賀茂別雷命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと)は、神道である。

概要[編集]

賀茂別雷神社(上賀茂神社)の祭神であり、各地の加茂神社(賀茂神社・鴨神社)で祀られる。 記紀神話には登場しない。神名の「ワケ」は「分ける」の意であり、「雷を別けるほどの力を持つ神」という意味であり、「雷神」ではない。 『賀茂之本地』では阿遅鉏高日子根神と同一視されている。

山城国風土記』逸文には、賀茂別雷命について次のような記述がある。賀茂建角身命の娘の玉依姫が石川の瀬見の小川(鴨川)で遊んでいたところ、川上から丹塗矢が流れてきた。

それを持ち帰って寝床の近くに置いたところ玉依日売は懐妊し、男の子が生まれた。これが賀茂別雷命である。賀茂別雷命が成人し、その祝宴の席で賀茂建角身命が「お前のお父さんにもこの酒をあげなさい」と言ったところ、賀茂別雷命は屋根を突き抜け天に昇っていったので、この子の父が神であることがわかったという。丹塗矢の正体は乙訓神社の火雷神であったという。

俗説[編集]

なお、賀茂別雷命の出生についての話と同様の話が『古事記』(大物主神比売多多良伊須気余理比売)や『秦氏本系帳』(阿礼乎止女と大山咋神)にもあり、特に後者の話と混同されて、「賀茂別雷命の父は松尾大社の大山咋神である」とする話も流布している。

関連項目[編集]