野狐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
竹原春泉画『絵本百物語』より「野狐(のぎつね)」。本項の野狐(やこ)、または野干を描いたものとされる[1]

野狐(やこ)は、九州地方に伝わるキツネ憑き物。これに憑かれることを「野狐憑き(やこつき)」という。

野狐の姿は伝承ごとにほぼ一致しており、実在のキツネと違って色が黒いとも白いともいい、ネズミより少し大きい、あるいはネコよりも小さいとされ[2]、本来の野狐は目に見えないともいう[3]長崎県平戸市周辺では、野狐が常に大勢連れ立って歩くといわれることから「ヤコの千匹連れ」という言葉もある[2]

長崎県や佐賀県などの北部九州では、野狐に憑かれた者は病気のような症状が現れるといわれる[4]壱岐島ではヤコオともいい、イタチに似たもので、これが人の脇の下に潜むとその人はヤコオに憑かれるという。ヤコオに火傷の傷跡や疱瘡(天然痘)を嘗められると死ぬといわれていたため、疱瘡を患った者はヤコオを寄せつけないように蚊帳の中に入り、周囲に麻殻の灰をまくか、または刀剣を置いて野狐が中に入ることを防いだ[2][3]

南九州では家筋に野狐が憑くとされ、野狐を飼っている(野狐の憑いている)家筋はその後も代々憑き、養いきれなくなると牛馬に憑くこともあるという[2]。野狐持ちの家の人は、野狐をけしかけて仲の悪い者に憑けるといい、鹿児島県揖宿郡喜入町(現・鹿児島市)ではこれに憑かれると半病人のようになってしまうといわれた[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『竹原春泉 絵本百物語 -桃山人夜話-』 多田克己編、国書刊行会1997年、158頁。ISBN 978-4-336-03948-4
  2. ^ a b c d e 石塚尊俊 『日本の憑きもの 俗信は今も生きている』 未來社1972年(原著1959年)、復刊、62-66頁。NCID BN02482167
  3. ^ a b 大藤時彦他 『綜合日本民俗語彙』第4巻、民俗学研究所編、柳田國男監修、平凡社1956年、1619-1620頁。NCID BN05729787
  4. ^ 宮本袈裟雄他 『民間信仰辞典』 桜井徳太郎編、東京堂出版1980年、294頁。ISBN 978-4-490-10137-9