皆川淇園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
皆川淇園肖像 『近世名家肖像』

皆川 淇園(みながわ きえん、享保19年12月8日1735年1月1日) - 文化4年5月16日1807年6月21日))は、江戸時代中期の儒学者。父は皆川成慶(春洞、白洲)で、実弟に国学者富士谷成章(層城、北辺)がいる。淇園は号で、名は愿(げん)。字は伯恭。通称は文蔵。別号に有斐斎がある。生まれは京都

生涯[編集]

皆川淇園書

伊藤錦里三宅元献などに儒学を学んだ。易学について研究を深め、独自の言語論により「」と「」との関係を解釈する開物論を唱え、「老子」「荘子」「列子」「論語」など多くの経書に対する注釈書を著した。亀山藩松平信岑)・平戸藩松浦清)・膳所藩本多康完)などの藩主に賓師として招かれた。京都に家塾を開き、門人は3,000人を超えたという。また、江村綬の錫杖堂詩社に影響され、柴野栗山赤松滄洲らと三白社という詩社を起こす。絵画の腕も卓越しており、山水画では、師の円山応挙に劣らずという評価も受けている。晩年の文化3年(1806年)には様々な藩主の援助を受けて京都に学問所「弘道館」を開いた。志半ばにして、翌年、74歳で没する。門弟として富士谷成章巖垣龍渓稲毛屋山小浜清渚東条一堂北条霞亭などがいる。京極阿弥陀寺に葬られた。墓誌は松浦清が文を製し、その書は本多康完が記した。東京国立博物館には「明経先生像」と題された淇園の遺像が残る(渡辺南岳筆、東京国立博物館 情報アーカイブ)。

著書[編集]

  • 易原
  • 名疇
  • 問学挙要
  • 助字詳解
  • 淇園文訣
  • 淇園文集
  • 淇園詩集
  • 淇園詩話

参考文献[編集]