クロヤマアリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロヤマアリ 
Formica japonica's queen and worker and cocoon 1.JPG
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: ハチ目(膜翅目) Hymenoptera
亜目 : ハチ亜目(細腰亜目) Apocrita
上科 : スズメバチ上科 Vespoidea
: アリ科 Formicidae
亜科 : ヤマアリ亜科 Formicinae
: ヤマアリ属 Formica
亜属 : クロヤマアリ亜属 Formica
: クロヤマアリ Formica japonica
学名
Formica japonica
Motschoulsky, 1866
和名
クロヤマアリ
英名
-

クロヤマアリ(黒山蟻、Formica japonica)は、ヤマアリ亜科クロヤマアリ属に属する種。草原など日当たりの良い土の露出したところに、深さ1mほどになる巣を作る。主にアリマキの出す甘露や花の蜜、昆虫の死骸などを食べるが、花びらやツクシの穂を食べる姿も見られている。関東型と関西型に大別され、関東型は一つの巣に一匹の女王が居るが、関西型は複数の女王が同じ巣で暮らしている。

Formica japonica.JPG

関連項目[編集]