録が残されている[2]。江戸時代の『農業全書』には「豇豆」という名前で多くの品種や栽培法の記述がある[1]。また、アズキは煮ると皮が破れやすい(腹が切れる=切腹に通じる)のに対し、ササゲは煮ても皮が破れないことから、江戸東京)の武士の間では赤飯にアズキの代わりに使われるようになった。

ササゲを用いた料理[編集]

■加熱したササゲを冷却し、微塵切りにしたニンニクやビネグレットソースを添えたテキサスキャビアと呼ばれる料理がある。他、豚肉、米、タマネギなどと併せて煮る。

赤飯。お祝い用の赤飯にはササゲを使う。小豆は茹でた際に豆が割れてしまい、それが "腹が切れた" ように見えるため縁起が良くない。

市販のパック赤飯には、小豆の代わりにササゲを用いている品もある。

下位分類[編集]

以下の4亜種または品種群が栽培されている。

Vigna unguiculata subsp. unguiculata
(Southern pea, Black-eyed pea)
ササゲ。黒目豆と呼ばれる品種はクリーム色地に黒の大きな斑紋を一つ持つ。ベトナムではデザートの材料になる。インドから中東にかけても栽培されている。米国南部西インド諸島には、西アフリカからの奴隷によってもたらされ、ソウルフード等、主にアフリカ系の人々の伝統料理に用いられる。
V. u. subsp. cylindrica (Catjang)
ハタササゲヤッコササゲ。旧世界の熱帯で食用とされる他、アメリカ合衆国では飼料作物として栽培される。
V. u. subsp. dekindtiana
ササゲの祖先野生種とされる。
V. u. subsp. sesquipedalis (Yardlong bean)
ジュウロクササゲ。長く生長するさやを野菜として利用する。東南アジアと日本の一部で食用にされる。

画像[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 青葉高 『日本の野菜』 八坂書房、2000年、pp. 97-98。ISBN 4-89694-456-9
  2. ^ 新猿楽記
  • バーバラ・サンティッチ、ジェフ・ブライアント(編) 『世界の食用植物文化図鑑』 山本紀夫(訳)、柊風舎、211ページ。ISBN 978-4-903530-35-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]