大阪天満宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大阪天満宮
Ôsaka-ten'man-gû Shintô Shrine - Haiden Sanctuary.jpg
拝殿
所在地 大阪府大阪市北区天神橋二丁目1番8号
位置 北緯34度41分45.69秒東経135度30分45.43秒座標: 北緯34度41分45.69秒 東経135度30分45.43秒
主祭神 菅原道真
社格 府社・別表神社
創建 天暦3年(949年
本殿の様式 権現造
別名 天満天神・浪華菅廟・中島天満宮
札所等 神仏霊場巡拝の道50番(大阪9番)
なにわ七幸めぐり
菅公聖蹟二十五拝
主な神事 天神祭
テンプレートを表示
本社
楼門

大阪天満宮(おおさかてんまんぐう)は、大阪府大阪市北区に鎮座する神社天満宮)。別名に天満天神・浪華菅廟・中島天満宮がある。大阪市民からは「天満(てんま)の天神さん」と呼ばれ親しまれている。

毎年7月24日から25日にかけて行われる天神祭日本三大祭大阪三大夏祭りの一つとして知られている。

由緒[編集]

901年菅原道真が、藤原時平により九州大宰府へ配転(左遷)させられた際、同地にあった大将軍社に参詣した。903年に菅原道真が没した後、天神信仰が始まる。949年大将軍社の前に7本の松が生え、霊光を放ったという奇譚が都に伝わった。そのため村上天皇の勅命によって天満宮を建立させたのが始まりである。

祭神[編集]

本殿[編集]

境内外社[編集]

祭事[編集]

天神祭の船渡御

天満宮の十日戎の起源[編集]

戦後途絶えていた十日戎が、上方落語協会会長・六代桂文枝の意向もあり「天満天神えびす祭」として復活する。天満天神えびす祭では天神祭などで活躍した天神天満花娘が福娘として奉仕する。

文化財[編集]

  • 登録有形文化財「大阪天満宮 梅花殿」
  • 登録有形文化財「大阪天満宮 神楽所」
  • 登録有形文化財「大阪天満宮 参集所」
  • 算額 1808年奉納(復元)

付属施設[編集]

  • 天満宮会館

名所・旧跡[編集]

  • 星合池…異称亀ノ池(七夕神事旧跡)
  • 梅林(境内各所)
  • 大将軍社難波京の陰陽道による西北の鎮めとして建立)
  • 登竜門…本殿の左右にある唐門
  • 蛭子門(えびすもん)…大阪天満宮の南西の門
  • 管公縁起(管家廊下内)…道真公の一生を博多人形で再現

年表[編集]

交通[編集]

周辺情報[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]